« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月14日 (土)

鳩山氏のクリミア訪問で妄想

※以下に書いたことは全て個人の妄想です。

鳩山氏クリミア訪問、右翼団体一水会の協力あり 「対米自立」方針で一致か?

◆鳩山氏の真意はどこに?
 いくつかの海外紙は、今回の鳩山氏の個人外交の背景には、アメリカに近すぎる日本への懸念があると解説する。
 ロシア『Sputnik International』によれば、鳩山氏はクリミアでの会見で、「ロシアとの再統合を選んだ昨年の住民投票は、ウクライナの憲法に則り、平和的に民主的手順に従って行われたもので、クリミア住民の真意を現したものだ」と語っている。それゆえ、同氏は西側のロシアへの制裁には反対しており、本来「アメリカから離れ、独立した」外交政策を追求するべき日本が、圧力を受け制裁に参加したことを問題視。日露関係の改善が急務だと述べたという。
 AFPも、鳩山氏の、日本は「西側、何よりもまずアメリカ」にならってきたというコメントを紹介。「日本と西側のメディアからの情報が、一方に偏したものであることは恥ずべき。真に存在する事実を公に知らしめるための勇気を持たねばならない」と述べたという。

 鳩山氏のクリミア訪問団には、新右翼政治団体『一水会』のリーダー、木村三浩氏も同行している。一水会は「対米自立」を掲げ、以前からアメリカ寄りの政策を批判してきた。その部分で鳩山氏と考えが一致したようだ。AFPによれば、木村氏は、今回のクリミア訪問は「歴史的」で、「日本の外交政策に影響を与え、それを変えるチャンスになるかもしれない」と述べたという。

◆鳩山氏のクリミア訪問を占ってみた
以下は鳩山氏のクリミア訪問を趣味の占星術で占った結果のメモ。専門用語を乱発させているので占星術出来る人以外にはわかりにくいからスルー推奨。この次の章で占いを踏まえた妄想を書く。

権力の執行機関を司るMCが双子座。鳩山氏の行動のバックには双子座の何か(多極体制を推進する多極派?)がついているのか。彼一人の衝動的な行動にしてはタイミングが絶妙過ぎか。
同盟国を示す7室の雄羊天火合が国土を示す4室山羊座冥王星とスクエア。クリミアの同盟国はロシア(山羊座)。まさに「領土問題と暴発」といった感。クリミアは当然ながらロシアの影響が非常に強い。ロシアではクリミアに原潜なり核兵器なりを置きたがっている(世界情勢を大きく変えたがってる)急進派の軍人がいるって報道があったが鳩山氏の動きもそんな情勢変化を志向する流れの一部なのか(冥王星は核も司る)。
火天合が獅子座木星とトラインだからその流れは獅子座の国にも歓迎すべき効果をもたらす?

水瓶座(日本と鳩山の星座)の5室水星が双子座MCとトラインだから実は鳩山氏が将来の日本とロシア(多極派)の関係を円滑にしていくきっかけになってる可能性もあるのかもしれない。その時の日本は多分安倍政権じゃない気がする。
鳩山氏は将来の政権のためにロシアと組んで動いてる? 次の政権は現政権よりもロシアとのパイプを持っているのだろう。5室だし水星だからやはり経済関係で?
それと件の5室水星は8室雄羊金星とセキステル。なんでか分からないけど今日の15年ぶり株高と鳩山氏のパフォーマンスは関係しているんじゃないか? どこかの大金持ちが対米自立を主張する一水会を連れた鳩山のクリミア訪問(日露を近づけ日米を離す準備?)を歓迎しているってことはあるのだろうか??

◆日本の本当の自立?
鳩山氏は対米従属戦争ビジネス路線を選んだ安倍政権以降の、将来の政権のために動いてると妄想。もしその政権が対米自立目指すのならロシアと今以上に協力し合うのは必然(でも頼り過ぎは禁物)。
そんな「未来の政権」のために鳩山氏は予めロシアとの関係を強化しパイプ作りしてる?
そういえば、当時翁長沖縄知事が那覇市長だった2002~2003年にロシアのゴルバチョフ財団やチャイコフスキー財団の支部が那覇に立て続けに出来たのは、既にあの頃からそういうことを見越してたのかも。じゃ翁長氏も鳩山氏と同じ陣営(多極派)ってことかもしれない。もしそうなら、鳩山氏が動いたことで翁長氏は基地問題の件で本格的に強気の攻めに転じそうだ(実は雛型論だと沖縄が日本に照応している。沖縄の動きは日本全体に波及するかもしれない。沖縄は今年の恵方方角にあるし・・・)。
さらに、ロシアと縁深い鈴木宗男氏も鳩山氏らと組んで何やら動き出した()。
(ロシアが南の方と貿易する際のハブに沖縄を使うと便利そうなので、ロシアはそういうことも狙ってる?)

噂によると、日本には軍産複合体とつながった「対米従属利権」なるものが官僚達の間にずっとあるらしい。だから日本にはアメリカが衰退してもアメポチを辞められないようにする力が働いているとか、米軍は沖縄から撤退しても構わないし鳩山氏も基地移転に乗り気だったのだけど、官僚達がそれを許さなかったとか言われている。私はその噂が個人的に気になっている。以前こんな記事を書いたから(最後をサスペンス風に妄想しちゃったのはちょっと中二病的悪乗り)。
それと、ちょっと気になって調べてみたら、従来の軍産複合体に牛耳られた米一強な一極的世界秩序から多極的な世界秩序(多極体制)へと世界情勢をシフトさせようとしている水面下の動きが米の政財界内にあり、あの戦争ビジネスやってるネオコンの中にもそれを志向する派閥があるとの説を唱える人の存在を発見した()。もしその説が本当なら、日本は利権に執着し続ける(=米国に依存し続ける)とアメリカの衰退に巻き込まれかねない。それが嫌ならいつか自立を余儀なくされる。

それを踏まえているのかいないのか、鳩山氏とプーチン氏は(ロシアにとってもメリットがあるので)日本の対米従属利権構造を外圧使ってまで変えようとしてるのかもしれないが、その変化をロシアに丸々利用されてしまうのは危険だから日本自身の意志で主導権を持って対米従属利権を崩壊させるのがベストだろうと思う。
国内の変化を外圧に頼りっぱなしだと外国(この場合はロシア)の傀儡政権が国内に出来てしまい、対米従属から対露従属に変更されるだけで本質は何も変わらなくなってしまう。ほぼ幕末の開国と同じパターンのカルマになるだけだ。英国の支援を受けた幕末の薩長及び明治政府もまた、英国やそこに住む武器商人・資本家達にとって都合のよい存在だった。富国強兵(戦争ビジネス含)の開運呪術「靖国」は、彼らにとっても都合のよい呪術だったのだ。近代日本の歴史は古代東征のカルマが引き起こしたものでもあるというオカルト説は以前からこのブログで述べた通り()。

ロシアとパイプを持った新しい日本の政権(傀儡政権化注意)の台頭・・・。
前の記事の「◆陰謀論的妄想」の章でも書いたが、国民のストレスや現政権への不満を利用して突如救世主のように現れ大衆の熱狂的な支持を集めて台頭する新勢力(=溺れる者にとっての藁)というシナリオがこれに使われたら・・・うん。昔のナチス台頭時とそっくり。こういうのに国民が引っ掛かると幕末以来のカルマを踏襲し傀儡政権化を招いてしまうので、主権者である我々がちゃんと手綱を取らねばならない。
重ねて書くが、今後何があっても扇動されたり感情的にならないで冷静さと判断力を見失うことなく、一歩引いた所から客観的に冷静な観察をするように心がけたい。

311で龍脈が大変動した(=龍脈が歪みを正したので日本の運気の歪みも正せる)わけだし、日本の集合無意識にある権威主義(泣き寝入り暗示)と依存体質の呪縛に抑圧された本当の個性とそれに支えられた主体性(自我境界)を解き放つ時が来た。そのためには、私たち一人一人が自分の中で解き放つ作業をすることも大切だ。
この国の独特で唯一無二の個性は、自立して独自の可能性を歩む力、そんな運勢を作り出す力を十分持っている。 その力は少しずつ表に現れてくるだろう。時間はかかかるし問題は山積みで、亀どころかカタツムリみたいな進行速度かもしれないけど、この国の龍脈は既にそっちに向かって本気で動き出している。
北陸新幹線の開通で大陸の北龍(ウイグル~北京~半島~日本を結ぶ大龍脈)が首都と直通になることも、この国の変動進行を加速させるだろう。

鳩山氏占ってみた
プーチン氏占ってみた
翁長氏占ってみた
2015年占ってみた

2017年2月追記
あくまでオカルト妄想だが、雛形論で日本に照応する沖縄が貿易ハブとして有益なら、恐らく日本列島自体が独自の貿易ハブ国として自立していく道を目指すことが国を開運させるかもしれない。東京タワー(火気の塔)が象徴する時代を終えた現在、次世代のシンボルであるスカイツリー(木気の塔)は燃料ではなく船材や帆柱に適したコウヤマキがデザインモデルだ。あの塔、見張り台付きの帆柱ないし灯台に見える。まさに「貿易の船が行き来するハブ国」にふさわしいデザインだと思う。
地の利を生かし対米従属でも対露従属でも対中従属でもない独自の立ち位置で巧みに老獪に国際社会の中で独特の役割を発揮できれば、日本はハブ機能のみならず国際的ないざこざの調停役として「和」を広める存在にもなりえる。物騒な軍拡や核武装に走らなくてもその役割自体が平和を作る。
だがその運勢実現のためには、まず国内で「和(スタンドプレーから生まれるチームワーク)」を実現させなきゃいけない。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ