« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月 2日 (火)

選挙戦占ってみた

以下、趣味で使ってる占星術ソフト「アストロロギア」より。鑑定結果が捏造ではないことを示すため、ソフトの原文ママ。
特定の個人や団体を誹謗・中傷する意図はありません。あくまでも遊びの占いと個人のオカルト妄想です。ネタとして楽しんでください。

天王星と冥王星が非常に強いスクェア
異常なまでの大事件の可能性を示す世代的座相。あまり強い意味はない。

太陽と木星が非常に強いトライン
活力と発展の調和。勢い良く、どこまでも伸びてゆくことができる星回り。精神的には高潔で、寛大。王者のような貫禄がある。
(比較的若い議員が活躍?)

金星と海王星が非常に強いセクスタイル
幻想的な詩や音楽など、夢幻の美の世界に適性。美しいビジョンを持った平和主義者。精神的に調和がとれており、温情的。謎めいたところがあり、それが不思議な魅力となっている。リリカルな恋愛を好み、夢のような甘い話が大好き。恋愛運は良いが、ひそかな片想いで幸せを感じるとか物語の中の人物に恋をするといった場合も含まれる。
(浮かれたバブル景気という意味もある)

太陽と月(半月)が非常に強いスクェア
エネルギッシュで、鋭敏な感受性を持つが、やや浮ついている。浮き足だったり、調子に乗って浮かれ騒ぐ傾向。内面的なエネルギーは高い。人生において、たびたび今までのやり方を見直し、反省する必要に迫られる。その努力を惜しまなければ、飛躍的な発展につながり吉。
(株価の浮かれた高騰と市民生活の乖離が争点になることを星も示してる?)

水星と木星が弱いトライン
高度な知性を持つインテリ。こけおどしや表面的な雄弁ではない堂々たる表現力を持つ。生き生きとした精神の持ち主。陽気で高潔。フットワークも軽やか。さわやかな好人物。
(そのように振舞う人が注目を集める?)

太陽と水星が弱い合
活力と知性の結合であるが、あまり強い意味はない。一応、インテリタイプの合理主義者と解釈できる。しかし、他の配置によっては、太陽の「消耗」というマイナスの意味が出て、なまくらな知性、あるいは神経衰弱となる(いわゆるコンバスチョン――燃焼の合)。
(誰かが失言する? 太陽は首相or権威者を暗示することも)

月と水星が弱いスクェア
神経質で移り気。情緒不安定。イライラしやすい。実際に感じることと表現することとのあいだにギャップがある。虚言癖、または、生まれ育った環境のせいで気持ちを素直に表現できない。行動にも気紛れで軽はずみな要素あり。知的好奇心は旺盛だが、飽きっぽく、物事を表面的にしか理解しない傾向あり。
(やはり金融経済と実体経済との乖離感を無視したパフォーマンスを連想。月のある乙女座は安倍氏の星座)

感想
ホロスコープではスキャンダルや公営賭博も表す5室に星が集中している。今回の選挙でカジノ構想の運勢に何らかの変動が起きる可能性もある。
個人的には、日本の裏鬼門に位置する沖縄の知事選で発生した運気が本土まで届く印象あり。
実は沖縄という場所は、雛型論で言うと日本に照応しているという説がある。そして、チベット~香港~台湾
といったエリアと巨大な龍脈「南龍」で結ばれていて、それらの地域と象徴的な運気共鳴が起きやすい。ここ数年、そして現在、南龍が通ってる件の地域がどんな運気になってるかはご存じの通り。


安倍首相と日本の金運

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ