« 中国が強いのか人類が金に弱いのか | トップページ | どちらも自分の個性と可能性 »

2019年10月16日 (水)

香港の運勢に思う事

※以下は占い師個人の非科学的視点からの妄想です


香港でデモ隊を攻撃した白シャツ集団 「三合会」とは何者か

◆みんな似た者同士?
中国も香港も非常に似通ったある波長を帯びていることで、悪い形で共鳴し合ってしまっているようだ。香港は今まで抱えて来たその波長を少しでも変えないと、より波長の規模が大きい中国本土に飲み込まれてしまってもおかしくない。また、宗主国の英国もまた同じく共食いの波長を強く持っていたので、長らく香港と共鳴していたのだろう。香港を植民地にした大英英国は、「広大な植民地(巨大な富)と小さな本土」という状態で、近隣諸国が本土(ブリテン島)へ束になって襲い掛かれば負けてしまって植民地は山分けされてしまうリスクがいつもあった。だから欧州諸国が束にならぬよう、分断工作にいそしんだ歴史がある。
それは中国(共産党・習近平共に)も似たような状態。大勢の人民とそれを抑えつける一握りのトップ(もしかしたら今は、たった一人のトップ)。万が一反乱勢力が膨れ上がって束になってトップへ襲い掛かればひとたまりもない。だからあんなに強権的だしAIを使った監視社会化を急いでいる。(古今東西、独裁者の末路は悲惨だ。多分、党内を粛清しまくった現トップも・・・)

そんな弱肉強食ゆえに「繁栄と多勢に無勢が紙一重でピリピリ」という波長が、「黒社会の首都」という異名を持ち、なおかつ世界3大金融センターでもあり中国大陸有数の「狭い範囲に巨大な富が集中する場所」という図式の香港の中にも強くあるのだろう。だから香港自身がその波長を変えないと、より波長の規模が大きい中国本土に飲み込まれてもおかしくない。
もしも香港の人々が内部に巣食う黒社会の問題(前の記事に書いたような背景で香港と黒社会は共依存の関係があると思う)を大幅に改善したり解決することができていたら、中共と波長を共鳴させる事も中共に飲み込まれる危機もない、今とは違う運勢が展開していると思う。

今からでも、その運勢を変えることは出来るのだろうか。ちょうど今、香港の黒社会は人権と民主主義の確保を望む香港市民ではなく中国政府の側と組んだ。現在、覆面をした集団が度々デモ隊に襲いかかってケガ人を出しているが、覆面の襲撃者達に有名な香港マフィアの「三合会」が関与している可能性が濃厚だという。だとすれば、今まで香港に共依存してきた黒社会は依存対象を変え、香港を捨てたのだ。これは、ある意味チャンスでは?

マフィアと中国。どちらも「繁栄と多勢に無勢が紙一重でピリピリ」という似通った波長を持っているのはいうまでもない。弱肉強食の世界では、多くを持つ者が孤立すれば、周囲にとって格好の標的だ。
香港があの波長をもつ黒社会との共依存関係をやめていくことが出来れば、それが香港の開運法になるかもしれない(妄想)。

 

【余談】
実はチベットもまた国の起源に「繁栄と多勢に無勢が紙一重」という波長を持っており、そこが中国と共鳴しちゃったかもしれない。
50年代に中国によって滅ぼされたチベット王国(現在はインドのダラムサラに亡命政府がある)だが、王国の成り立ちは派閥争いで「多勢に無勢」な劣勢だったチベット仏教のゲルク派が信者だったモンゴルのグシ・ハーンによって土地を寄進されたことから始まる。ハーンはチベット各地へ侵攻して全域を平定したのち、現在のラサを中心とする広大な領地をゲルク派に寄進し、土地を得たゲルク派のダライ・ラマ5世はその土地にラサを都とする国家を作った。
ある意味、外国勢力(モンゴル)がチベットへ各地を侵攻・平定してくれたお陰で国が成立したチベットが、外国勢力(中国)のチベット侵攻によって滅びるということには因果を感じる。

香港もチベットも、中国と共通する波長を手放し変えていくことが開運法となるのだろう。中国政府や中国共産党にも深く根付く「多勢に無勢への不安と恐怖」という意識を動機と原動力にした活動や営みは却って運気にマイナスとなる。もっとポジティブな動機と原動力で動いたほうが良い。例えば、「きちんとした民主主義や人権意識がもたらす可能性を探求する好奇心」とか、「自治なら中国よりもうまくやれる(お手本さえ見せられる)自信」とか。

« 中国が強いのか人類が金に弱いのか | トップページ | どちらも自分の個性と可能性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国が強いのか人類が金に弱いのか | トップページ | どちらも自分の個性と可能性 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ