« フランス機の皇居上空侵入で妄想 | トップページ | ノートルダム大聖堂火災に奇妙な偶然? »

2019年4月 3日 (水)

新年号「令和」を占ってみた

※以下は趣味で使っている占星術ソフト「アストロロギア」の鑑定結果です。特定の団体や人物を誹謗・中傷する意図はありません。あくまでもネタとしてお楽しみください。「令和」という元号になった日本国を擬人化した場合の性格占いみたいなものですw 令和時代の開運については今回の年号占いの他にもう一つ投下予定。

まさかのエイプリルフールに誕生した「令和」という年号、一体どんな性格なのか?w

水星と海王星が非常に強い合
吉角・凶角両方の意味を併せ持つが、吉意が強い。未来に対して美しい夢を描き、それをはっきりと表現してゆく。芸術分野においては、幻想的で詩情あふれる表現力を持つ。ただし、やや耽美的、自己陶酔的で、押しつけがましいところあり。抽象的な学問分野にも適性。言葉で説明するとややこしくなる複雑な事柄を、イメージとして直観的に把握できる。
(令和は『平和にさせる』という命令形の意味を持つ元号なのでやや上から目線の押しつけがましさを帯びた性格になりやすいのかも。令和時代の日本でも漫画やアニメは好評かもしれない。スピリチュアルブームがまた来るかも)

月と木星が非常に強いセクスタイル
柔軟で寛大な精神の持ち主。才能に恵まれ、全般的にツキがある。物の感じ方は鷹揚で品が良い。多感ゆえの脆さはなく、堂々とした貴婦人のごとし。芸術方面に適性。繊細というよりは、まろやかな性格。
(とりあえず平和な性格)

土星と海王星がセクスタイル
平均すると十数年に1度の割合で生じる世代的座相。制限と夢幻の調和。地道な未来像という意味だが、それまでの浮ついたビジョンが崩壊するという含意もある。

土星と冥王星が弱い合
約35年に1度できる世代的座相。異常なまでの自制心を表す。敗戦後のどん底の時代、1946~48年にこの合が生じている。
(あの当時も浮ついたビジョンが崩壊した。しかしそれは、新しい始まりも意味していた)

水星と土星が弱いセクスタイル
知性・表現力と抑制の調和。研ぎ澄まされた簡潔な表現をなす才能ないしは素質を持っている。勉学においては、地道で着実な努力を行い大成する。どちらかといえばやや陰気だが、控え目で魅力的な人柄。

所感
土星と冥王星、海王星の効いている星回り。日米関係を含む外交分野や貿易関係で大きな変革があったり、幻想的な作品や哲学的な分野・スピリチュアルな分野が流行しやすくなるかもしれない。不思議な現象も起きやすかったりしてw 個人的にはマンデン占星術において「国や国民の状態・状況」を示すアセンダントに「他からどう見られようと価値を確信したものを一途に追求する」という暗示が出ていることとが気になる。国民が集合無意識レベルで非常に大きな動きをして時代を変化させそうだ。文化や学問の分野でオタク的な国民性が良い方向に働きそうだw 無意識下で何らかの予兆を感じる人も多くなるだろうか。それが良い意味で今までの時代と人々を支配していた「浮ついたビジョン」の崩壊を促すだろう。良くも悪くも「隠されていた真実が明るみになる」という傾向の運勢にもなりうる。

また、地方や議会や国庫を司る11hカスプ付近に孤立した天王星があり、「電気的な嵐:突然の衝動に支配される・制御不能な変化 」という暗示があり、これも気になるところだ。議員さんや地方自治体のお偉いさんその他「聖職・聖域」に携わる皆さんは今までを振り返る必要に迫られたり、衝動的な言動・失言にますます要注意な時代かもしれないw
その他、主に首都圏外では停電の増加に注意。

◆ヒンドゥー数霊術

運命数7 霊数1

令和という年号のテーマは「(良い意味で)諦めること」と「実践性」。占星術で言う所のドラゴンテイルと太陽を司る数のもとに生まれた元号となる。

進歩的かつ理想主義的。固定観念や慣習にとらわれず枠にもはまらない自由な発想と感性を発揮できる。芸術や哲学に適性。ただ、自分にも周囲にも現実離れした完璧主義や机上の空論(浮ついたビジョン)を押し付けてしまったり、物事を都合よく考えすぎたり、理想と現実のギャップを受け入れられず現実逃避に走らない注意。理想を追い求めるあまり目の前の現実を軽視したりすることなく、常に客観的に見たありのままの現実・現状の中にこそ実現可能な(実用的な)真のチャンスが隠れていることに気付くことがカギ。理想を実現させる手段は現実の中にしかないからだ。また、自分が思い描いたりこだわったりしている理想や欲求が何を意味しているのか、自分の無意識の何を象徴しているのかを解き明かすと吉。神秘主義やカルトにハマりやすくもある。

どんなに素晴らしく見えたり真理に見えたりする理想やビジョンも、破綻したり崩壊したのであればどこかに欠陥を抱えていた証。
時には自分が慣習や固定観念や狭い視野にどこまで囚われているのかを振り返ってみたい。

【余談】
秋篠宮さま、高齢で即位は「できない」 タブーの辞退論
悠仁様のお印であるコウヤマキをデザインモデルにしたスカイツリーが立った時、悠仁様の即位に至るルートを色々想像した。秋篠宮の高齢即位を否定するコメントの報道を見ると、令和時代は大正時代みたいに期間が短いかも。あの頃のカルマを解消し、あの頃は選べなかったもう一つの可能性を選び直すために、過去(のカルマ)が象徴的に再現されるようなことはあるだろうか?

令和時代の開運を占ってみた

« フランス機の皇居上空侵入で妄想 | トップページ | ノートルダム大聖堂火災に奇妙な偶然? »

占い」カテゴリの記事

コメント

初めまして。


>それが良い意味で今までの時代と人々を支配していた「浮ついたビジョン」の崩壊を促すだろう。真実が明るみになる。


大日本帝国妄想とか、おめでたいリベラルの綺麗ごととか、壊れるように思えます。


良い記事をありがとうございます。

>戴真人 様

初めまして。単なる占い遊びですが、お楽しみいただければ幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス機の皇居上空侵入で妄想 | トップページ | ノートルダム大聖堂火災に奇妙な偶然? »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ