« ウクライナ情勢からの妄想 | トップページ | ウラジーミル・プーチン氏占ってみた »

2014年3月12日 (水)

マレーシア機失踪で妄想

※以下に書いたことは全て個人の妄想です。占いで行方不明機の位置が証明できるとは思わないでください。

不明のマレーシア機を10カ国が捜索、手掛かりなく「前代未聞の謎」
マレーシア機、消息絶つ前に別の航空機と通信=「静電気の影響を受けている」―マレーシアメディア
不明のマレーシア機捜索、マレーシア政府が占い師も起用=中国報道

8日に消息を絶ったまま行方が分かっていないマレーシア・クアラルンプール発中国・北京行きマレーシア航空370便の安否について、マレーシア政府が捜索活動に占い師まで動員しはじめた。半島晨報が12日報じた。
 記事は、マレーシア政府関係者が11日に「行方不明のマレーシア航空機を探すために、どんな方法も惜しまない」と語り、イスラムの教義に反しない限りは占い師を含むいかなる人物の捜索活動参加を受け入れる意向を示したと伝えた。
 そのうえで、宗教関連事務を担当するジャミル・キール首相府相が、同国内の著名な占い師をクアラルンプール空港に招き、航空機の位置を透視してもらう試みが行われたことを明らかにしたと紹介した。

 占い師は空港の入り口で祈祷したところ、「飛行機は空中にいるか、もしくはすでに海に墜落したが、陸地には墜落していない」とのインスピレーションがあったと語った。

未だに機体の残骸も破片も見つからない行方不明のマレーシア機。乗客の携帯電話がつながるという噂があったり、マラッカ海峡を飛んでいたという話が出たり、他にも色々情報が錯綜していてさっぱり分からない。、ベトナムにいるという陰謀論まで登場している。こうなると占いに頼りたくなる気持ちも分からないではないが、政府が占い師まで動員しちゃうのは日本じゃ考えられない発想だ。マレーシアという国の文化やお国柄が反映された現象だと思う。基本的に、中国南部~東南アジア地域の人は占いが好きなようだ。路上で占いやってた頃にも時折そっち方面から出稼ぎに来た人がお客になった。
なお、上記とは別の霊媒師によれば「海に突っ込んだ」という(記事)。

じゃあ私も趣味の占星術(さして当たらない)でちょっと見て見ようかと思ってまず事件発生時のホロスコープを作成。

マレーシア機失踪(改) by かるか on pixiv


ホロスコープで最も星が集まっている星座が魚座、そこには海王星もある。「飛行機は海にある」という呪術師や霊媒師の見立てはあながち的外れじゃないのかもしれない。ただ、残骸が全く見つからないというのが不思議だ。まさか何者かが墜落か空中分解したように見せかけて飛行機ごと乗客を拉致してしまったんじゃないかと一瞬思ってしまった。管制レーダーやGPSなど、コンピュータ頼みの情報はハッキングすればいくらでも嘘情報を流せるからだ。
どうやら中国は今回の事件を利用したがっているようなのだが(記事)、まさかそのためにわざわざそんなことはしてないと思う。

◆地震が示す奇妙な偶然?
「飛行機はタイ湾に落ちた」と言われているが、今も残骸らしきものが見つからないとなると、もしや飛行機はタイ湾とは異なる場所にあるのだろうか? そこで今度は「アストロマップ」という方法を試してみた。

マレーシア機失踪のアストロマップ by かるか on pixiv


個人的には、水色(木星)と薄紫(天王星)を示す各2本の線が通っている海域、とくに線同士が交差しあって菱形になっているエリア。そこが気になる。
菱形のエリアはスマトラ島南部の陸地か、そこから程近い海にかけてのエリアだ。
で、このエリアの海の方が、偶然にも2000年に起きたスマトラ沖地震の震源域、そして2007年に起きたスマトラ沖地震の震源域である。どちらも大きい地震なだけに、大きな龍脈変動(=運気変動)だった。大きな龍脈の変動は時に付近を通る交通機関の計器を狂わせることもあるが、マレーシア機の進行方向と件の場所は反対方向である。ゆえにマレーシア機失踪の原因が大変動した龍脈付近を通過したことによる計器異常とは考えにくい。
しかし、例の菱形のエリア・・・失踪機はこの付近を通過したんじゃないか? と思えるような印象深いアストロマップが出来上がった。

・・・そんな個人のヨタ話はさておき、こっちは実話。

米カリフォルニア沖を震源、M6・9の地震
米地質調査所によると、9日夜(日本時間10日午後)、米カリフォルニア州北部ユーレカの沖合約80キロの太平洋を震源とする地震があり、マグニチュード6・9を観測した。
AP通信によると、地元警察に大きな被害の情報は寄せられておらず、津波の警報も出ていない。

今回のマレーシア機失踪事件発生2日後、アメリカで珍しく大きな地震が起きた。
震源に近い都市の名前は「ユーレカ(Eureka )」。
・・・ギリシャ語で「私は見つけた」という意味だ。 
飛行機が失踪した2日後に「私は見つけた(Eureka)」という地名で大きな地震て・・・;
ちなみにユーレカにまつわる逸話を見ると、やはりキーワードは「水中」だ。多分飛行機も今は水の中か。

事件のホロスコープおよびアストロマップで事件を占うときにポイントとなる星達の一つが多分木星なのだが、その木星が入っている星座は蟹座。そして、蟹座はアメリカの星座でもある。アメリカが飛行機失踪直後に龍脈変動(=運気変動)を起こしている。あの国は、この事件で運気を変えるのか? 「私は見つけた」って、まさか・・・
まさかとは思うけど、アメリカは既に行方不明のマレーシア機について何かを知っているが世間には秘密にしてるんじゃないか? 地震のこともあるし、失踪事件との関係を別にしても、あの国、何だかこのままじゃ済まない運気になってしまいそうな・・・
などと全く根拠のないオカルト妄想をしてしまった。

妄想終わり。
行方不明機と乗客達が一日も早く発見されることをお祈り申し上げます。

« ウクライナ情勢からの妄想 | トップページ | ウラジーミル・プーチン氏占ってみた »

ニュース」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/59281141

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア機失踪で妄想:

« ウクライナ情勢からの妄想 | トップページ | ウラジーミル・プーチン氏占ってみた »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ