« 社会の思春期 | トップページ | インタビューを受けました »

2022年6月16日 (木)

“JURIE-O” by Mark Summer

※イヤホン推奨

初めて聞いた時、面白いチェロの生かし方をする曲だなと思った。ちょっとロックなところもある。
聴いているうちに、あの日の事を思い出した。
内側から湧いてくる不思議な力に衝き動かされ、生まれて初めて勇気を振り絞って路上に占いのテーブルを出した日のことを。
あれから色んなことがあった。時には相談者様の国が財政破たんし、時にチンピラと対決し、悩みを乗り越えていく相談者様達の見違えるように晴れやかな表情にこちらも心動かされることが何度もあり、そのたびに人が持ちうる強さと可能性を実感し、多くを学ばせていただいた。
そして今に至る。
その全てはご相談いただいた皆様のお陰です。心より感謝申し上げます。

型にはまらず、自由に自分を生かし、しがらみにとらわれず、したいことが出来るって本当に素晴らしくてありがたい。

そして、そのようなことが出来る環境に恵まれたことがありがたい。

 

 

この曲、弾く人によってもだいぶ雰囲気変わるカホンと合奏したのも素敵。

« 社会の思春期 | トップページ | インタビューを受けました »

音楽」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会の思春期 | トップページ | インタビューを受けました »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ