« NSC局長の記事から妄想 | トップページ | 聖なるメディアリテラシー »

2013年12月27日 (金)

首相の靖国参拝で妄想

※以下に書いたことは前記事の「追記」から発展した個人の妄想の続きです。同じ内容が重複するので「追記」は削除しました。

安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初 
中韓メディア「感情踏みにじる」 靖国参拝、米紙も懸念
靖国参拝「中韓との関係改善に役立たない」EU
米国務省も批判、首相の参拝に「失望している」

米メディアも、首相の靖国参拝を引き続き批判的に報じている。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(アジア版)は 26日の社説で、「日本の軍国主義復活という亡霊を自らの軍事力拡張の口実に使ってきた中国指導部にとって、 安倍首相の靖国参拝は贈り物になった」と指摘した。

よりによって毛沢東生誕120周年の日に限って靖国参拝サプライズ。中国とタイミング示し合わせてるでしょこれw
前記事にも書いたが、さる噂によれば、日本(特に自民保守派・防衛族)、中国(特に江沢民派)、韓国(統一教会)はアメリカの軍産複合体をパトロンに持つ保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」とつながっているという。
嫌中韓ブームの今なら中韓が嫌がる事をしただけでも喜ばれ支持が上がる。中韓は靖国を口実にした嫌日文化で国民のガス抜きが出来る。 中国が「右傾化する日本」を口実に軍拡し、それがアメリカを刺激して米中・日中緊張が煽れればアメリカの軍産複合体が儲かり、日本が中国との緊張を口実に防衛予算を上げると三菱重工などの日本の軍産企業も儲かる(防衛分野と関わる企業秘密は特定秘密保護法で守られる?)。
おくびにも出さないが、今回の参拝、日米中韓全員がどこかで何らかのメリットを得ていたりして。
自衛隊OBが戦術指導の役割で「遼寧」に乗ってる()というのも、日本と中国が「ガス抜き&防衛」という点で馴れ合いしてる背景がそういう現象を起こす一因になってるんじゃなかろうか?

また、今思うと朴大統領は首相の靖国参拝時期を知ってたみたいに先月欧州各地で予め従軍慰安婦問題をスピーチしていた。やはりその頃アメリカ各地に立つ慰安婦の碑が日米で話題になっていた。首相が参拝すると案の定、彼女が回ったEUと慰安婦碑が立つアメリカはいつになく素早い非難声明。
日本政府は米国に対し事前に外交ルートを通じて首相の参拝を連絡した。中国へも知らせたが、韓国には伝えなかった産経)というのは、・・・そういうこと?
とすれば、南スーダンで韓国軍に銃弾を提供したタイミングが意味深。

「いがみ合わせてガス抜き&目眩まし」という手口は当分続くのだろう。しかし国民のガス抜きは、刺激に慣れてしまうとガス抜き効果がなくなってより強い刺激が必要になる。ストレスの源を解決しないその場しのぎのガス抜き(憂さ晴らし)は底無しの依存症を引き起こす。
今、日中韓全てがそのリスクを背負っている。日本の場合、憂さ(ストレス)の源には集合無意識下に巣食う泣き寝入り根性と自我境界の未発達さがある。だからこそ、日本国の自我境界(国境)をテーマにしたガス抜&目くらましという運気が発動したか。
・・・そんな妄想が浮かんだ。

近代日本の国家開運呪術装置「靖国」も震災時の列島龍脈変動で呪術的な機能は失われ、ただの戦没者慰霊碑&資料館みたいなものになっている。空襲でも燃えなかったのに簡単に放火・放尿されたのは結界機能が落ちたからだ。
あそこはもはや戦争で日本に国家開運をもたらす機能なんか無い(=日本を軍国主義で強くする力なんか無い)から、安心してお参りすればいい。というか、これから政治家達がばんばんパフォーマンスに利用する場所になるだろう。中韓すら反日パフォーマンスに使う。

国のために犠牲となった戦没者達は、死後も政治の道具にされるってワケだ。世知辛いなあ・・・
戦没者達は政治家に供養してもらう(=パフォーマンスのダシにしてもらう)ことよりも、それぞれのおうちやご遺族の手でちゃんと供養するのがいいだろう。 この国は、お偉いさんじゃなくて一人一人の国民で出来ていることをお忘れなく。

それと、国民が靖国参拝サプライズに気をとられてる隙に国内から不満の出そうな政策をこっそり通してしまう可能性を懸念。

靖国放火事件にまつわる奇妙な偶然

2014.1.20追記
ヘリテージ財団の論文和訳
2010年以降が正確に予言されている。極めつけはこれ↓

日中関係の悪化と安倍政権誕生によるナショナリズムの高揚が「日米同盟の健全性維持のために死活的に重要な数項目の政策目標を達成する絶好の機会である」

けれど安倍氏の進んでいる方向は必ずしも都合のいいものばかりではなく、「日本の戦中行動に関する安倍氏の修正主義的発言は実に厄介。同氏がそうした発言に基づいて行動したり、首相として再びそのような発言をしたりすれば東アジア地域に長くくすぶる反感を不必要に刺激する事態になるだろう。むしろ日本政府は、韓国人の感情を満足させ、戦略地政学的な利益のためにこの地域にくすぶる憤りを利用しようとする中国の活動を終息に向かわせるような内容に、その償いと謝罪の声明を見直すべきである」とも書いてある。アメリカが靖国参拝を「失望」と評したのはそのせいか。

« NSC局長の記事から妄想 | トップページ | 聖なるメディアリテラシー »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

最近の日中韓の揉め事が実は日米中韓の合作である、という見方には同意しますけど、
しかし、それは「ガス抜きのみ」が目的じゃないと思いますよ。
日本の場合、中韓との対立でガス抜きできる層が非常に限られてるからです。そしてガス抜きにしては規模が大きすぎる。
個人的にアメリカを含めた東アジア地域再編の一環だと見ています。
安倍政権になってから急速にインドやロシア東南アジアと関係が深まってます。ここは安倍外交で最も注目すべき点の一つです。
折しもオバマ政権になってからアメリカの国際的影響力が低下し続けているのも意味深ですよね。いや、アメリカの海外への関心が落ちていると見るべきか。そしてアメリカの日本をわざと怒らせるかのような言動・・、そして反射的に起こる日本の対米不信、それでいてしっかりと進む日英米軍事協力強化。従来の「アメリカか、中国か(韓国も)」という単純な二択から脱しつつあるのじゃないでしょうか。韓国も朴政権になってから中国との関係を深めつつあります。そして来年に実施されるアメリカの韓国への戦時統帥権返還、全在韓地上軍の撤退、合わせて起きる日韓関係の悪化・・
現在アジアで起こってることはガス抜きよりもっと大きな東アジア全体の変動のうねりの一部ではないかと感じています。

>かららさん
そうですね。日本のもくろみは多分ガス抜きだけじゃないのかもしれませんね(ガス抜きは中国の方が切実?)。
とまれ、一般人には何がおきているのかよく分からないし、知らせたくない印象。
「いがみ合っているように見せかけているけど実はつるんでる」という点では冷戦時代と似てるように見えなくも無いです。

>大きな東アジア全体の変動のうねり

いやー。不気味・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/58830939

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の靖国参拝で妄想:

« NSC局長の記事から妄想 | トップページ | 聖なるメディアリテラシー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ