« 地母神ゆずりのセンスを生かして | トップページ | 動画版出来ました »

2014年7月 5日 (土)

集団的自衛権行使容認閣議決定占ってみた

※以下は趣味でやってる占星術ソフト「アストロロギア」より。鑑定結果が捏造ではないことを示すため、ほぼソフトの原文ママ。あくまでネタとしてお楽しみください。

ホロスコープはこれ

集団的自衛権行使容認閣議決定 by かるか on pixiv

月と水星が非常に強いセクスタイル
感受性と表現力が調和。生き生きとした鋭敏な感性を持ち、いろいろなことに興味を持つ。自分の気持ちを、柔軟に魅力的な表現で言い表すことができる。
(月は国際的な経済関係、商売を司る水星は米国を示す位置に。今回の決定で解禁される新しい儲けの可能性に政財界も市場も興味津々?)

金星と海王星が強いスクェア
夢のような甘い話に弱く、インチキなセールスにひっかかりやすい。将来に向けて美しい夢を思い描くが、おおかたは机上の空論。夢はあっても地道な努力が嫌い。そのため心の中に葛藤が生じやすい。快楽主義者。酒や麻薬におぼれる。夢想の能力を建設的に生かせれば吉。
(平和の象徴金星は軍事、海王星は貿易や情報を示す位置。期待していた夢は泡と消える? しかし、そんな予想外の誤算が社会を今までになかった新しい展開へと導く可能性)

太陽と海王星が強いトライン
活力とビジョンの調和。意識の高い理想主義者。単なる理論に終わらず、未来に向けて実際に行動してゆくことができる才能ないしは素質がある。美しい夢を持ち、精力的に活動する。行動にはうるおいと深みがある。豊かなインスピレーションに恵まれ、想像力も大。
(太陽が米国を示す位置にあるので、これは防衛予算削減&軍産複合体の宿主をやめたい米国についての暗示。海王星が情報を司る位置なので、米は今回の件に関してCIAや日本NSCと良好な関係を持てたのかも。自民党の誕生にCIA大きく関わっていたことは一部で有名。日本は一度アメリカから来た『厄介者達』に感染し宿主になる。でもそこで、厄介者達すら変容させるような力が発動しそう)

火星と天王星が衝
わがままで、どこまでも自分勝手なことを続ける。そのため世間との摩擦が多く、本人も周囲も不幸になりやすい。偏屈でへそ曲り。向こう見ず。突発的な事故や怪我に注意。今まで続けてきた物事を急にほうり出すなど、情熱の方向が突然変化するという意味もある。
(変革を司る天王星は国土や龍脈を示す位置。火星は政権を示す位置にあるので、これは政権及び『厄介者達』についての暗示。『目先の欲求さえ満たせれば後や周囲のことなんかどうでもいい』という発想(=厄介者を支配し操る爬虫類脳的発想)に毒された(=感染した)政権が日本の龍脈と対立している。竹中平蔵氏も同じ暗示を持っている。この星回りに象徴された性質は、ネオリベや軍産ビジネスの世界(=厄介者達の世界)に共通する発想だと思う。それがどこかで同じ波長を抱えてた日本にも本格侵入してきた印象。この風潮、震災時に暴動を起こさなかった日本人本来の美徳とは真逆のもの。龍脈はそういった諸々に運気を供給しない暗示。むしろ日本人本来の美徳が爬虫類脳的発想を変容させるかもしれない)

太陽と冥王星が衝
異常なまでの行動意欲を持っているが、無理のしすぎでかえって失敗しやすい。休むことを知るべし。
(太陽は米国、冥王星は主権者の位置。今までの進め方が強引過ぎた。反動としわ寄せが怖い。『厄介者達』を日本に押し付けたい米国の意志を反映した今回の閣議決定は主権者の運気と真っ向から対立している。冥王星は死を司る星でもある。また、日本独自の開戦規定を持てない現状()での集団的自衛権行使は米国などのパシリとしてこき使われかねない懸念)

天王星と冥王星が弱いスクェア
異常なまでの大事件の可能性を示す世代的座相。あまり強い意味はない。
(変革を司る天王星は国土や龍脈を示す位置。震災以降の龍脈が志向する運気は先述の爬虫類的発想が支配する世界でも国民に死者を出す方向でもない。太陽・冥王星・天王星はTスクエアになっている)

土星と冥王星がごく弱いセクスタイル
非常な堅実さを表す世代的座相。必ずしも強い暗示ではない。
(土星は自民党の星座にして国庫を示す位置。冥王星は主権者を示す位置。軍産ビジネスの儲けで景気UPを後押し? でも効果は弱そう。仮に儲かっても手段が軍産ビジネスという死の商売では喜びにくい)

海王星と冥王星がごく弱いセクスタイル
信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている
(むしろ信用できない絵空事って感じがするw 確かに1940年代後半や60年代のカルマは感じる。独立国に独自の開戦規定がないまま集団的自衛権行使という矛盾も気になる)


ヒンドゥー数霊術
運命数6 霊数1 秘めたるテーマは「あきらめること」と「自己鍛錬」
6は金星、1は太陽を表す。目先の欲望に屈さない自己鍛錬と、ワガママをあきらめること。
今回のホロスコープでは平和を司る星がよりによって軍事を示す位置にある点から見ても、今回の件を強引に儲けに利用するのはあきらめた方がいい気がする。

竹内平蔵氏占ってみた
秘められた力←1940年代後半のカルマにつながるもの
急増する米兵の不祥事から妄想←予兆はこの頃既に・・・
W遷宮~自衛隊で妄想

« 地母神ゆずりのセンスを生かして | トップページ | 動画版出来ました »

ニュース」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

コメント

小生、ロンバート氏に関しては、あまり教養を感じないところがあったりして、全面的に信用しているわけではありませんが、かなり有名な霊能者ですし、
今日の透視にはちょっと合点がいったので、参考までにWEBアドレスを貼っておきます。

「唯一言えるには、中国は、日本政府を戦争屋に見せようと、見事な動きをしていることです。
※翻訳者:@wakeupfollow」
という部分でが。

http://fs-astrology.com/fs-prophecy

 また、「自民党に米国CIAが関わっている」件ですが、
当時のGHQ担当者の人選の影響もあって、GHQの残した遺産があまりにも左翼的で、スターリンのプロパガンダの影響下に有り過ぎる危険を感じ、CIAがかなり関与したと思っています。
 
 しかし、これを強調し過ぎる論調は、共産勢力・左翼勢力が、これを強烈にアピールし、自分たち左翼勢力や進歩的文化人の立場を正当化しようとしている面もあると思っています。


> 愛国の素浪人さん
ロンバート氏、ちょっと面白い経歴の人ですね。最近は本を売るためかかなり大げさでセンセーショナルな(お騒がせな)物言いになっている気がします。2016年に気になる星回りが発生するので彼が2016年をどう予言するかにはちょっと興味があります。
それと、リンク先にある「-北朝鮮と日本が利害一致(※対中国)ノーコメントです。」がすごい気になりますね。北朝鮮は江沢民派共々CIAと縁が深いと言われてますから。

いわゆる「左翼的勢力」ですが、今となっては9条並に無力な存在ではないかと思います。しょせんは使い捨ての道具。エネルギーを補給されなければまともに機能しないという点では呪術結界と同じです。
今エネルギーを入れられて新たに台頭しているのは保守系の新興カルト宗教ですかね。自衛隊の中にもかなり入り込んでいて問題になってるようです。

やがては自民党や保守系カルト達もハシゴを外されて使い捨てなんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/59921557

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権行使容認閣議決定占ってみた:

« 地母神ゆずりのセンスを生かして | トップページ | 動画版出来ました »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ