« 被害者と加害者は「批判への怖れ」が強すぎ? | トップページ | コロナに振動医学を試してみる? »

2020年4月24日 (金)

このタイミングで北朝鮮とつながってる龍脈が

以下に書いたことは全て個人の妄想です。

4月13日 長野県北部最大震度4

4月23日 長野県中部最大震度4

長野県中部震源の地震 30回超える

風水の視点だと、上に書いた地震は全て震源域が日本~朝鮮半島~中国東北部~北京~ウイグルへと至る大きな龍脈とつながっている。
(※龍脈:大地の気の流れ。変動すると地震や噴火を起こしたりその土地や国の運気を変化させたりする)

昔から中国ではこの龍脈を「北龍」と呼ぶ。北龍は日本に入ると白山を経由し長野県で中央構造線と合流する。そんな合流地域での地震が増えたタイミングでこの報道→「金正恩は脳死に準ずる深刻な状態」韓国で出回った“怪文書”の中身

要するに、北朝鮮ともつながっているその龍脈が、「金正恩の身に何かあったんじゃないか」という噂が広がる頃と妙に一致する奇妙なタイミングで活発に揺れ動いてるわけだ。
4月12日に北で最高人民会議が開かれたのだが、国会に相当する大事なその会議に金正恩はいなかった。そんな翌日4月13日に少し大きめ(震度4)の地震が一回あり、4月22日になると群発地震になって今日も何度も揺れている・・・

オカルト脳としては、ここに奇妙な偶然を感じてしまう。北で13日や22日近辺に何かあった?
日韓朝中・・・龍脈でつながったこれらの国々が、金正恩をきっかけに運勢を変動させていく前触れの現象かもしれない(電波)。

2020北朝鮮春分図

※この龍脈は311の少し前にも大きく揺れたことがある(記事

2020.4.26追記
長野の震源と同じく北龍に位置する霧島で火山性地震増加
本日も長野は揺れ続け、長野とつながってる(朝鮮半島とは間接的につながっている)中央構造線の茨城県南部で最大震度4.北朝鮮に関する情報は未だ錯綜中。同じ北龍上にある中国の核実験場(ウイグル自治区)の不穏な動き()も気がかりだ・・・地下核実験は、間違いなく北龍を刺激する。

2020.5.3追記
韓国では同じ龍脈上で大規模な倉庫火災、そして本日は北が韓国側へ銃撃し建物被弾

2020.5.19
一時は減った飛騨地方(例の龍脈上)の地震が今日になって再び急増。飛騨では30年前に枯れた温泉が湧き出す

« 被害者と加害者は「批判への怖れ」が強すぎ? | トップページ | コロナに振動医学を試してみる? »

龍脈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 被害者と加害者は「批判への怖れ」が強すぎ? | トップページ | コロナに振動医学を試してみる? »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ