« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月24日 (日)

レンサ球菌感染症のヒーリング動画

下の 注意事項をよく読み、自己責任でご利用ください。
振動医学とは

なお、レンサ球菌は健康な人の体に住んでいるごくありふれた常在菌だ(ソース)。余程免疫が低下していない限り、身体が菌に侵されて発病することはない。ただ、コロナ禍やワクチンなどによるスパイクタンパク質の影響で人々の血流が低下気味で、その分免疫も下がり気味なのは否めないようだ。
最近レンサ球菌感染症の患者が増えている(報道)のは、そういう背景も含まれているのかもしれない。
下のリンク集にコロナ後遺症やワクチン副作用のヒーリング動画あり。そこにスパイクタンパクのデトックスや血栓、血流改善のヒーリング動画もあるのでスパイクタンパクの影響や血流が心配な人はお試しあれ。

 

連鎖球菌感染症(いわゆる『人食いバクテリア』もその一種)

解熱

 

※注意事項
・私は脈を計りながら聴きます。体がその波動を必要としない時はすぐに脈が乱れるので聴くのをやめてます。
・症状が楽になったと感じた時点で動画再生をストップしてください。
・脈が乱れたり動悸が出たり胸が苦しくなるなど、何らかの不快感が出た場合は聴かないこと。今は必要のない波動です。
・今の自分には有効な波動でも、他の人には不要な波動だったりすることもあるので、周囲に人がいる時は必ずイヤホンを使うか、スマホのスピーカー部分を手やお尻でしっかり塞いで波動が周囲に漏れるのを防ぐ事。(つないだイヤホンを手で握るだけでも振動は身体に伝わります)
・症状と無関係な動画(=体が求めていない波動)は聴かないで下さい。
・一度に多くの動画を聴くと疲れることがあります、必要ならパワーチャージしてください。
・頭のそばにパソコンやスマホを置いて聴かないほうがいいかも(電磁波的な意味で)。
・振動医学は病院の治療を代替するものではありませんが、応急的な緩和や治療の予後に効果があると言われています。
本当に体が辛い人は動画だけで治そうとか思わずに病院へ!

 

↓誤って体に不要な波動を聴いて不快になった時、10~20秒ほど聞くと楽になりました(個人の感想)

 

パンデミックの奇妙な話ワクチンとも密接な話。

感染症全般のヒーリング動画集
新型コロナに振動医学を試してみる?
新型コロナの後遺症向け動画
mRNAワクチンの副作用向け
各種臓器別波動調整動画
認知症のヒーリング動画集
インフルエンザのヒーリング動画集
帯状疱疹向け癒し動画
災害時に役立ちそうなヒーリング動画集
アレルギー・リウマチ等の癒し動画
百日咳のヒーリング動画
はしかのヒーリング動画
ガン関係のヒーリング動画

2024年3月12日 (火)

はしかのヒーリング動画

下の 注意事項をよく読み、自己責任でご利用ください。
振動医学とは

 

※注意事項
・私は脈を計りながら聴きます。体がその波動を必要としない時はすぐに脈が乱れるので聴くのをやめてます。
・症状が楽になったと感じた時点で動画再生をストップしてください。
・脈が乱れたり動悸が出たり胸が苦しくなるなど、何らかの不快感が出た場合は聴かないこと。今は必要のない波動です。
・今の自分には有効な波動でも、他の人には不要な波動だったりすることもあるので、周囲に人がいる時は必ずイヤホンを使うか、スマホのスピーカー部分を手やお尻でしっかり塞いで波動が周囲に漏れるのを防ぐ事。(つないだイヤホンを手で握るだけでも振動は身体に伝わります)
・症状と無関係な動画(=体が求めていない波動)は聴かないで下さい。
・一度に多くの動画を聴くと疲れることがあります、必要ならパワーチャージしてください。
・頭のそばにパソコンやスマホを置いて聴かないほうがいいかも(電磁波的な意味で)。
・振動医学は病院の治療を代替するものではありませんが、応急的な緩和や治療の予後に効果があると言われています。
本当に体が辛い人は動画だけで治そうとか思わずに病院へ!

 

↓誤って体に不要な波動を聴いて不快になった時、10~20秒ほど聞くと楽になりました(個人の感想)

 

パンデミックの奇妙な話ワクチンとも密接な話。

感染症全般のヒーリング動画集
新型コロナに振動医学を試してみる?
新型コロナの後遺症向け動画
mRNAワクチンの副作用向け
各種臓器別波動調整動画
インフルエンザのヒーリング動画集
帯状疱疹向け癒し動画
災害時に役立ちそうなヒーリング動画集
アレルギー・リウマチ等の癒し動画
百日咳のヒーリング動画

2024年3月10日 (日)

米国の日食が暗示するもの?

今回はin deep様が注目した奇妙な日食の偶然()から生まれた占い遊び。

in deep様によると、米国では2017年に起きた皆既日食が、全米に7つある「エルサレム」を語源とした都市の真上を7カ所全部通ったことで話題になったという。そして、今年の現地時間4月8日の皆既日食は、全米に7つある「ニネベ」を語源とする都市の真上を7カ所全部通る。
すると、2017年の「エルサレム日食」と今年の「ニネベ日食」の通り道はある地点で交差することが分かった。


◆エルサレムとニネベで象徴された米国の課題?
個人的にその交差地点の事が気になって調べてみると、南北戦争の激戦地の一つ、ミズーリ州のスプリングフィールド付近だった。南北戦争は、アメリカが経験した唯一にして最大の内戦である。偶然にもそんな内戦の激戦地が交差点になっていること、ちょっと不気味に感じた。

エルサレムは言わずと知れたイスラエルにある3大宗教の聖地で今大変な場所。エルサレム日食の起きた2017年にここがイスラエルの首都になりかけたが、(イスラエルロビーに後押しされた)アメリカによる首都認定は国連総会で無効化され、エルサレムの首都化は実現しなかった。
実現していれば宗教紛争になった事は間違いないだろう。

ニネベは古代に人類最初の世界帝国になったアッシリアという国の都だった場所で、場所は現在でいうイラク北部のモスル近郊。
世界帝国アッシリアは王位継承争いの内戦により衰退していき、アッシリアが属国にしていた地域の人々による連合軍によって都のニネベは破壊され、帝国は滅亡した。
また、エルサレム日食が起きた2017年は(エルサレムをイスラエルの首都と認めた)トランプ初当選の日である。ニネベ日食が起きる2024年も恐らく・・・

超大国(昔で言うなら世界帝国)のアメリカ国内は、トランプ派とバイデン派で分断と対立が深刻化し、また内戦になりかねないなんて噂もされている。こんな状態が長引けば、間違いなく国の運気を衰退させる。また、最近は米国を嫌ってきた各国(中露イラン北朝鮮など)が勢いを増したり結束を深めたりして虎視眈々とアメリカの覇権縮小を狙っているのはご存知の通り(前の記事では、その狙いに多極派のトランプも関与しており、イランの核武装を促進した説を書いた)。

まるで王位継承争いの内戦による衰退と、それを見て反旗を翻した属国連合軍によって滅んだアッシリア滅亡期のニネベみたいな様相になりつつある今のアメリカ。
恐らく、エルサレム近郊のガザ地区で今起きている惨状が古代のニネベみたいになっているアメリカの運気にさらなる影響を加えるだろうことは報道を見ていれば容易に想像できる。イスラエルがガザの民間人をいじめているのに人道とか民主主義とかを尊ぶアメリカがイスラエルに強く言えない件は米国内に論争を呼び、人々はさらに分断されそうだ。尚更内戦ぽい雰囲気になるかもしれない; 
この有様は、アメリカの運気に現れた象徴的な「エルサレム」と「ニネベ」の交差のように見えた。
なので、「エルサレム日食」と「ニネベ日食」の交差地点が米国唯一の内戦である南北戦争の激戦地「スプリングフィールド」だったのは偶然とはいえ出来すぎだなとw まるで、アメリカの運気が今後「エルサレムとニネベが合わさってスプリングフィールドのようになる」と暗示されてるようで不気味な偶然だ。


◆交差地点上空で今年の日食を占ってみた

では、その交差地点スプリングフィールドでも起きる今年の日食には、その不気味な偶然を象徴するような何らかの暗示が出ているのだろうか? と思い、日食図を作ってサビアン占星術で占ってみた(本職はタロットなので占星術は趣味レベルw)。
占星術だと、日食は発生する国や地域の運勢に大きな変化をもたらすとされている。それがどんなものかを占う時に使用するホロスコープ(天体配置図)を「日食図」という。日食図が暗示する運勢期間は次の日食まで。

日食図を見た第1印象、政府や政権・与党などを司るMCが偶然にもイスラエル・パレスチナ地方も司る牡羊座にあって、そこに色んな星が集まっている。とくに太陽と月の合(=日食)や傷と癒しを司るキロンと重なっているところ、それら3つの星々がサビアンを使って何度も訴えている事にピンときて目が釘付けになった。そのサビアンは、「冬に鳥へ餌をやる若い少女:物事にじっくりと取り組む気持ちに従う・共感を通じて危機的な状況を乗り切る」・・・これ、多分ガザの事だと思った。
さらに、政権(MC)サビアンは「欲望の庭へ続く門:すべてを受け入れる姿勢で望みを叶える」・・・まるで、「国際社会からの批判や避難や断罪さえ受け入れる姿勢で自らの望みを叶えようとするイスラエル」の有様を象徴しているようなサビアンだ。
このサビアン、アメリカの政権与党が支持母体でもあるイスラエルロビー勢力の意志に憑依されているような有様であることを示しているのか。少なくともイスラエルロビーを支持母体にしてきた今までのアメリカ政府は、イスラエルが乱暴な事をしてもあまり強いことを言えなかった。むしろイスラエルロビーに操られるような面さえあった(ある意味内政干渉)。しかしガザの件以降、その有様に疑問を持つ人々は今までより増えている・・・ということは、アメリカがイスラエルロビーの意に反する動きをしても、今なら支持が集まりやすくなっているという事。

一番印象に残ったのは牡羊座部分だが、全ての星のサビアンとアスペクト(星同士の角度関係)を見た限り、今年の日食図はアメリカに対し、「今まで続くイスラエルロビーの憑依的圧力を拒絶した上で、ガザで苦しむ人々に共感して危機を乗り切れるように手を差し伸べろ。それが運気の癒しとなる。お前はイスラエルではない。オリジナリティを取り戻せ。他勢力の道具になるな」と言っているように見えた。
恐らくそれは実現しやすい。そうなれば確かに「大きな変化」だろう。少なくともニネベっぽくはなくなる。スプリングフィールドの再現も免れそうだ
実現すればイスラエルロビーからの支持は失うだろうが、ある意味「全てを受け入れる姿勢で望みを叶える」ことができるかもしれない。

イスラエルに虐げられてきたパレスチナの人々は、「生活が苦しくてすがれる相手はハマスぐらいだからハマスを支持している(ハマスに強く言えない)人が多い」という事実は重い。この点、イスラエルロビーとアメリカの関係に似てる。
パレスチナとアメリカ。両国が持つ似通った呪縛を解き放つ時が来ているのかもしれない。「呪縛」という点で両者が運気共鳴している今、アメリカが自分の呪縛を解けば、同時にパレスチナ人達も自分達の呪縛を解きやすくなる。
運気共鳴する両者の開運キーワードを作るなら、「本当の味方は他にいる。決して孤独ではない」
呪縛を解いた結果が例えイスラエルロビーからの支持や資金援助を失って(米国の覇権縮小を望む)多極派のトランプを有利にするとしても、その時アメリカが集合無意識規模で身に着けた「呪縛を解き放つ力」は、アメリカが(一部に世界政府の樹立を望む者がいるという噂の多極派含む)他勢力の道具として操られたり歪んだ力をふるうことを防ぎ、主権者の考える力を目覚めさせ、お金の不徳に縛られることなく本来持っていた等身大の個性を取り戻し、多極派やイスラエルロビーに与えられてきた歪んだ力ではなく、そこに住む人々が草の根的に持つ本当の底力を発揮していく方向へと運勢を導くのではないか。
何しろ、日食は「死と再生」を象徴するし、グアムに近い場所で島を爆誕させた「お金の不徳を正す龍脈」は、アメリカともつながっているのだから。
・・・などと願望交じりに占断してみた。

実際の日食図、アスペクト、詳しいサビアンデータはこちら

オマケ:
実は、PLOの弱体化を狙ってハマス創設に協力したはイスラエルである。
イスラエル情報機関元トップは「ハマスを怪物にしたのは結局我々だ」とコメントしている・・・

4月6日追記:
米NYの国連安保理会合中にM4.8の地震
地震発生時、NY国連本部ではガザ情勢に関する演説が行われていた模様。色んな意味で、会合は揺れただろう。
震源地付近の地名が「ホワイトハウス」とは奇妙な偶然だ。その近隣に「レバノン」があるのもすごい。パレスチナ問題でたびたび出てくる国と同じ名前の地名。
ついでにホロスコープも意味深

4.11追記:
アメリカのユダヤ系大物政治家はなぜ「異例の発言」に踏み込んだのか...「痛烈なイスラエル首相批判」の背景
選挙気にしてイスラエルロビーに忖度してると西側共通の価値観である人権意識をリーダー格の米国が自ら軽んじたと見なされ信用を落としかねない。
(時に人権を煙たがる)多極派に自らも属するネタニヤフが仕掛けた「シオニズム兼米国の信用失墜作戦」の罠に米が陥らないようにする必要がある。そもそも選挙で味方につけるべきはイスラエルロビーの支持じゃなくて草の根の主権者達の支持だ。
自国が目先の都合次第で人権を軽んじる国になって欲しい主権者はそういない。




ハマスの大規模攻撃に奇妙な偶然?
10月7日のハマスによる攻撃を占った結果
パンデミックにまつわる奇妙な話
目覚めよ我らが発達能力

2024年3月 2日 (土)

面白動画と「もしトラ」で妄想

※以下に書いたことは事実以外、全て個人の妄想と冗談です。

 

4:00から結界の話が少し出てくる。
くれぐれもこの動画の内容を鵜呑みにしない事w あくまでエンタメの動画だ。

この動画を見ると、エールフランス機の結界侵入事件新橋のガス爆発トルコ航空機の結界侵入事件が都市伝説チックに見えてきて楽しいw
多極派の〇スチャイルドは、日本の結界の事を知ってるのかもしれない。それなら、『将を射んとする者はまず馬を射よ』でアメリカという将を支える馬としての日本を射るには、まず結界を射るという発想になってもおかしくはない(おかしい)。
結界に侵入した航空機は、馬をやってる日本の結界に向かって射られた矢であったのだろうか? 
オカルト脳にはそんなことが余裕で妄想できる。

「もしトラ(もしもトランプが当選したら)」などと言われているアメリカ大統領選だが、この前、トランプのバックにはネオコン(多極派)のヘリテージ財団という強力な助っ人がついていることをニューヨークタイムズのインタビュー記事(翻訳)で知った。
いわゆる軍産複合体を支持母体にしていないトランプは、彼らのための公共事業目的で米国に軍事行動をさせる(米国を世界の警察にさせる)必要が無いため、「もし今度当選したらロシアとウクライナの仲を取り持って戦争を終わらせる」とか、「(軍産複合体の利権組織でもある)NATOから脱退するかもよ?」とか言うようになった(報道)。
動画が言う所の「トランプは世界一お金持ちな天皇家からお金を借りに来ることがある」なんて話はにわかには信じがたいし宗教右派(似非保守)が流している都市伝説に見えるが、もしも次の選挙でトランプが当選したら、それはネオコン(多極派)のヘリテージ財団の協力が大きいのではなかろうか。あの財団、「ディープステートを倒してトランプ主義を機関化させる」つもりがあるらしい(『報道』のリンク参照)

あくまでお笑いネタとして妄想してみる。
万が一トランプが選挙資金を天皇家から借りて当選しちゃった場合、もはや日本は「アメリカという将を支える馬(アメポチ)」ではなくなることを意味する。即ち、「馬」としての日本は、射られてこの世からいなくなるわけだ。
その代わり、「トランプ政権の支持母体が日本の皇帝一族」っていう衝撃の展開になるw 
航空機の結界侵入事件。その裏には、とんでもない秘密が隠されていた(ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!?)。

・・・などと奇想天外な妄想をするのはオカルト脳なので面白くて吹いたが、真に受けてはいけない(二回目)。
いわゆる皇室財産を貨幣換算すると約5141億2200万円になり、かなりの額なのは確かだが、その多くは不動産や文化財(正倉院とその中身含む)など。自由に換金できるシロモノじゃないw トランプが頭を下げてお金を借りに来るのはお門違いw

この都市伝説をもっと面白くするなら、天皇家よりもむしろ藤原氏をメインにした方が良い。藤原氏は大化の改新以降に天皇家と親戚になって天皇をお神輿に繁栄し続けた一族。1400年間栄え続けてる彼らの方が天皇家よりもお金持ってそうだw
彼等の家系は未だに有力者や実業家を沢山輩出している。トランプとゴルフした故安倍元首相や現職の岸田首相、そして麻生太郎氏もその一人だ。そもそも自民党のおひざ元である山口県にあった長州藩自体が藤原氏の家系である。だから自民党は藤原氏と密接だ。
(ドラマ『漂着者』の設定モデルも多分藤原氏)

・・・この話、漫画の設定にしたら面白そうだと思うw

 

安倍氏暗殺と「漂着者」の奇妙な類似
サビアン占星術で見た安倍氏と暗殺
多極派誕生秘話


2024,3,4追記
この本
が大真面目に語ってる内容が面白動画の内容と少しリンクしている。コヤッキーはこの本の作者かそれに近い人物と会ったのだろうか?
本の目次を見る限り。やはり宗教右派っぽい内容だ。「漂着者」の設定にも影響を与えたかもしれない。
さらに目次を見ると、トロツキズムの影響を受けた多極派達が考えてる(?)世界革命的な構想とも少し似た部分があるかもしれない。
ブッシュ再選に貢献した米国の宗教右派はネオコン(多極派)が作ったと言われているが、まさか日本の宗教右派にも関与・・・?
しかし安倍氏が暗殺された今、安倍支持層だった宗教右派も岐路に立っているだろう。

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ