« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月18日 (土)

イギリスEU離脱騒動で妄想

※以下に書いたことは全て個人の妄想です。

EU離脱か残留か、イギリスはどうなる? 日本への影響は

イギリスがEUを離脱するとかしないとかで市場を巻き込んだ騒ぎになっている。今回は趣味でやってる占星術、それもサビアン占星術(ホロスコープの位置1度ごとに360通りの運勢を暗示するための象徴表現(『チェスをする2人の男』とか『表現の機会を待つ人間の魂』)が割り振られ、その暗示表現を鑑定の参考に用いる占星術)を使って妄想してみた。

まず、イギリスの一年を占うためにイギリスの春分図をみる。

2016英国春分図 by かるか on pixiv

春分図ではEU離脱なら何かしら暗示が出そうなはずの場所(11室と3室))に星がない。そして気になるのが山羊座にある冥王星のサビアンシンボル。冥王星の位置に対応するサビアンシンボルは偶然にも「イギリスの国旗」。

冥王星(イギリス国旗)と吉の角度関係な魚座にあるキロンのサビアンシンボルは「新しい法を携えてシナイ山を降りる予言者」。イギリスにもたらされるのは旧約聖書でモーゼが始めた「新しい秩序に基づく新時代の夜明け」という感。そんなキロンと強く対立する位置にある乙女座ドラゴンヘッドのサビアンシンボルが何と「王家の紋章」。
驚いたことに、エリザベス女王がEU離脱を支持してると報道されたことが以前にあったのだ(報道記事)。「王家の紋章」だなんてまんまこれを暗示しているように見える。即ちEU残留はイギリスに「新しい秩序に基づく新時代の夜明け」といった事態をもたらす可能性。それに異論を持つのがエリザベス女王というわけか。

春分図でさらに注目したのは射手座に位置する土星のサビアンシンボル。これが「復活祭の日の出の礼拝が多くの人々を集める」・・・イギリスの明日を決める投票に世界中の(経済市場含む)が注目する様子をイメージした。
そしてこの土星は投票日に「旗が鷲に変わる。鷲は夜明けを告げる雄鳥になる」というサビアンシンボルが割り当てられた位置へと移動する。これ見て鳥肌が立った。鷲はEUのリーダーであるドイツの国章デザインだからだ。
ドイツの国章
EUからの栄光ある孤立(イギリスの国旗)よりも、EUに残留し(ドイツをリーダーと認めて)EU内の1地域になる(旗の意匠をユニオンジャックから鷲に変える)方が良いと思う人が多くて選挙結果が「残留」だった場合、しかしイギリスもまたEU内で隠然たる発言力を維持しそうではある。
ざっくりまとめると、サビアン占星術に出た暗示は「イギリスの旗→ドイツ(EU)の旗」という暗示。英はEUに残留するかもしれない。今回の件で経済を心配していた人々(日の出礼拝に集まった人々)は「夜明けを伝える鷲」のお蔭で一安心するだろう(それまでが大惨事っぽいが)。

イギリス春分図では短期金融市場なども司る2室に突発的な変化を意味する天王星がある。今回の騒動、市場心理の不安ゆえに株価や国債の値が急に変な動きをすれば、それを利用して儲ける人もいるだろう。この選挙、EU離脱の可能性をさも恐ろし気に宣伝することで市場を慌てさせてボロ儲けすることも目的の一つだったりして(陰謀脳)。

2016.6.24追記
選挙結果はまさかの「離脱」になり、キャメロン首相は辞意を表明。今後イギリスにもたらされるのが「新しい秩序に基づく新時代の夜明け」であることは確かだが、選挙では英国旗が鷲に変化しなかったので予想と反対の意味になった。
しかし、実は選挙結果が「離脱」でも国民投票には法的拘束力が無く、EUとの交渉や英国議会(国会議員の過半数が残留派)次第で覆る可能性があるという(報道記事)。まだ目が離せない。
もしこのままイギリスがEUを離脱すると、英はEU内でのイニシアチブは持てなくなる。その分ドイツのイニシアチブはより強まるかもしれないが、「(EU内で)旗が鷲に変わった」としても各国のEU離脱ドミノも懸念されている(報道記事)。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ