« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月22日 (土)

北朝鮮ミサイルに関するデマに注意

北、サリンミサイル保有の可能性 日本に落ちてきたら数万人が犠牲に
北朝鮮ミサイル「サリン弾頭搭載の能力」 安倍首相
北朝鮮「サリン弾」Xデー 軍事専門家も警戒

「もしも北朝鮮がサリンを搭載したミサイル打ってきたら(サリンが飛散するから)撃ち落とすこともできずに無抵抗なままひたすら被害を受けるしかない」とかいう噂が一部でまことしやかに流れているそうだが、その話は上記の報道に尾ひれがついたか、(世論をどこかに誘導する思惑で?)余計な不安やパニックを誘発しかねない悪質なデマだと見ていいだろう。
(このデマ、改憲や敵基地先制攻撃容認論に利用するにはちょっとお粗末)

四国の議員が「サリン搭載してても普通に撃ち落とせる」と防衛省に確認した。

玉木雄一郎?認証済みアカウント @tamakiyuichiro
サリン弾頭のミサイルを北朝鮮が打ってきた場合、我が国のミサイル防衛で対応できるのかと防衛省に質問したところ、一般的には、高々度で撃ち落とすため、飛散のおそれはないとの答えだった。
https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/853980168049709059

※サリンは熱に弱い。よってサリンを長距離ミサイルに搭載すると大気圏再突入時の強い熱でサリンは分解されてしまう。
シリアで使われたサリン弾は低空の飛行機からばら撒くやつなので長距離ミサイルとは仕組みが違うとのこと。 

2017年占ってみた」にも書いたが、今年は「デマに注意」と出ている。

それにしても北朝鮮、今回と言い首相訪米時といい、なんか日本政府にとってはいいタイミングでミサイル実験をしてくれる気がするのだが、きっと気のせいだろう(妄想)。

2017.5月追記
今まで北のミサイルが領海に着弾した時でさえ日本は何もしてなかったのに今回の北ミサイル実験に限ってなぜか地下鉄を止めるという危機感演出。当然Jアラートは鳴ってない。
そして北が危険な兆候を示す言ってたアメリカ自身が北を挑発するかのように2回も弾道ミサイル実験。ミサイル開発に北の協力を得ているイランは選挙シーズン。

2017年4月16日 (日)

金正恩氏占ってみた(再掲)

以下は趣味で使ってる占いソフト「アストロロギア」で占った結果です。実在の人物を誹謗中傷する意図はありません。あくまでネタとしてお楽しみください。鑑定結果が捏造ではないことを示すため、ソフトの原文ママ。

月と天王星が非常に強いスクェア
鋭い感覚と独創性の持ち主だが、ややユニークすぎる。単に目立ちたいがために人と違った奇矯な振る舞いに及ぶ。天才肌ではあるが偏屈。異常な感覚を持ち、突然ぱっと気持ちが変わることが多い。ユニークな創造性を生かせれば吉。
(髪型はユニーク。目立ちたくてついミサイルを・・・?)

水星と冥王星が非常に強いセクスタイル
異常なまでの情報収集能力を持つ。知的能力や表現力も高い。異常なまでのすばやさという意味もある。

火星と木星が非常に強いセクスタイル
非常に情熱的でチャレンジ精神旺盛。精力的に活動し、ぐんぐん伸びてゆく。
(核実験にチャレンジするのも好き)

火星と海王星が強いセクスタイル
情熱とビジョンの調和。未来に向けて美しい夢を描き、夢の実現のために情熱を傾ける。勇気があり、勘も鋭い。直感的に大胆な選択をできる

水星と海王星が強い合
吉角・凶角両方の意味を併せ持つが、吉意が強い。未来に対して美しい夢を描き、それをはっきりと表現してゆく。芸術分野においては、幻想的で詩情あふれる表現力を持つ。ただし、やや耽美的、自己陶酔的で、押しつけがましいところあり。抽象的な学問分野にも適性。言葉で説明するとややこしくなる複雑な事柄を、イメージとして直観的に把握できる。
(古代ローマの皇帝ネロもそんな感じだったらしい。ネロも正恩氏も、派手好きで粛清しまくるところは似てる?)

木星と海王星が合
約13年に1度できる世代的座相。夢多き世代。騒がしい俗世間を離れて、清らかな自然の中で静かに生活したいといった願望を持ちやすい。目の前にある現実を軽視する傾向。個人的意味は、強い想像力。必ずしも「豊かで調和のとれた想像力」ではなく、やや鈍重で自己閉鎖的。自閉症的傾向も。
(誰かその願いをもっと早く叶えてあげて)

海王星と冥王星がセクスタイル
信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている。
(ある意味、彼によって南北が統一されるかもしれない)

太陽と土星がセクスタイル
活力と抑制の調和。長期的な展望をもって、コツコツと努力を続ける。遠大な計画を実現させることのできる才能ないしは素質が備わっている。冷静で落ち着きのある人柄。

月と金星がスクェア
わがままでぜいたく。虚栄心あり。尖鋭的な美意識を持つが、精神的な葛藤あり。しばしば母親や恋人と不和。
(人間不信になりやすい背景があった?)

水星と火星がセクスタイル
知性と情熱の調和。学問に適性。雄弁。情熱的に自説を語る。大胆でエネルギッシュだが、決して粗野や傲慢ではなく、フットワークは軽やか。次々と新分野にチャレンジする。

◆ヒンドゥー数霊術13
運命数4、霊数8。今生のテーマは「満足」と「親切・許し」
自分が本当に満足できる行き方を実現できていないか見つけることが出来ずにいて、その欲求不満・不完全燃焼といったフラストレーションが様々な代償行為に己を駆り立てるのかもしれない。
愛情不足で育ったのか、自我境界が未熟で不安定な印象も受ける。「自分の自我延長になる人間だけが自分を愛し肯定してくれる人間」という脳内図式が作られており、一度自我延長として認識した人間が自分の自我を満足させない動き(思い通りではない動き・自我に反する動き)をすると自分の自我を傷つけられ損ねられたように感じて許せなくなってしまうのかもしれない。
親切(おもいやり)とは、相手を独立した一個の人格をもった存在として尊重し合う関係の間でしか成立しないということを彼が知る日は来るのだろうか?

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ