« 見ているものはアニマか人間か | トップページ | ローマ法王退位で妄想回顧 »

2013年2月 4日 (月)

栗原類の占いに出ていたもう一つの暗示?

峯岸みなみの丸坊主謝罪を予言? 当たりすぎた栗原類のタロット
当たる!?栗原類の未来占い
「パワハラ、いじめ、体罰のたぐいでは」 AKB峯岸の「坊主頭」に各界から批判噴出

占い師の目から栗原類が峰岸を占った時の動画を見たら、あの占いには栗原が言わなかった別の暗示も出てた。

「仕事の停滞を打開するには?」という質問に対する答えとして出したカードが 悪魔のカード。栗原はそのカードを「火遊び」と解釈したんだけど、そうなるとこれ、彼の占いの結論としては「仕事の停滞を打開するには、火遊びして話題作りすること」って意味になってしまうのだ。
(確かに悪魔のカードには火遊びとか禁断の誘惑とかいう意味がある)

しかもその悪魔のカードは峯岸の1月の運勢を表す「吊るされた男」の暗示を補足説明する追加カードとして出たわけなんだけど、吊るされた男のカードには「停滞」のほかにも、「自己犠牲」っていう意味がある。
実はあのカード、身動きの取れぬ逆さ吊りの刑(=停滞)になることを【自ら選んだ】男が描かれているのだ。伝統的に、吊るされた男の表情に浮かぶものは苦しみではなく、大いなる目的に己を捧げる喜びがあるとされている。
丸刈り直後に笑顔でダブルピースの「彼女」と通じるものを感じる?

栗原はあの時点では気づいてないが、彼があの時の占いで出したカードは
「火遊びから始まる一連の騒動=峯岸の自己犠牲による話題作り(仕込み?)」
って暗示にもなってる気がする。だとすれば、あの丸刈りは噂されるようなパワハラ・いじめの類ではない。
で、その後の展開が彼女の2月の運勢を表す「法王(逆位置)」へとつながっていくわけか。法王の逆位置には「伝統に縛られない。保守的な世界に別れを告げる」という意味がある。
やがて峯岸が旧態依然とした純潔可憐至上主義のアイドル信仰を崩壊させていく最初のきっかけになるのか、それとも自分がそういう価値観の世界に別れを告げ身を隠すのか・・・
それと、3月の「皇帝」のカードは秋元氏を示すような気がする。峯岸による今回の騒動に秋元氏が関わっているのか?

とまれ栗原の占い動画を見た限りでは、カードの配置や占いの様子にまでは仕込みや演出を思わせる違和感は見て取れない。それどころか、報道されていない背後の事情までがカードに現れている可能性すらある。
どうせなら栗原類には絵札だけ(22枚)じゃなく全札(78枚)使って占って欲しかった。 この動画を見る限りでは彼にもタロット占いのセンスが芽生えそうである。ただし、全札をしっかり覚えてカードを使いこなせるようになるまで彼がタロットに飽きなければの話。

« 見ているものはアニマか人間か | トップページ | ローマ法王退位で妄想回顧 »

ニュース」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/56697898

この記事へのトラックバック一覧です: 栗原類の占いに出ていたもう一つの暗示?:

« 見ているものはアニマか人間か | トップページ | ローマ法王退位で妄想回顧 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ