« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月

2024年5月 6日 (月)

「シンギュラリティ」で妄想

※以下に書いたことは個人の妄想です。

 

日本人が知らない「脱成長でも豊かになれる」根拠 若き経済思想家・斎藤幸平が語る貧困解決策

――ベーシックインカムについてはどうお考えですか。

今の日本で議論されているベーシックインカムは、例えば月7万円を配る代わりに社会保障をすべて削る、究極の「自己責任社会」になりかねない。
さらに「ベーシックインカムの分給料を下げる」という企業側の要求もはねのけられず、結局ますますお金に依存する社会になることを危惧しています。

ですので、私はベーシックインカムよりもベーシックサービス、必要なものを無償化して現物給付で渡す「コモン化」の道を選びたい。それによって貨幣の支配を弱め、市場に頼らずに生きていける領域を増やしていくほうがよいと考えています。

斉藤氏の考え方に100%迎合する気はないし、貨幣一元依存経済が前提のマルクスや共産主義にも興味はないが、「貨幣の支配を弱め、市場に頼らずに生きていける領域を増やしていく」という考え方についてはある程度共感した。彼が言う所の「コモン化」含め、企業主導ではなく主権者(政府)主導の前提でこの方向を目指す仕組みを運用するのが大切だろう。コモン化を言い換えれば「共有財産化」とでも言えばいいか。
もし「コモン化」の制度を運用する国が国民主権じゃなくなっていたら、国民はコモン化の支給を得て生きるために支給者の奴隷になって飼い殺しだ。前回取り上げたナイジェリアの場合、かなり資本主権と化している。資本主権状態だといずれ企業主導でコモン化が起き、国民主権は死にそうだ。
(日本も他人事じゃない。主権者=オーナー様が政府に運営させてる事業のうち、民営化しちゃマズイ部分を民営化させると資本主権に・・・)

今回はこれまでの「多極派の陰謀」的な妄想話とは全く違う視点の、全く異なる未来予想を妄想してみた。
前回まで、「多極派(特に資本層)はドル覇権を崩して(民主主義のプレゼンスを低下させて)人権意識が低く労働者を安い賃金でこき使える(独裁性多めの)途上国(中露グローバルサウス)と癒着して投資し、各国を適度な経済成長を与えた上で成長しすぎればすぐに(中国みたいな)管制バブル調整を入れて恒久的な「世界の工場」にし続けられる世界秩序を求めているのだろうか?」などという妄想に耽って遊んでいたが、昨今のAI技術・自動化技術の進化を見ると、どうもその妄想視点は「シンギュラリティ(技術的特異点)」という要素が欠落しているように思えてきた。
シンギュラリティとは、科学技術(特にAI)が発達・普及した結果、人類の生活や文明に従来とは異なる不可逆的な変化が起きる時点のこと。とくに最近はAIや無人化・自動化技術がもたらすシンギュラリティが注目されている(記事)。これが起きると大半の職業や貨幣経済が消える説もある。早ければ2050年にはそうなるとの説もある。
そんな事を考えていたら、私の脳は従来とは異なる視点の、すごくお気楽で能天気とも言える妄想を出してきたので以下に記す。


◆シンギュラリティの上手な使い方
まず、以前の記事を思い出したのでそこより抜粋:

環境考えるなら「CO2削減のために電気一元依存推進」とかいう茶番よりも大量生産と大量消費が不可欠な行き過ぎた市場競争をやめること。産業の自動化・無人化を(特定の企業や国家やテクノクラートが君臨する世界政府のものではなく、人類全員の共有財産として)導入し、自動化・無人化技術で作れちゃうものに関しては希望者が注文すると一定量まではタダで支給されればいいと思う(妄想)。
それらを管理・運用するのは一部のテクノクラート(テクノクラシー社会における支配階級にして監視者)達ではなく、腐敗なく民主的に選ばれ作られた組織と人々であった方がいいと思う。即ち、そこに住んでいる主権者自身がやるのだ。
とりま、自動化・無人化が進んでも世界が相変わらず従来型の貨幣経済・市場経済に一元依存し続けて世界中に失業者があふれて物が売れなくて世界中が貧困化とかいうオチは勘弁してほしいw 

将来、AIが発達して無人化が地球規模で普及し、ほとんどの職業が消えるという。安い賃金でこき使う以前に人を雇って働かせる必要すらなくなる。官僚さえ消えそうだ。無人化技術普及というシンギュラリティ(技術的特異点)のお陰で賃金も労働も無くなって貨幣一元依存経済が続けられなくなる。ほとんどの職業が消えた時代に今まで通りの経済システムを無理に続けると人類皆が貧乏になるからだw 
「シンギュラリティ後は大半の職業や貨幣が無くなることで従来とは別の独裁的な政権や資本勢力が生まれ、彼らが無人化技術で生産・支給するものに依存し、支給者に支配されてしか生きられない家畜のような人々が大量発生し、主権も自由も失ってどんな酷い目に遭っても国の外に出られず飼い殺しになる」なんて陰謀論もあるが、各国主権者同士が連携・協力して計画的に広範囲にコモン化を進めていけばそうでもない。
シンギュラリティをうまく使い、無人化技術が普及しほとんどの職業が消えて貨幣経済が立ち行かなくなった時、無人化技術を使った生産と生活のインフラを世界人類及び各国主権者の共有財産・共通の利益として当事者達が協力・連携しながらコモン化する方向に進むと社会は開運しやすいかもしれない。必要なのは「財源」ではなく、資源になる。
その様な無料のコモンインフラが実現し、健全に適切に運用・管理されれば、例の「地母神」が甦る。インフラが地母神の器になるだろう。
既に振動医学は草の根的にコモンインフラ化する気配

昨今の文明全般に言えることだが、IT化も暗号化も無人化も等しく電気に一元依存するので災害や電磁パルスに脆弱だ。今後は文明を人質にとるEMP兵器が核に代わる戦略兵器の一つになりうるだろう(もう一つは生物兵器か)。
が、そも貨幣経済がなくなり奴隷も必要としない世界は私利私欲のために軍隊を動員しリソースやリスクを費やして人や領土や経済を支配・所有・搾取する動機が従来より低下するので領土侵略とか覇権主義とかを選ぶ動機があまり生まれず、戦争が発生する動機や原因が減っていくかもしれない。無人化技術を使った生産と生活のインフラを地球規模でコモン化することで「奪わなくても得られる」度合いが上がるからだ。どうしても欲しいものが「奪わなければ得られない」時、即ち何かに飢えた状態の時、人は争いやすい。
しかし無料のコモンインフラとその維持・管理が世界共通の利益となりえた場合はどうだろう。人々(主権者)が自分達に恩恵をもたらすコモンインフラの維持・管理のために世界規模で連携・協力する潮流が生まれれば、平和促進の一助になるまいか。
それでも残る戦争の動機や原因で今思いつくものは、命を捨てても先祖代々の歴史的な恨みを晴らしたい人達がいるとか、既得権を守りたかったり過去に買った恨みから身を護りたいなどで力を誇示して他人を思い通りに支配し続けるために権力・覇権を捨てられない連中が暴走するとか、あるいは狂信的なイデオロギーや宗教動機などだろうか。

自動化・無人化技術による生産・生活インフラが地球規模でコモン化された未来。人類は労働よりも文化や学問に意識を向ける古代ギリシャ人と共通点のあるライフスタイルになっていき、かつて労働を担っていた奴隷はAI搭載の自動機械になるかもしれない。
とは言え災害などで広範囲に停電した時など、人間が手作業やアナログ作業を全くできないと今以上に不便である。最悪、災害や停電時に機械やインフラが壊れたら運転も料理も計算も焚き火も手術も蘇生・応急措置も出来る人がいなくて被害が拡大したり死者が増えるかもしれない。無人化機械やコモンインフラの管理やメンテナンスだって必要だ。シンギュラリティの使い方を間違えて人類が生来持っている能力(知能含む)が低下した挙句、機械なしでは何もできない赤ん坊同然になったり、もしもの時生存率が下がったり、それで結果的に文化や文明が衰退したら本末転倒すぎる。
なので、人類は一応アナログ作業を身に着けておき、それを忘れないように定期的に作業を実行するという意味での「労働時間」は多少残した方がいい。当然だが長時間労働や過重労働はする必要が全くない。労働のモチベーションを維持するための賃金ぐらいはあってもいい。希少品や贅沢品がいつもより多く手に入る。さらに、アナログな技術と機材を保つためにも、リスク分散の面でも、エネルギーは電気に一元依存せず、かつコモン化できるといい。あと、くれぐれも社会を独裁政権やAI主権とかにしないこと。世界人類一人一人が主権を保つこと。
貨幣は一元依存したり社会や生活に対し支配的にならない程度なら存在していても問題ないと思う。無人化技術では代替できない職業だってゼロじゃない(カウンセラーやダンサーや占い師とかw)。また、貨幣だけでなくモノやサービス同士での交換・循環経済も併用するといい(私はイラスト使用権と麺類を交換したことがある)。
国土と人口があまり大きくなく技術力の高い台湾などは主権者主導のシンギュラリティ社会が比較的早期に作りやすいんじゃないかと思う。最初のコモン化は国内だけで生産・実行できるものに限るだろうし、いずれもEMPに強い機材と設備とインフラ、イントラネット網が作れればだが(コモン化された大事なインフラをネットなんかにつないじゃダメ。独自の専用イントラネットでスタンドアローン化&暗号化必須)。

将来、シンギュラリティが起きて各国主権者主導でポスト貨幣経済&コモン化のシステム(ポスト資本主義社会)が生まれ、ヒトに代わる労働機械による無料インフラが発達・普及した世界になると、飢えの恐怖(に裏打ちされた強迫的な欲望・野心)を動機と原動力に依存した経済の有様から人々は解放され、貨幣一元依存(貨幣支配)の経済システムを維持する理由や権力・財力を使って何かを奪ったり人間を支配・搾取したくなる人、腐敗・癒着する人等が減るんじゃないかと思う。利害調整の失敗で会議が進まず何も決まらない状態も緩和できるかもしれない。
その反面、経済含めすごい激変が起きそうなので従来世界のシステムで既得権を得てきた人々には面白くない変化にもなりうるとも思う。
民主主義の衰退(国民主権の制限)さえ匂わせるいわゆる「多極化」と呼ばれる流れは、シンギュラリティによって起こりうる変化を見越して従来得てきた自らの利益や地位を守りたい/シンギュラリティ後の世界を自分達が有利な形に作っていきたい人々が先手を打って動いている結果起きてる流れなのだろうか? 彼らにとって、人権意識や国民主権や民主主義といった近代自我の発達・拡大はよほど目障りなのだろうか? 
相変わらず陰謀脳の妄想は尽きない・・・



経済ド素人の占い師があえて書いてみる経済関係の妄想はここが発端
多元的に豊かさを循環させる
目覚めよ我らが発達本能
目覚めよ我らが発達本能2
「グレートリセット」で妄想
楽園が蘇る時
←最近、エデンの園があったとされる中東の乾燥地域で降水量が増加しているのは象徴的。
「君たちはどう生きるか」~巨匠の呪術~←今思うとすごい暗示的な作品かも


« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ