« 永田町の怪僧と三無事件 | トップページ | 種族の自己実現 »

2013年3月28日 (木)

春の思い出2013

今年は桜のシーズンが長めな気がする。散歩やら誘われたやら浮かれたやらで何度も見に行ってしまった。
色んな植物から春の命の息吹が発せられる様は、見ていると何だか嬉しくなってくる。冬はあれほど無味乾燥で眠っているような植物達が、見違えるようにすっかり華やかになって奇跡のように花を咲かせ若芽を吹かせる。地面から、木々から、まるでオーラのように生命力が発せられ種族思い思いにデザインされた美しい形を結ぶ。彼らの自己実現は、見るものに元気と感動をくれる。
そうやって自然界の春は、命の歌をうたう。 人間には計り知れない命の魔法だ。
(写真はクリックで拡大)

Ikezakura       
                     なんか神々しい。


Kaidan
                     この階段を登ってお花見会場へ


Nodate
今年は生まれて初めて「野点(のだて)」を体験した。野点とは、屋外で行われる茶会のことを言う。
(お弁当のアルミ箔が写り込んでしまったorz)


Tsubaki
                     椿の花は、とても幾何学的。


Sakuradango
                     塩漬けの桜でおめかしさせてみた。


植物は、美しい

« 永田町の怪僧と三無事件 | トップページ | 種族の自己実現 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/57054399

この記事へのトラックバック一覧です: 春の思い出2013:

« 永田町の怪僧と三無事件 | トップページ | 種族の自己実現 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ