« 宮崎駿氏占ってみた | トップページ | 台風一過 »

2013年9月 8日 (日)

東京五輪決定で妄想

東京五輪開催決定 決選でイスタンブールに60対36

国際オリンピック委員会(IOC)は7日(日本時間8日)、アルゼンチン・ブエノスアイレスでの第125次総会で、2020年夏季五輪の開催地に東京を選んだ。1964年以来56年ぶり2度目の夏季五輪で、アジアでは2008年北京大会以来3大会ぶり。東京は安定した財政・都市基盤や開催能力を前面に押し出し、失敗した16年招致の雪辱を果たした。

「経済再生、絶好の機会」東京開催、企業トップも歓迎
石原前都知事「たいまつ消さず良かった」 五輪東京開催
石原氏は「戦争直後の東京五輪の招致も1回目は挫折し、2度目の挑戦で成功している。ま、そんなもんだと思います」と語りながら、喜びを見せた。
都知事時代には、16年五輪の招致を目指したが失敗し、20年招致への挑戦を09年に表明していた。「今回は大幅な支援体制ができ、首相がてきぱき動いてくれた。皇族を動かすことは前は非常にやっかいだったが、宮内庁が前みたいに意地悪じゃなかったね」とも語った。

※例によって以下に書くことは全て個人の妄想。今回は取り留めのない覚え書き程度のもの。

BGM

◆奇妙な「時代の焼き直し」?
2011年の記事も少し触れたのだが、戦後復興~高度経済成長までの時代を呪術的に演出し、あの頃の運気の焼き直しを図ろうとしているかのような流れをここ数年感じることがある(『◆二つの塔の奇妙な話』参照)。まるで見えない呪術師がいるかのようだ。
スカイツリーという名で出来た第2の「東京タワー」と、東京五輪。戦後復興~高度経済成長には欠かせない2つのアイテムがこれでとうとう揃ったわけだ。これらのアイテムを設置するのに欠かせないシチュエーションが「原子力惨禍と焼け野原の国土」だ。これの焼き直しがさしずめ東北の瓦礫野原と原発事故ってところか。スカイツリー(第2東京タワー)が予定の高さに達した直後のタイミングで震災と原発事故が発生し、「アイテム設置に欠かせないシチュエーション」が出来てしまったのはもはや悪趣味な予定調和としか思えない。
オマケに、冷戦期だったあの頃同様に、アメリカとロシアが対立している。

五行思想で見てみると、火の気を発する東京タワーに対し、第2東京タワー「スカイツリー」は木気を発する。この塔は燃料不足に陥った日本の運気に燃料を供給する(衰退した火気を甦らせる)働きが期待されているようだ。日本は伝統的に開運パワーを火気(龍脈含む)に頼る呪術が古代からなされており、最近はスカイツリーと東京タワーを皇居の鬼門~裏鬼門にかけて両立させることで火を使った開運呪術への燃料供給システムを作って東京タワーだけでは支えきれなかった日本の運気を支え直そうとしているかのようだ(妄想)。

しかしオカルト的に見ると、やってることは基本的に火気依存のワンパターンであることは否めない。
ワンパターンなやり方は、ワンパターンな結果を招く。個人的には、ああいうやり方はもはや限界に来ていて、ああいうやり方で開運していく時代は終わりなんじゃないかと思っている。あの頃の運気を焼き直すと、もれなくバブル崩壊の焼き直しもついてくるかもしれない(妄想)。

◆「4」
さて。あの時代の焼き直し(むしろ焼き増し?)、という観点から見ると、東京五輪が2020年に開催されることには意味深なものを感じる。スカイツリーは当初610.6mだったのが、634mに変更された。この高さの数字を数霊変換すると、どちらも「4」になる。そして、東京五輪の開催年も数霊変換すると4になる。
因みに、もし東京五輪が2016年に開催決定だった場合、その年の数霊変換は東京タワーの高さを数霊変換したのと同じ9になる。スカイツリーを用いた開運呪術の一環として五輪開催をするなら、ツリーの数霊変換と同じ数になる2020年の方が望ましい(皇族まで動員したかいがあった?)。
東京タワーとスカイツリー。2つで1つのシステムを成り立たせる開運塔。その数霊変換は9と4。両者を足すと13。13を数霊変換すればやはり「4」になる(因みに610.6も634も数霊変換直前に13になる。4とか13とか縁起悪いw)
・・・どうも数霊変換すると「4」になることが何か重要な意味を持ってるんじゃないだろうか?
「4」という数字、そこには一体どんな秘密が隠されているのだろう? 全ては私の妄想でしかないのだろうか?

◆個人的な「4」からの連想
ヒンドゥー数霊術で「4」は羅喉(らごう)という実在しない星を象徴する。西洋占星術で言うとドラゴンヘッドに対応する星だ(ドラゴンヘッドは2020年の春分図で蟹座4度付近)。
羅喉(4)はインド神話の魔物「ラーフ」に由来する。以下がその神話。
昔々あるとき、ラーフという魔物が神々の宴会に忍び込み、そこで供されていた不老不死をもたらす飲み物アムリタを盗み飲んでしまった。宴会に参加していた太陽と月がそれを発見してヴィシュヌ神に報告すると、ヴィシュヌはアムリタの首を切り落とした。アムリタを飲んで既に不老不死となっていたラーフはそれ以来、首と体に分断されたままラーフ(頭)とケートゥ(体)として生き続けることとなり、告げ口した太陽と月を怨んで追いかけ回しては時々両者を飲み込んで日食や月食を起こすようになったという。
奇しくもスカイツリー開業日はレイライン上で発生した日食(金環日食)の翌日だ。神話で言うなら魔物が太陽と月を飲み込んで吐き出した翌日である。

◆経験は未来の糧
占星術だと、ドラゴンヘッド(魔物の頭)は、「前世から引き継いだカルマや経験(orそれを踏まえた上での今生のテーマ)」を意味し、ドラゴンテイル(魔物の体)が「前世(修了した前世のテーマ)」を意味する。いわば「人生の新規開拓」と「それを支える経験」とでも言えばいいか。
戦後復興~高度経済成長期をいわば現在の「前世」とした場合、今回の焼き直し(?)はいかにも「輪廻」って感じがする。それも、過去を活かした新規開拓ではなく、単なる過去の焼き直しをやろうとしてしまっているかのようだ。単なる焼き直し(リピート)では過去の経験や教訓を活かしているとは言えず、未だ過去にしがみついてる状態だ。これでは発展性がない。特に、震災による呪術破綻を見てきた今となっては、特にそう思ってしまうのだ(『前世』と因縁のある原発事故も未だ教訓として活かす気配はない)。
スカイツリーの数霊がドラゴンヘッドの4であるのに対し、開業日はドラゴンテイル付近で発生した日食の翌日であったこととも関係しているのかもしれない(妄想)。

◆過去を越えて
ここで唐突に妙な妄想が浮かんだ。「単なる焼き直し」のつもりが、集合無意識の領域ではまた別の意味を持っていて、別の運勢展開を引き起こしそうな気もする。呪術(?)が集合無意識の見えざる手によって予想外の役割を密かに果たしているとしたら(物事が当事者の意図を超えた巨大な展開になる現象たまにある。ベルリンの壁もそうやって崩壊したような部分がある)、それは何を意味するだろう?
今の流れ、集合無意識視点ではカルマによって過去(前世)のシチュエーションが再現されているのかもしれない。(時空を超えて再現された)過去と向き合うことで、あの頃は気付かなかった(又は封印された)「何か」に気付くことで前世で解決できなかったカルマを解消し、未来を切り開く経験(教訓)を得るために。
それは、とても大きなチャンスでもある。

過去から持ち越した課題(カルマ)の卒業と未来へのスタート。それこそが、今起きている焼き直しの運気(再現の運気?)に秘められた「今生のテーマ」だろうか。それは、今を生きる私達の時代のテーマか。そのテーマは、まだ始まったばかりなのだろう。
前世は燃料だった樹。今はまだ前世のカルマを引きずってはいるが、やがて燃料から「船」に生まれ変わり、新しい未来を切り開くだろう。
『前世』と似たような状況が再現されることによって、その樹が「あの頃は気がつかなかった何か」に気がつき、それを教訓(経験)として未来に活かすことが出来るようになっていくことを祈る。その時、時代は本当に生まれ変わる。
ひとまず今は、「あの頃」には「気付かなかった何か」が浮上するような現象が起きていないか注目してみようか。
(今分かる浮上現象の一例は、戦時中の病的な根性論と結びついたスポーツ暴力の問題か)

9.10追記
この記事読み返して思った。「20世紀少年」という浦沢直樹のマンガがまさにそういうテーマの話だ。高度経済成長期に少年だった主人公達が無意識下で引きずってきた未解決のわだかまり。逃げずにその過去と向き合い解消することを迫るように「あの頃」を再現させる巨大な陰謀は、まさにカルマ(とその解消)を表現しているかのようだった。
まさか、20世紀少年という作品は「よげんの書」なのか?w
10.10追記
水俣条約が採択:世界規模の水銀規制 日本 法整備に着手

会議を主催する国連環境計画(UNEP)のシュタイナー事務局長は、水俣病の歴史に触れながら「水銀の影響を知りながら使い続けた長い旅を終わらせ行動をとるときが来た」と各国に早期批准を呼びかけた。

あの時代には解決できなかったカルマの一つと向き合う時が来た? 
「水銀」を「核物質」に置き換えると水俣病と福島の原発事故はまさにカルマ的。

12月14日追記
イタイイタイ病、救済決着 被害者団体と三井金属が合意

2015年7月追記
安保闘争まで再現してる; 

占い師、おずおずと金環食を撮る

« 宮崎駿氏占ってみた | トップページ | 台風一過 »

ニュース」カテゴリの記事

不思議な話」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/58152493

この記事へのトラックバック一覧です: 東京五輪決定で妄想:

« 宮崎駿氏占ってみた | トップページ | 台風一過 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ