« 領空侵犯と日露戦争のオカルトな因縁? | トップページ | 宮崎駿氏占ってみた »

2013年8月26日 (月)

テロリストの要求:自己実現

※以下に書いたことは全て個人の妄想です

地下鉄の線路に下り、ツイッターに投稿「人身事故なう」
パトカー上で騒ぐ写真、「荒らしてきた」と投稿

非常識写真、相次ぐツイッター投稿 ウケ狙い過激化 稚拙な悪ふざけ

アイスクリームの冷凍ケースに入り、ピザ生地で顔面を覆う-。コンビニエンスストアや飲食店のアルバイト従業員によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への非常識写真の投稿が止まらない。アルバイトに損害賠償請求を検討する動きも出てきた。投稿者自身も勤務先を解雇され、インターネット上で個人情報が丸裸に。なぜ、代償に気づかないまま「悪ふざけ」に走るのか。(松岡朋枝)

◆テロリストの要求:自己実現
自己実現を抑圧された若者が、無意識のうちにその抑圧された自己実現欲求を歪んだ形で満たそうとするタイプの「テロ」が流行している印象。
ニュースになりそうな羽目を外したテロ行為をネットで広く公開することで、つまらない平凡な人生を生きる自分が一生に一度だけ有名人になれるし内輪ではヒーロー・ヒロインになれるしウサ晴らしにもなる。
抑圧された自己実現をそんな幻想に投影・同一視してしまえば、テロ行為(=自己実現)に人生の全てを懸けても構わないと思ってしまうことさえ。

直接的な暴力で死人や怪我人を出すことがないこういうテロの手口は、いかにも日本人的だ。
日本的テロリスト達、無意識下では当然ながら自分達の行為が世間的には「怒られる行為(迷惑行為)」であることを知っている。ただし、無意識では分かってることが顕在意識では自覚していない可能性がある。だから彼らの顕在意識は「悪いことをした」という自覚があまりない。無意識が顕在意識に自覚させることを拒んでいる可能性すらある。もしも顕在意識に自覚させてしまえば、理性が働いて自己実現の代償行為(テロ)を邪魔されてしまう。
ゆえに、多くのテロは自分のした行為が何を意味するか無自覚なまま行われると見た。

自己実現が抑圧される若者の増えた時代。
高度経済成長時代とかバブル時代と違って、企業や文明社会が若者の自己実現を後押ししてくれたり、職場が自己実現の場になってくれるケースが減っているのかもしれない。せっせと働いてそこそこ稼ぎ、ささやかに生活水準を上げて小市民的な幸せを謳歌する「昭和ドリーム」の時代は既に終わった。多くの人が未来に夢を見出せたあの頃には戻れない。そもそも、日本人は自己実現の場や手段を「仕事」に限定し過ぎてきた気がする。この国にとって戦後初めての自己実現が「高度経済成長~先進国入り」という産業の分野であったせいかもしれない。
子供達が「大きくなったら何になりたい?」と将来の職業進路を大人達から事あるごとに質問される現象自体、社会が「自己実現=仕事」という固定観念を抱いている証かもしれない。

仕事が自己実現の場であり手段になりえたあの頃に育ち、大きくなったらその神話が崩壊してた若者達。「大きくなったら何になりたい?」という質問を繰り返し受けて育ってきた彼らは、しかし未だ従来型の自己実現発想(仕事で自己実現)に発想を縛られがちだ。それゆえに、自己実現の場やチャンスを与えない今の衰退しつつある文明社会に無意識下で失望したのだろうか。 だとすればそれは、無意識下で自己実現の手段(可能性)を「仕事」狭い範囲に限定したがゆえの行き詰まりだ。自らの発想を狭い視野に閉じ込めたが故の失望だ。社会のせいではなく、社会から刷り込まれた狭い暗示を解かないせいだ。でも、そのことに気付かない。
その結果、狭い発想に縛られて社会に失望し自己実現を抑圧された非ニート層の集合無意識規模の鬱積が歪んだ形で一斉に噴出しだしたのが、こういったテロの流行かもしれない。
その噴出現象が表現する叫びは「仕事でしか自己実現が出来ないなんて騙されないぞ。ほら、こ~んな方法で自己実現してやったぞ!」←安易な武勇伝作りじゃなくて、ちゃんと本当の自己実現探そうね。

タロットカードでこの手のテロリストを象徴するならまさしく「愚者」のカードだ。「愚者」のモデルは王様や世間を皮肉り誇張し茶化す宮廷道化師である。「愚者」は後にトランプのジョーカーとなり、秩序を破壊するトリックスターの代名詞になった。
この手のテロはニートになりたくてもなれない(失望した文明社会への献身を拒否できない)若者達がはけ口を失った鬱憤をどのように暴走させるかを示す一例なのだろうか。
一度そういうテロが起きると、その波紋は同じような鬱憤を抱えた若者達の衝動を刺激して大きく広がっていく。テロをする衝動(自分ならもっとうまくやってやる)、それを叩いて個人情報を暴き晒す衝動・・・いずれも刺激する。

◆道化と観客
道化役の若者がパフォーマンス型テロをすることは、同時にそれを見た人々に「個人情報を晒して叩いてウサ晴らしする格好のターゲット」を提供することになる。「道化になりたい者」と、「叩きたい・晒したい者」・・・両者は集合無意識下でつながっているコインの裏表だ。
叩き晒すことでウサ晴らしを求める鬱屈した大衆(観客)は、ネタを提供してくれる道化(テロリスト)に依存しているとさえ言える。かつてはイジメ事件の首謀者とか体罰事件の首謀者、はたまた震災時の偽善叩きに依存していたかもしれない。 テロが起きた店を叩くことに依存することもあるだろう。
集合無意識という見えない領域で需要と供給が釣り合ってるこの手のテロ、流行が変わらないうちは増加し続けるだろう。マスコミの報道が流行に一役買っているかもしれない。

もしかすると、テロリスト達は無意識下でニートに嫉妬し、テロリストを叩く者達は無意識下で羽目を外せるテロリストに依存しつつも嫉妬しているケースだってありうる。そして、テロリストを特定し晒すために個人情報を収集するという手間暇かかる仕事を担当している人々の多くがニートだったりする可能性すらある。
(自分がテロリストを個人特定出来た時は、自己実現の代償行為ができたようなもの?)
その場合、ニート達がテロリスト達に嫉妬している(要するに互いに嫉妬し合っている)ってこともありえなくはない。「嫉妬」とは、時に憧れの裏返しだったりすることもある。

(恐らく、レミ・ガイヤールはテロリスト層にもニート層にも愛されて、時には憧れの対象になってるんじゃないかと思う)

◆テロリストの人海戦術?
「やがて日本でも暴動が起きて鬱屈を抱えた若者達が暴徒化するんじゃないか」と危惧する話も出ているが、私はそういう方向にはならないと思う。
おそらく、今の日本人は暴徒化出来ない。暴動起こせたらこんな「バカツイート(テロ)」はしない。大津いじめ事件のようにネットで大衆心理が暴走することはあるが、身の危険が伴う暴動とかには興味がない。

むしろ、今の日本人は暴動より遥かに大きな破壊力で文明を脅かす。その典型例が急増するニートだ。産業活動への参加を拒否しているニート達。彼らは現代文明社会を維持するための献身を拒否した人々である。文明を維持する人数が減っていけば、自ずとその文明は滅びる。本人達は全く何もしない。ただ静かに増えていくことで、とてつもない破壊力を秘めた爆弾になる。

今、世界で一番文明を滅ぼす力を持ってるのはニートや、ニートにはならない(又はニートにはなれない)かわりに職場を破壊する形で(又はそれを叩き晒すことで)暴走する、自己実現の抑圧を抱えた日本の若者達みたいな層かもしれない。割とマジで。

◆祈り
(私を含めて)若者達が「歪んだ、形」ではなく素直に本当の意味で己の自己実現を叶えることが出来るよう切に祈っている。それも、手段に囚われず自由な形で。もてあまし暴走するほどエネルギッシュで可能性に満ちた生命力が生きる幸せのために十分に生かされず抑圧されてくすぶったままなのは忍びないからだ。
自分の自己実現を妨げているのものは何か。自分を支配し縛り付けているものは何か。安易に「全ては世間が悪い。時代が悪い」と決め付けて済ませるのではなく、自分で自分を縛ってしまっている癖や考え方のパターンを見つけていって欲しい。
案外、世間そのものが自分を縛っているのではなく、必要以上に世間の風潮や価値観を採用し、それに依存し、支配され、盲目的に順守している自己暗示こそが自分を縛っている可能性もある。
順守しなくていいものを無理に順守したばかりに、その反動で順守する必要のあるもの(人に迷惑をかけない発想など)を無視してしまうのでは本末転倒だ。

覚えておくといいのは、暴走するほど強力な生命力は、その強い力ゆえに、やがて己を縛り抑圧するものをつきとめ打ち破ってしまうということ。その力を変なウサ晴らしや歪んだ「自己実現ごっこ」に無駄遣いしない方がいい。 


就活自殺の増加に思うこと
「必要とされる」必要がない
中二病の有効活用
上手なニートの過ごし方
種族の自己実現
オマケ:
イタズラが過ぎて刑務所にまで入ったレミ・ガイヤール氏、キックコントロールの才能で独自の方向に自己実現を叶えつつあるんじゃないか? あの逃げ足の速さはサッカーで鍛えたのかも・・・
こんな才能を持っていたのか! 世界一のイタズラ者「レミ・ガイヤール」のキックコントロール力は異常レベル

2013.11.28追記
中3少女がFC2で“飛び降り自殺”を動画配信 ネットに救いを求める10代の悲痛な叫び

「自殺配信がしたい、ニュー速にスレがたったりするのかなあ」「iPhoneは手すりに置きます。私はそのカメラに映るように、ちゃんとグロくなるようにしっかり落ちてあげます。そして伝説になるんです」などと自殺をほのめかす書き込みもしていた。

とうとうここまで来ちゃったのか・・・流行しかねないからあまりセンセーショナルに報道はされない。

« 領空侵犯と日露戦争のオカルトな因縁? | トップページ | 宮崎駿氏占ってみた »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/58071140

この記事へのトラックバック一覧です: テロリストの要求:自己実現:

« 領空侵犯と日露戦争のオカルトな因縁? | トップページ | 宮崎駿氏占ってみた »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ