« ロシアの運勢を思う | トップページ | ゼレンスキー氏占ってみた »

2022年3月 9日 (水)

ロシアへの祈りを込めて

ロシアによるウクライナ侵攻報道を見ていたら、ある時ふと下の動画を思い出した。「ペプシ桃太郎」にあるキジとカラスの兄弟が出てくるエピソードだ。
(何らかのトラウマ的経緯で?)力を志向し力に依存するがゆえに力に囚われ鬼と化すカラス。そんなカラスは決してクレムリンの中にだけいるわけじゃない。誰もが条件次第でカラスにもキジにもなりうる。誰の中にもカラスやキジはいうるのだ。
今、この救いの物語がロシアの集合無意識と運勢の中で起きること、それが世界へ広がることを祈って記す。

キジの強さは「パワー」ではない。「ストレンス」だ。タロットの11番「」が示しているものだ。「カラスと戦う」という表現を取ってはいるものの、キジが挑んだ「鬼退治」の方法は踊りによる愛情表現。カバラならティファレト(美・調和・愛)の手法。パワー(権力・武力)は使わない。ストレンスの力は、ティファレトに属する力だ。物事の運気を調和した方向へ流す力。
キジの踊りで暴走が止まり、鬼の姿から本来の姿に戻って横たわるカラスの膝が立っている(=生きている)ということは、キジはカラス(力のカードに描かれた獅子)を殺したのではなく、癒したということ。キジは力のカードに描かれた貴婦人の役だ。
キジに託された癒しの力は、民の力。民にはカラスを癒すストレンスの力がある。一人一人がキジでもある。
彼らが己のカラスを癒す時、彼らの社会も癒される。私達が己のカラスを癒す時、私たちの社会も癒される。癒された社会には、もはや鬼の姿はない。調和の運気をもたらすストレンスの力があれば、自分を守るために身の丈を超えるパワーを得て周囲を支配する必要もない。

それは、あの時には選べなかったもうひとつの可能性。
やり直すときが巡ってきた。

 

(『キジ』って日本の国鳥なんだよネ)



ひとりぼっちの革命と独裁
近代日本のカルマと金カム←キジのやり方は、近代日本のカルマ(カラス属性)を癒すことにもつながる。

« ロシアの運勢を思う | トップページ | ゼレンスキー氏占ってみた »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアの運勢を思う | トップページ | ゼレンスキー氏占ってみた »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ