« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

春の思い出2013

今年は桜のシーズンが長めな気がする。散歩やら誘われたやら浮かれたやらで何度も見に行ってしまった。
色んな植物から春の命の息吹が発せられる様は、見ていると何だか嬉しくなってくる。冬はあれほど無味乾燥で眠っているような植物達が、見違えるようにすっかり華やかになって奇跡のように花を咲かせ若芽を吹かせる。地面から、木々から、まるでオーラのように生命力が発せられ種族思い思いにデザインされた美しい形を結ぶ。彼らの自己実現は、見るものに元気と感動をくれる。
そうやって自然界の春は、命の歌をうたう。 人間には計り知れない命の魔法だ。
(写真はクリックで拡大)

Ikezakura       
                     なんか神々しい。


Kaidan
                     この階段を登ってお花見会場へ


Nodate
今年は生まれて初めて「野点(のだて)」を体験した。野点とは、屋外で行われる茶会のことを言う。
(お弁当のアルミ箔が写り込んでしまったorz)


Tsubaki
                     椿の花は、とても幾何学的。


Sakuradango
                     塩漬けの桜でおめかしさせてみた。


植物は、美しい

2013年3月27日 (水)

永田町の怪僧と三無事件

※以下に書いたことはすべて個人の妄想です。

朝鮮総連の土地・建物、競売 45億円余 宗教法人落札

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物の競売の開札が二十六日、東京地裁であり、鹿児島県の宗教法人最福寺が四十五億一千九百万円で落札した。入札には四者が参加した。
最福寺の池口恵観法主は「ビルをそのまま残し、北朝鮮を含むアジア民族の融和の拠点にしたい」と述べ、総連側に貸し出すことも選択肢の一つとの見解を示した。
池口法主は北朝鮮を訪問するなど、総連との関係が指摘されており、引き続き総連が使用できる可能性が出てきた。総連関係者は「とりあえず、本部機能は維持されるだろう。一安心している」と話した。

謎多き池口恵観氏の素顔 総連本部落札の最福寺法主 5度の訪朝で要人とも接触
最福寺「法主(ほっす)」の池口恵観(いけぐち・えかん)氏(76)は「炎の護摩行」で有名で、政界に顔が広く「永田町の怪僧」との異名を取る。一方、北朝鮮への渡航歴が複数あり、落札後は総連への貸し出しも検討したいとしている。その真意と巨額資金の出どころは-。

◆池口恵観と三無事件
1961年12月、旧日本軍の元将校らによるクーデター未遂が発覚。関係者には史上初の破防法適用に基づく有罪判決が下った。逮捕者の中には5.15事件の主犯格、三上卓もいた。これを三無事件という。
この事件に関与した当時25歳の池口恵観も逮捕された。
彼の「仕事」は国会議事堂内の電源・通信機器の配置や警備員数の調査と、国会襲撃時の突入合図係だった。当時の本名は鮫島正純。

・・・まさに、経歴からして「永田町の怪僧」という異名ににぴったりな落札者である。恐らく彼がこのクーデターに関与した時、朝鮮半島との目に見えぬ運勢的な「縁」が既に発生していたのではないかと思う(妄想)。
というのも、このクーデター未遂事件、武器調達に韓国の大物実業家・康烱吉、韓国陸軍少将・朴林垣などが関与しているのだ。(他には台湾の実業家も関与している) 。
彼、経歴を見ると保守派というかコテコテの右翼なのだが、北朝鮮とはとても仲がいい。右翼の皆さんは「チョ○」と蔑称で呼ぶほど朝鮮半島の国々が嫌いな人々なのに、どうしてだろう?

◆永田町と龍脈
総連の物件を買い取った永田町の怪僧、何らかの形で永田町に対して影響力を発するべく動き出したのだろうか?
以前、赤坂プリンスホテル解体によって首都の風水が変わると書いたが、その「風水変化エリア」に永田町がばっちり入っている。しかも永田町、あの徳川幕府も意識していた富士山から江戸城(皇居)へ向かう強い龍脈の一つに位置している(図参照)。強い龍脈が通った政治の中枢であるそんな場所の風水(運気)が変わると、場合によっては日本国そのものの運気が変わりうる。 「彼」は永田町の運気にとってどの程度の影響力を持っているのだろう?
(※龍脈:大地の気の流れ。風水ではその土地の運気を司る)

また、この前書いたが先月に北朝鮮がやった地下核実験が朝鮮半島を縦断し日本にもつながっている龍脈を刺激してしまい、その影響はソウルでサイバーテロを引き起こすほどの運気変動を発生させながら徐々に南下し、日本にもじわじわと近づいて影響し始めている印象があるのだ。
そんなタイミングの時期に、朝鮮総連の物件が「永田町の怪僧」に買い取られるというのは奇妙な因縁を感じてしまう。

震災による列島全土の龍脈変動が起きた日本。風水で見れば、どんな運気変動が起きてもおかしくはない時代になった。そんな運気変動が半島から入る龍脈刺激と呼応・共鳴するようなこともありえるのだろうか(韓国でサイバーテロ以来2度目のシステム障害発生と総連の物件落札が同じ日)。

既に永田町、いや日本の運気には新たに何らかの変化が始まっているのかもしれない。


【余談】
永田町の怪僧は安倍首相とも親交があるらしいけど、安倍さん、占星術で見たら宗教にはまりやすい性格とか出てたw  (参照
くれぐれもカリスマ性のある怪しいお坊さん(?)には気をつけて欲しい。
(そういや小泉元首相の父方も鮫島姓だが鹿児島には多い苗字なのか?)
実は総連のあの物件、震災の影響で呪術破綻した靖国結界のすぐ裏側に建つ(地図)。総連と靖国が長年ご近所さん同士だった・・・「右翼なのに北朝鮮と仲良し」はこの事実と無関係じゃあるまい。
総連が靖国結界から運気に何らかの恵みを得ていた可能性もある。しかし今後、再び総連が本部に使用するしても、その運気は結界が破綻する前までとは異なる運気になっているかもしれない(妄想)。

靖国神社と朝鮮半島・・・近代の東征呪術と朝鮮半島・・・もしかすると、目に見えない領域で両者は非常に深い縁でつながっているのかもしれない。前にも書いたが、東征を象徴する物語「桃太郎」に太平洋戦争(近代の東征)を照応させると、桃太郎(日本)の手下であるキジは朝鮮半島に照応する(朝鮮半島の方角が酉なので)。そして、日本の国鳥も「キジ」である。ま、タダの偶然と言ってしまえばそれまで。
◆桃太郎の「キジ」参照

3.31追記
朝鮮半島から龍脈の気を引き込んだ可能性がある近畿の古代結界(震災で従来の機能はない)。ここにも何らかの影響が出るだろうか? (◆ふたつの「国引き神話」参照

4.7追記
北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えて破壊措置命令が発令。

2013年3月23日 (土)

桜とヒロシ

地元の桜は見ごろだった。
ついでに寄ったミロードにヒロシがいた。混み合っていたが、偶然まん前の席が1つだけ空いて運良く座れた。
テレビではやらないシモネタが出たり、「去年は栗原類が邪魔な一年でした(イラッ」と語っていた。
(桜はクリックで拡大)

Mankai


Hiroshi2_2


2013年3月21日 (木)

北のネズミ

※以下に書いたことはすべて個人の妄想です。

サイバー攻撃は中国のIPアドレス、北朝鮮の犯行示唆=韓国政府筋
韓国大規模サイバーテロ、MBR破壊だけでなく、HDD全消去される ―米シマンテック社報告
北朝鮮の核実験で半島の龍脈が刺激され龍脈変動を引き起こす可能性があることを以前少し書いた(【余談】参照)。
そして昨日、その刺激がついに半島の運勢へと現象化。
(龍脈:大地の気の流れ。その土地の運勢を司る)

地球から見て火星・天王星が一箇所に重なる今年の春分の日。それに合わせて韓国にサイバーテロ。これが最先端の戦争の姿なのだろう。銃弾飛び交う戦争のイメージはもはや前時代のものになったようだ。

占星術では電気やITを象徴する天王星と戦争を象徴する火星が合わさった時に半島でサイバーテロ。北の地下核実験と共通する要素は「肉眼で見えないけれど、水面下では大きな破壊力が炸裂」
(天王星は先端技術を司る。この星が発見された頃は電気が先端技術だったので、今も電気の分野は天王星の象徴分野)

問題は、北朝鮮による核実験の刺激を受けて韓国にあんな運勢を引き起こした龍脈が、日本にもつながってるってこと。 龍脈刺激により半島でサイバー戦争を勃発させた運気変動、今後龍脈を伝って日本の運勢にも影響する可能性あり。
いや、既に先日のフクイチ停電という形で影響は出はじめてるのかも。天王星は電気も司るから(そしてウラニウムの語源なので原発とは縁深い)。天王星に火星が合わさって日本に生まれた運勢が「電気が火を吹く(ショート)」?
何とあの停電、無意識に配電を刺激したネズミの仕業だったらしい。ネズミは「北」の方角を表す。
無意識に「北」がフクイチを停電させる・・・まさかなw
(龍脈変動は、イメージ的に電気ショートと似てなくもない)
仮にフクイチの停電が龍脈刺激の影響だとしても、これ以上影響出ませんように。

北が核実験で刺激した龍脈はウイグル自治区を源とする「北龍」と呼ばれる大きな龍脈の一部だ。北京にもこれが通っている。 北が北京とつながる龍脈の上で核実験した時、北の兄貴分的な北京政府は、弟分を制御できなかったことで面子を潰される運気を食らった。

もしも今回のサイバーテロが「北」という名のネズミの仕業だとしたら・・・?

移り変わる「戦場」

【余談】
韓国のサイバーテロによる障害発生が14時ごろ。その頃、アメリカの東海岸は0時 (=子の刻)である。コレは何かを意味しているのか? 犯人は何かを意図していた? それとも、何の意味もないことなのか。

2013年3月20日 (水)

市民の声? 団体の声?

ヘイトスピーチ:「殺せ」… デモ、目立つ過激言動

「殺せ、殺せ」「ゴキブリ」「日本からたたき出せ」

2月上旬、外国人が多く暮らす東京都内の繁華街でデモがあり、そんなシュプレヒコールが飛び交った。デモは特定の外国人を排斥する目的でインターネットで告知され、男女100人以上が参加した。
既存の右翼団体とは異なり、参加者もほとんどが一般人。こうした現場を取材してきたフリージャーナリストの安田浩一さんは「数年前に比べ文言がより過激になっている。『殺せ』という言葉はヘイトスピーチと言えるのではないか」と話す。

一方、デモを呼びかけた団体の一つは「参加者から自然に出た言葉で、推奨しているわけではない。何がへイトスピーチなのか明確な定義はなく、デモの表現としてあっていいと思う」(広報担当者)と説明している。

◆デモ参加は団体の性格を要チェック
「デモ」というものには、、広く社会の一定層の大衆心理が反映されている場合と、もっとローカルに主催団体の性格が反映される場合とがある。今回の話は後者で、フリーチベットデモやフジテレビ抗議デモはどっちかといえば前者ではなかろうか。

今のところ、最近出てきた特定の団体が主催するデモ「だけ」がやけに口汚くて悪目立ちしているようだ。反韓流という共通点を持ったフジテレビへの抗議デモとはだいぶ雰囲気が違う。
恐らく、あのシュプレヒコールは社会における一定層の声を代弁するようなものではない。もっとローカルに、特定団体の性格を表現しているに過ぎない。
(社会の一定層を代弁しているかのように見せかけてはいる)

ぽっと出た特定団体のデモだけが持つ過激さを妙に一般化して「大衆心理の過激傾向・一般市民が過激になりつつある」として報道するのは慎重になった方がいい(まさかマッチポンプ??)。日本人は「皆と同じにならなきゃ」という同調圧力が高いので、報道を見た他の人たちも汚い言葉遣いを真似してしまいかねない。
忘れてはいけないのは、似たような主張をしている団体皆が過激表現を用いているわけじゃないということ。特定団体のデモに参加した「一般人」だけがああいうパフォーマンスをしているということ。

内容に限らず、妙に目立つデモ、異質さや違和感を感じるデモは主催団体をよく観察したり調べたりしておくといい。
文面では他と同じような主張をしている団体がいくつかあって、その中のどれかのデモに参加したい場合は、一度その団体のデモを外から観察して自分のフィーリングと合ったもの、自分にとって異質さや違和感を感じないものを選ぶことが大切だ。デモの動画をupしている団体は多いから。
他団体と似たような主張であっても他とは異なる動きを見せて妙に目立つ団体は、主張とは別に、彼ら独自の目的を持っていることもある。

表向きの主張を隠れ蓑にした別の目的。
例えば、社会的主張よりも団体自体を目立たせるためのアピールや団体の宣伝が主目的だったり、大衆心理に何らかの流行を意図的に仕掛けたい思惑があったり、デモ主催団体とは別組織の勧誘や宗教勧誘の窓口だったり、街宣右翼的な「仕事」だったり、署名などで個人情報を集めるためだったり。単なる悪ふざけや憂さ晴らし、はたまた出会い目的のイベントめいたものだった、なんてこともある。
(あくまで一例)

◆社会的主張と深層心理
今回のケースとは恐らく別な話だが、「別の目的」が団体の深層心理に潜んでいるケースもある。
例えばシーシェパード。彼らは「クジラを救え・クジラを殺すな」が表向きの主張だが、その活動の背後にある深層心理はクジラを救いたいというより、クジラに己の内面を投影し感情移入した自分達(の内面)を救いたいんじゃないかと思う。
例えばフリーチベットブーム。あれも抑圧されたチベットに抑圧を抱える自分の内面を投影・同一視し、「チベット解放=自分の解放」という図式が出来上がって一時的にのめりこんだ印象。
「日本」という国自体に自己投影(自己同一化)して活動している団体だってあるかもしれない。人間なら誰でも持ちうる心の醜さ(当然、自分の中にもある)を憎み、特定の対象にそれを連想・投影して攻撃(八つ当たり)している団体もあるかもしれない。
いずれにせよ、自分のエゴを「○○のため」とか「社会的良心」という大義名分で無意識のうちに正当化できる。

感情移入や外部の物事に投影した内面のストレスを解消するために便宜上の価値観と正義(チベット解放・クジラ救済・排外主義など)を作り上げ、それを他人に押し付けコントロールを試み、思い通りに動かない相手(=正義に反する者)を許せず攻撃する心理は、下手をすればシーシェパードみたいな方向に陥る危険がある。
活動目的がいつの間にか「社会のため」ではなく、自分のエゴのためになってしまうのだ。
自分のエゴを社会正義にすりかえ正当化する発想(=自分の中の嫌な考え方・心の醜さ)を中国や北朝鮮や韓国に投影して排除・攻撃したい(八つ当たりしたい)心理が過激なヘイトスピーチに発展する可能性もある。

時には、「自分を愛する心(自尊心・自己肯定」が何らかの理由で抑圧されてしまい、それが別の歪んだ形で表面化した結果、エゴイスティックな愛国心やエゴイスティックなイデオロギーになることもある。自分を愛せないので、代わりに「自分」に見立てた(自己投影し自分の延長にした)国家や特定思想を愛すること。これは一種の代償行為だ。この場合、自分が本当に望んでいることは自分を愛することなので、むしろそれが出来なくなってしまった原因を探り向き合った方がいい。その作業自体が「自分を愛すること」の一つになる。

他には、国家にユング心理学の「セルフ」を投影しているケースもある。これは以前書いたので割愛。

2013年3月16日 (土)

和楽器×Smoke on the water

俺たちゃ琵琶湖に行った 弁財天詣でさ
 夜詰めの当番済まして 湯治も兼ねて
 たまには上美女揃えて 杯重ねて
 木遣りの声にも磨きを あてて帰ろうか

 大江戸の火消し 空もはればれ
 大江戸の火消し

 琵琶湖じゃ畔の小屋で 芝居をやっていた
 ちょいと覗いて行こうか 急ぎの旅でなし
 江戸からの旅役者が はるばる来ていた
 はだか火使って火が出て 俺たちの出番さ

 火事場にゃ火消し 空には火の粉だ
 火事場にゃ火消し


弁財天は、ヒンドゥー教の女神サラスヴァティーが仏教経由で日本に入り七福神になった神様。琵琶湖の弁天詣でといえば宝厳寺である。ここにも断層龍脈が存在する。
近畿の古代結界内部に位置する琵琶湖だが、既に火気流出と思しき現象が発生している。この現象の現場にも断層龍脈(安曇川沖起震断層)が走っている。

「火消し」とは言うものの、江戸時代の消火活動は燃える建物に放水して消火するというよりは、延焼を防ぐために風下の建物を解体することが主な仕事である(破壊消防と言うらしい)。

私は上の曲を聴いて、幻覚を見た。
何故か現在のお江戸で火気の通り道(龍脈)に建ってる赤プリ(戦後日本のバベル)を木遣りを歌いながら解体してる火消しの皆さん(半透明)。
一体、何に備えているのか?

「でっかい花火に備えてんのさ!」

2013年3月 9日 (土)

コンクラーベは12日

ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマ人ペテロが教皇に就く。
彼は多くの苦難の渦中で、子羊を司牧する。
この苦難が終わると、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下されるのである。 終わり。

                                ------------------------マラキの予言

2年前の妄想記事の時点で「権威の運気的地盤が揺らぐ/崩壊する」という暗示を帯びたかように見えていたバチカンもとい「クライストチャーチ」だが、相変わらずその権威の運気は不安定な状態が続いているようだ。
そして、この前ちょっと触れたマラキの予言による「ペテロという名の法王が最後の法王となる」とかいうウワサが密かなブームになっている模様。「ペテロ」とは、初代ローマ法王になったキリストの弟子にして12使途の一人、聖ペテロを由来とする人名である。英語ならピーターさん、ラテン圏ならペドロさんとかピエトロさんなど。
実際に「ペテロ」を意味する名前の人が次期ローマ法王候補の中にいるのかどうかを調べてみると・・・

ローマ法王:後継選出 コンクラーベは12日から

候補には、イタリアのアンジェロ・スコラ・ミラノ大司教(71)、ブラジルのオディロ・ペドロ・シェレル・サンパウロ大司教(63)、カナダのマルク・ウエレット枢機卿(68)らが取りざたされているが、混戦模様だ。
スペインのカルロス・アミーゴ・バリェホ・セビリア名誉大司教(78)は毎日新聞などの取材に「教会は世界規模に広がっており、黒人法王や中南米出身の法王が選ばれても驚かない」と述べた。

あ、いた。


・・・一方、あの予言に名前が出ている聖マラキの国アイルランドでは、やはり権威の運気的地盤を揺るがすような事実が発覚している。何というタイミング。
「貞節失った女性たち」修道院で虐待70年
アイルランド首相、被害女性に謝罪=奴隷労働施設送りに国家関与

コンクラーベの開始日が3月12日というのが「縁起悪い」と思ってしまった日本のオカルトマニア達もいるかもしれない。何しろ、長年盤石の運気を誇っていた「原子力発電」の安全神話と権威が地盤から根こそぎひっくり返った日から2周年の日付である。
占星術の世界では火星が牡羊座入りする日でもある。火星は牡羊座の守護星なので、この星が牡羊座に入ると牡羊座の運気は強まるという。12使途を12星座に当てはめるとペテロは牡羊座とか言うウワサもあるが・・・?

バチカン(もとい宗教)でも原発でも共に言えるのは、
「どんなに高度な知識と理論で作られた代物だろうと、それを取り扱うのは所詮人間でしかない」ということか。


P.s:一つ前の記事に加筆

オマケ

2013年3月 8日 (金)

和楽器×We will rock you

曲名が「将門」っていうから将門サンがこのBGMに合わせて大手町の地下からズモモモモと蘇るシーンをアニメ風に空想したら意外とカッコよかったw 

再生時間が東京タワーの高さと同じ「333」なのもいい。この曲、焼け野原のおき火から不死鳥のように燃え建つ火の塔(=東京タワー)が象徴する戦後日本のイメージとも合う。

また、「We will rock you」は、「お前達を揺さぶってやるぞ。震撼させてやるぞ」とかいう意味になるそうだ。
We will rock youの歌詞、最後が印象的。まるで東日本大震災と原発事故を契機に、往時の栄華から一転して衰退し終わりゆく「戦後日本」という時代を「年老いた男」になぞらえているような感じがする。最後だけ妄想気味に意訳してみた。

Buddy you're an old man poor man
Pleadin' with your eyes gonna make
You some peace some day
You got mud on your face
You big disgrace
Somebody gonna put you back in your place

We will we will rock you
We will we will rock you

哀れな年老いた男 その目は訴えている
「いつの日か心の平安を手に入れたい」と
顔には不名誉な泥がついちまった 
誰かに元いた場所へ戻してもらえよ

お前達を揺さぶってやるぞ
お前達を震撼させてやるぞ


多分心の平安は、飢えの恐怖を脱出した時訪れる。繁栄の原動力を飢えの恐怖に依存することから解放された時訪れる。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ