文化・芸術

2012年3月31日 (土)

依存の増える時代?

(オセロ中島事件からの連想その③)
※以下に書いたことは全て一個人の意見にすぎません。依存症については専門のカウンセラーさんなどにご相談してください。

◆依存が増える時代の特徴?
心理的な依存症。現代社会はそういうものが増えているという。じゃあそんな社会の特徴は何だろうと考えて思い浮かぶのは、ともすれば生き馬の目を抜くような激しい競争のある環境であったり、外部から入ってくる多くの情報に意識が干渉されすぎてしまったり、同調圧力や流行に縛られて常に周囲の様子を伺うような強迫観念に縛られていたりという特徴が目に付く。
その結果生じることは、自分の内面(内界)を顧みることなく置きざりにして(状況がそんな時間や余裕を許さず)、外の世界にばかり意識を向けすぎているというアンバランス。
何というか、社会が個人に対して「自分の内面をみる」という作業を後回しにさせてしまう感じだ。意識の焦点が外の世界に固定され縛り付けられている、とでも言えばいいのか?
(同調圧力に縛られ外の目を気にしすぎる国民性もアンバランスに影響?)

そういうアンバランスなライフスタイルを作る社会環境・文化環境が「自分の本当の心に気付かない」「本当の悩みに気付かない」という現象を作りやすくし、また「意識の焦点が外の世界にだけ偏りすぎたアンバランス」は己が内面を見ないせいで自覚することなく抑圧してきたさまざまな欲求や感情や「本当の悩み」を、無関係な外部の物事に投影・同一視させやすい。時にはそこを悪どいビジネスや悪質な勧誘に利用されている印象さえある。そして、そういうビジネスをしている本人達もまた、自分の内面を振り返ったり見つめたりすることはないのだろう(多分)。
時には彼ら自身もまた、抑圧された無自覚な何かによってそういう商売に駆り立てられ、依存し縛られてしまっているのかもしれない。

せわしなく、考え事やボーっとするヒマと余裕がない(それを与えない)情況は、自分の心を観察したり自分の心と対話する(自分の内面を顧みて己の心を自覚する)ための時間を与えない。心にアプローチすることが困難な環境だとも言える。そんな風潮や環境が現代社会や急激な情報過多の環境には潜んでいるのかもしれない。最近の人は考えことやボーっとするような「内省の暇」があるなら迷わずネットで「つぶやき」のチェックを優先する(自分の時間をそれに縛られ、奪われている)人も増えている。

◆心にアプローチする習慣?
では、現代とそれ以前を比べた時、日常で己の内面を見つめる頻度に違いがあるのかというと、多分あると思う。
昔の人は己の内面や心の動きを客観的によく観察してそれらを覚えおくこと、己の心を探り自覚するといった作業の良いきっかけになる文化に親しんでいたように見えるのだ。
例えば、「禅(座禅)」や禅の精神を取り入れた文化や、ブログのような公開型ではない自分のためだけの「秘密の日記」をつけることや、短歌や俳句を書くなど、自分が感じた心の動き、「もののあはれ」を折に触れて書き記す習慣。これらをやる時、己の内面を言葉で表現できるレベルになるまで冷静に分析し観察し把握する過程が必ず入る。こういう文化、他にも探せば数多く出てくるかも。
個人的に、徒然草や日記文学として知られているような作品、または優れた心理描写が人気の源氏物語のなどは、作者が普段から己の心の動きを非常によく観察した結果の産物であるように見える。紫式部の人生には、己の中でさまざまな恋愛感情や女心が浮かんでは消えくという体験があったはず。その内なるリアルな体験を華やかに表現した結果があの物語になったのだろう。そして徒然草や各種日記文学の作者たちは、あれを人目に触れる前提で書いたのだろうか? もとは個人の覚え書きや秘密の日記な気がする。徒然草なんか執筆後百年間は誰からも注目されてなかったらしい。

とまれ、そういった文化、現代ではあまり親しまれていないものも多い。むしろ欧米でリスペクトされることが多い印象。
ただ、最近は何故か座禅(プチ座禅?)に密かな人気が出ているらしいので、人々の無意識がそのような「心の文化・習慣」の復活を求め始めているかもしれない(そしてそこに付け込む依存ビジネスには要注意)。

娯楽の少ない環境の中、内面を見ることによって生まれる豊かな文化や作品の喜びに親しんでいた昔の人は、もしかすると「喜びというものは外部からではなく、己の内面によって内側からもたらされる」ことを知っていたかもしれない。それは、ともすれば「喜び」をつい己の外に探し求めてしまう現代人と大きく違うところのように見える。
それに対し、娯楽が沢山あって外から与えられる喜びに慣れた現代人は「内側からもたらされる喜び」さえも抑圧し、それをどこか無関係な場所に投影する現象さえ引き起こしていることさえあるかもしれない。
(外から与えられる喜びに慣れてしまうということは、ともすれば創造性が発揮される機会を減らしてしまうということにつながりうるのだろうか?)

喜びというものが外部からではなく己の内側からやってくるもの、内側に存在するものだとすれば、不安や依存心もまた、外部ではなく己の内側に存在するものだろう。何でもそうだが、それが己の内側に存在しなければ、それを何かに投影したり何かと同一視することさえ不可能だ。投影や同一視が起きたということは、それは確かに己の中に、誰よりも近い場所に存在している証だ。それゆえに「悩みを作るこの不安やこの感情は己の中のどんな背景から来たものか」という発想が役に立つ。

◆まとめ
外部に投影された内なる不安は、自分の正体が暴かれることを待っている。
喜びも、幸せも、様々な素敵なものも、安心感も、依存せずに生きる前向きな力も、本当は誰よりも近い場所にあって、それに気付いて抑圧を解かれる(封印が解かれる)のを待っているのかもしれない。
そのことに気付いて欲しくて、サインを送ろうとして、我々の無意識は「投影」や「同一視」という奇妙な現象を引き起こすのかもしれない。
だとすれば、私たちはそんな無意識のサインに気付いているか? そのサインを活用できているか?

・・・てなことを、昨夜福神漬けを食べたはずみで妄想してしまった。

2009年4月 1日 (水)

上野の桜とアーツ&クラフツ展

先日上野で5日まで開催されているアーツ&クラフツ展へ行って来た(リンク先は京都で展示された時のものだが、こちらの方が雰囲気が分かるのであえて選んだ)。19世紀末、産業革命によって工業製品が大量生産される代わりに質の悪い製品が出回っていたロンドンで、質のよい職人技や手仕事を見直す「アーツ&クラフツ運動」。この運動がやがて世界に広がり、工芸技術の復活やアールヌーヴォーが流行するきっかけを作った。作品はどれも大変美しかった。特に好きになったのは不思議な光沢のジョルナイ陶器やモノトーンの模様にコバルトブルーでアクセントをつけた作者不詳の甕。他にも、動物が描かれたメルヘンチックなタペストリーやステンドグラスが美しい。現代でもきっと人気が出るだろうと思われる壁紙も多くあった。
その日始めてイワン・ビリービンというロシアの絵本作家を知った。この人の描く絵も気に入った。もしも彼の絵でタロットカードが出されていたら買うと思う。
展示された作品は主にロンドンのビクトリア&アルバート美術館に所蔵されているものだそうだ。こんなキレイな食堂のある美術館。微妙な青色使いがいい。

お土産コーナーではこんなかわいらしい大工道具とスコップが
Artscrafts1 Artscrafts2

上野の桜は3分~5分咲きといったところだろうか(クリックで拡大)
Uenosakura1

オマケ:新宿の風水スポット、花園神社の夜桜(クリックで拡大)
Hanazono


2008年6月 7日 (土)

国宝仏像の手相を占ってみた

上野の東京国立博物館で平城遷都1300年記念の「国宝 薬師寺展」が開催されている。その目玉展示が日光菩薩(右)と月光菩薩(左)。これらの仏像にも簡単ながらちゃんと手相がある。大昔にこの仏像を掘った人が自分の手のひらを参考にしながら彫ったのだろうか? それとも当時「理想的な手相」というものがあったのだろうか? 高僧の手相だろうか? 案外時の権力者の手相の写しだったりして。
今回はその二体の仏像の手のうち、「OKサイン(迎合印)」にしている側の手から手相を読み取った。月光菩薩は左手、日光菩薩は右手だ。多分「OKサイン」している方が両者の利き手だと思う(私は基本的に利き手の手相を見る)。実際の手の画像は薬師寺展の公式サイトを参照。以下がその鑑定結果・・・

月光菩薩:
集中力は高い。基本的にノリと勢いで進んでいくタイプ。波に乗るとすごい効率で物事を進められるが、コツコツとコンスタントに進めるのは苦手。気まぐれなのかも。論理タイプというより直感タイプ。申し分の無い生命線。人と交流するのが好きで頭の回転は速い。人の気持ちを感じ取るのが上手。柔軟性があり、やや周囲から影響を受けやすい。時々ロマンチックに自分の世界に浸ることも。たぶん運動音痴。腎臓が強い。肝臓も少し強い。控えめな性格だが陽気。慈悲深い。おっとりしたアーティストタイプ。

日光菩薩:
集中力が長続きするタイプ。融通が利かず不器用。うそをつくのが苦手。やや心配性。直感力は豊か。月光菩薩よりは運動神経がいい。ちょっと冷え性。繊細さと豪快さを併せ持つ。型に嵌められることを好まず、自分のペースを維持することを重要視する。月光菩薩が「空気は読むもの」としているなら、日光菩薩には「空気は作るもの」という発想が優勢か。月光菩薩より消化力が高い。慈悲深く、面倒見がいい。月光菩薩より若干生命線が長い。行動力があり、積極的。開拓精神がある。好奇心もある方。実直な職人タイプ(もしかすると日光菩薩の作者は当時の職人集団の親方格の人かもしれない)

二体の手相は占星術で設定されている太陽と月の性質とも一部似通っている。もしかするとシルクロード経由で占星術的な惑星の概念が当時既に奈良へ伝わっていたのかもしれない。
手相を読んだ結果には賛否両論あると思う。基本的に、自分の中のイメージを大切にして欲しい。「菩薩」の本質は人の作った金属の構造物ではなく、精神性にあるのだから。


「せんとくん」に手相があったらぜひ見て見たい(笑)。

岡本太郎の手相を見る

占いのご相談

2007年5月 5日 (土)

占い師の旅路~雲南省・三江併流~その3

※写真・補足はリンクをクリック。 雲南の地図はこちら

昆明空港
2時間近く待っても、飛行機は飛ばなかった。待ちぼうけ。確か昨日も似たようなことが・・・嫌な予感がする。だめだめ。余計な想像はすまい。
待っている間、学生時代にチベットへ行った時のこととその後のことが色々思い起こされる。
英語を勉強中だった成都の大学生、車窓の風景、馬しか通れない道、夏の雪山、山から落ちてきた冷たい空気、風邪、高山病、よれよれになった時に優しくしてくれて、後でゲームや冗談で一緒に盛り上がった素朴な馬引きさん達(うるさすぎて山小屋管理のお坊さんに怒られたw)、小さな診療所での点滴、競馬祭、草原に広がる無数の白いテント、男たちの勇姿、そこらへんに座っているとガイドブックを興味深げに覗いたり(載ってたカイラス山の写真を拝んだり)、「どこから来たの?」と話しかけて来る人懐こい通りすがりのチベタン達、突然私の年齢を尋ね、答えると満足して道の向こうに去っていった謎のおじいさん、私の水筒を酒瓶と勘違いして取り囲んだいかつい酔っ払い達(腰には短刀)、二胡の録音を快く許してくれた名前も知らないおじさん、「俺達を撮れ」と豪快に、或いはシブくポーズを決めた男達、「店仕舞いするから良ければ残ったヤツ食べちゃって」と言って激辛の串焼きをくれた屋台のお姉さん、お寺のお坊さんと小坊主達、滞在中、凄く良くしてくれた友人とその親戚の皆さん・・・
数え上げたらきりがない。みんな今の私を作った愛すべき宝の思い出。暗い発想や引っ込み思案が治り、人と交流する楽しさを知り、直感力が上がり、人を恐れず、自分のやりたいことをするのにためらわなくなった。それで自信が付いた。それがなければ占いなんて始めなかったし、占い師になるなんてまともに考えもしなかっただろう。
今私が当たり前のようにやっていることは、あの頃収得したものばかり。今や完全に私の一部になっていてうっかり忘れていたが、思い出すことが出来た。これからもあの頃得たことは決してムダにはしない。
飛行機を待つ間の時間は、とても意味のある時間になった。色々思い返す時間が出来てよかったくらいだ。
一人で胸が熱くなっていると、お待ちかね!何とか向こうを飛び立てた飛行機が到着した!
皆続々と乗り込む。と、そこでまたトラブル発生。うーん、なかなか行かせてくれないなチベット。ある家族のチケットに不具合があり、彼らと係員との間で押し問答が続く。そのうち家族の中の小学生位の女の子が泣き出した。その後も長い間押し問答が続き、係員達はあちこちに連絡をとり、駆けずり回る。私はまたもや今までのことを思い返す。チベット旅行での体験が占いのアイデアと実行の勇気を生み出す素地になり、まずキャンパスで占いをはじめ、チベットへ行った翌年のインド・ネパール旅行でさらにその路線に磨きがかかり、タロットと出会った。
インド・ネパールでの思い出(チベット難民との交流含む)。そしてタロット占いを始めた頃の思い出、プロになってから今までの思い出。・・・それが終わるころ、チケットの問題は何とか一件落着。みんな乗り込んできた。よかったね。
飛行機が滑走路をぐんぐん走り出す。スピードが上がるにつれ、何とも言えない感謝の気持ちがこみ上げてきた。風圧が窓に付いた雨粒を吹き飛ばすと、私の目からも涙が2粒こぼれた。
やった! 飛んだぁ! 会いに行くよ。会いに行くからね。私の恩人。

続く

競馬祭の動画を発見

2006年12月17日 (日)

ネット参拝は是か非か?

ネット参拝は是か非かという議論が起きているそうな。
私は個人的に「参拝」という行為はネットだろうが現場だろうが、人が昔からやってることに変わりない。と思っている(ビジネスの側面は別として)。
以下、記事より一部抜粋

全国約8万か所の神社を管理・指導する神社本庁(東京)は、「ネット上に神霊は存在しない」と、今年初めて自粛を求める通知を出した。 (中略)「神霊は神社という場所や空間に鎮座するもので、足を運んでもらうのが基本。(以下略)」

むしろ、こういうコメント自体が実は霊的というより却って即物的な考え方とも言える。「神霊」という限りなく精神的な存在に対して、車や電車や徒歩などを使い、物理的に「会いに行く」ことでしかつながりをイメージできないってことだから。

どんな場所に居ようと、参拝というのはあくまで精神の領域で行われる作業。であるから、本来時空の制限は全く受けない。制限を感じるのは、その人の意識がネットと現場の違いによって感覚や発想を制限しちゃっているため。
参拝が精神の作業である以上、神霊との回線接続は心の中で行うもの。この世に生まれて物理的な世界に慣れた意識がつながりをイメージしやすいようにツールとして発達したのが本来の「神社」の役割の一つ。
だから今の時代にイメージツールとして「ネット参拝」というものが追加されても全然おかしくはないと感じる。
むしろ即物的な発想からは遠ざかったほど。

そして、「神霊」という存在。あれは色んな意味を持った存在。神話に出てくる「神」は数ある意味のホンの一つに過ぎない。 ある時はこういう意味、またあるときは別の意味。
願掛けをする場合の神もまた、その数ある意味のひとつ。
願掛けの場合、よく鏡が御神体になってるアレ。実は・・・

続きは去年書いたお参りの秘密と願掛けのコツ でどうぞ。

2005年10月29日 (土)

ハロウィン

10月31は日ハロウィン。もともとはケルト人の大晦日。しかしイメージはお盆・お彼岸に近い。この日ケルト人たちはかがり火をたいて死者の霊をまつり、収穫を祝う。そしてこの日は死霊や精霊が現れる日でもあり、獣の皮などで仮装をして悪霊にとりつかれないようにカモフラージュした。これが後に今のハロウィンで仮装する習慣に繋がる。ケルト族の知識階級であり、宗教、暦、占い、予言をつかさどるドルイド僧はこの日に儀式を執り行う。死者と交信し、悪霊を追い払うかがり火を焚き、生贄に見立てた人形を燃やしたり、各家から食べ物を出して霊たちをなだめるためのお供え物にした。これに古代ローマがブリテン島を侵略したとき、「果実の収穫祭」という習慣が融合し、後にケルトの地へカトリックが伝来すると、キリスト教全ての聖人と殉教者を記念する11月1日の「万聖節」と融合する。
イギリスではハロウィンの提灯はもともとカブだったのだが、アメリカに渡ったアイルランド移民が現地でかぼちゃの方が提灯作りに向いていることを発見。以降、かぼちゃの提灯が広がった。イギリスの一部には今でもカブ提灯を飾る地域があるらしい。
現代でも「ウィッカ(魔女術)」を実践している魔女達はハロウィンの日を「ソーウィン」と呼ぶ。ケルト人の正月の名前だ。この日は占いに適した日だといわれている。大釜に水を張って、それを覗き込んで水晶球占いのようにする占いが有名。
魔女に限らず、大概のペイガン達はこの日を元日としているらしい。ペイガンについてはここ

クリスマスがポピュラーになった日本。そのうちハロウィンも同じくらい流行らないだろうか? コスプレを生み出した土壌なら、大人も子供も仮装を楽しむ文化となじみやすいだろう。

kabotya

2005年10月 7日 (金)

携帯版HPが移転します

「占い師AYAのテーブル」携帯版サイトがサーバ移転のため1週間ほど閲覧できなくなります。m(- -)m

dokukinotan

「どくきのたん」
キノコ狩りには十分お気を付け下さい。

2005年9月12日 (月)

トートバックのデザイン

このたび、トートバックのデザインコンテストに応募しました。 これ。
もし見てかわいいとか思っていただけましたら、ピンクのボタンをぽちっとクリックしてやってください。


2005年9月 8日 (木)

台風一過

今年の台風も凄かった。ニューオリンズは更にひどいけど。
日本の夏が年々暑くなっている。昔は33度で「猛暑だ」と言われていたそうだ。
母曰く、それ以上の気温にはめったにならなかったと言う。東京では。
今では簡単に35、6度になる。去年新橋に行ったときはやばかった。
だんだん日本が暑くなってくると、台風の威力も大きくなっているような気がする。
まるで熱帯のサイクロンに近づいているみたい。

iro

2005年8月23日 (火)

皇帝ペンギン

今日、フランスのドキュメンタリー映画「皇帝ペンギン」を見てきた。なかなか良かった。音楽も幻想的だ。
海の中の氷の映像や空の様子が美しかったし、ぴよぴよでふわふわの子ペンギンは可愛かった。もっと見ていたかったほど。よちよちと頭を振って難儀そうに歩く姿と違って、海の中のペンギンはすごい。飛んでいた。
何しろ南極だ。環境は厳しい。「全員ではなく、何匹か生き残ればいい」ということを前提にした生命の営み。そのことが凄く神秘的。
夏を涼むには最適の一本。

pengin

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ