« 立てこもり事件現場と豊川稲荷 | トップページ | 東京湾北岸の地震と龍脈 »

2012年11月24日 (土)

急増する米兵不祥事から妄想

※以下に書いたことはすべて個人の妄想です。

沖縄:米兵が民家侵入し傷害…外出禁止令破る 県警捜査
米兵また逮捕=酒に酔い住居侵入容疑―外出禁止時間帯か・沖縄
普天間飛行場から米兵1人脱走
沖縄でまた…建造物侵入容疑で米兵を逮捕
全裸米兵を逮捕 横浜、外出禁止中
また沖縄米兵、今度は酒気帯びで追突事故

日本の裏鬼門、沖縄で何故か突然多発し始めた米兵の不祥事は、鬼門(風水や陰陽道では畏怖&神聖視される東北の方角)に向かって飛び火しているかのようだ。今日も新たに沖縄の米兵が酒気帯びで追突事故を起こした。
今年7月には日本の最鬼門エリアでF16が墜落。そのとき、日米関係の運気変動が今後ありうるのではないかというオカルト話を書いたことを思い出した。

沖縄で新たに起きた米兵による追突事故は、その8時間前に起きたテキサスの大規模玉突き事故と運気が共鳴してるみたいに見えた(妄想)。「沖縄の米兵」とテキサス・・・この二つを結びつける背景が何かあるのだろうか?
風水だと、高速道路は鉄道に並んで気の流れを激化させる働きがある。いわば人工の龍脈だ。
(龍脈:大地の気の流れ。風水ではここからパワーを得て開運を図る)
そこで起きる大規模事故は、気の流れがそれだけ大きく乱れたことを意味する。気の流れが乱れると、その土地の運気が変動する。運気変動が起きた場所はテキサスということになる。
・・・ここで私の脳内妄想回路がスパークしだした。

◆テキサスの運気変動と軍産複合体
戦後から今まで続く日米関係が作られた当初、アメリカの政治は軍産複合体の拠点が多いテキサスの要素(ないし影響力)が色濃かった。明治政府の中で薩長の色が濃かったのと同じ。いわば今までの日米関係は「日本とテキサスの関係」でもあったといえる。
でもここに来て、その関係が目に見える形で変化し始めているように見える。

そこの運気が変動するってことは、オカルト理論上は(日米関係含む)アメリカの政治と軍事の運気も変動するってことだ。実際、軍縮・核縮路線のオバマが再選したことでそれはうかがい知れる。
テキサスは軍産複合体(アメリカの政治、特に今は共和党への影響力絶大)の拠点が多いので、テキサスの運気変動に軍産複合体の運気も連座し、軍事関係の運気も変動の影響を受けるだろう。
オスプレイもまた米政府に対する軍産複合体のゴリ押しがその背景にはあるようだが、ここにも変動の影響が来る?
「沖縄の米兵」とテキサス・・・この二つを結びつける背景・・・それが軍産複合体なんだろうか。

件の軍産複合体という存在、アイゼンハワー大統領の辞任演説を聞くと「アメリカの中でアメリカよりも強かった」かもしれない。でもオバマは軍縮路線をとることでその支配から遠ざかろうとしている()。彼、ホロスコープを見ると「キリストの合」と呼ばれる星回りを持っているからか、かなり運が強く働いている気がする。彼は昨今の運気変動の一部を担っているかもしれない。
軍産複合体で結びついた日米関係の運気が変動(もとい崩壊?)・・・もしそうなった場合、そっち方面とつながりのある日本の政治家達(一例?)や政党や政財界はどんな影響を受け、運気どうなっていくんだろう?

古い時代に作られた運気が稼動停止することで時代の運気が変動していくのは日本だけじゃないようだ。これは世界規模で地殻変動(=龍脈変動)が起きてることと無関係じゃないだろう。


◆「ポチ」を従える本当の主人?
・・・あれ? すると、今まで日本は「アメリカのポチ」じゃなくてアメリカ共々「軍産複合体のポチ」だったのかもしれないぞ?  
もしそうなら、運気変動の波に乗った日米が手を取り合ってその支配力を飛び越え、自我境界を「independence(独立)」していけたら面白いなあ。
漫画っぽく妄想するなら、サムライとカウボーイがタッグを組んで「父親の支配から自立する息子」みたいに最後はダース●ーダー(軍産複合体)の野望を跳ね除け、それぞれの未来を切り開く冒険活劇が浮かんだ。

カウボーイ「shit! こんな時に俺の銃がバカになりやがった!」
サムライ「拙者の刀も様子がおかしい! 何だこれは!?」
ダース●ーダー「ふはははは。お前達が頼るその武器も私が作らせたのだから造作もないこと。お前達がいくら足掻こうと私の作った力に依存する限り、私には逆らえないのだ!」
カウボーイ&サムライ『武器に頼れないだと・・・!?』
--------------------2人の運命やいかに!? 次回乞うご期待!
(妄想終われ)

◆龍脈視点
今回事故がおきたテキサスの高速道路は、道をずーーーっと辿っていくと、メキシコの鬼門にある龍脈(東シエラマドレ山脈)と米東部の龍脈(アパラチア山脈)を結び付けている気の運河みたいになっている。二つの龍脈は鬼門と裏鬼門の関係。この関係は、人々が畏怖と神聖さを抱くほど強烈な運気が走る「鬼門線」を形成する。

首都機能や大都市が集中する米東部はアパラチアの龍脈から繁栄の運気をもらっているが、この龍脈も去年あたりから変動しつつある。変動の一部は米南部で珍しいオーロラが発生したり、米東部で珍しい地震が起きたりすることで目に見える現象を引き起こした。

メキシコ鬼門の龍脈は、メキシコで激化する麻薬戦争の運気と関わる気がする。最近はこの国も地殻変動が激しくなっているから、そんな抗争に対しても何らかの運気的影響なり新展開なりが発生しそうだ。それが大きな麻薬市場アメリカへ波及する可能性は大いにありうる。オバマもメキシコ麻薬問題への介入には意欲的だ()。
(オマケ:メキシコの最強魔法使い、「オバマ再選はない」と予言)→「再選する」とか言ったらマフィアに睨まれる?

【余談】
今日で「マヤの予言」まで1ヶ月を切った。予言好きの人々は楽しそうに盛り上がっているが、予言とは別に今年は目に見えない領域で「マヤ人もびっくり」なことが起きてるのかもしれない。来月マヤの予言が外れて人類滅亡がなかったとしても、この星に不思議が消えることはないだろう(妄想)。

2012.12.1追記:沖縄でも米兵による玉突き事故が起きた

2013年1月追記
ボーイング787が運用停止日本と最も因縁深い軍産複合体、ボーイング社の運気に異変発生? 
F35、実戦配備不可能に 初期納入4機、防衛省の性能要求満たさず
軍産複合体で結びついた日米関係の運気変動はこれからも続く?

2013.4.18追記
またテキサスの運気が変動したアメリカの運勢やいかに?

« 立てこもり事件現場と豊川稲荷 | トップページ | 東京湾北岸の地震と龍脈 »

ニュース」カテゴリの記事

不思議な話」カテゴリの記事

龍脈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/56180282

この記事へのトラックバック一覧です: 急増する米兵不祥事から妄想:

« 立てこもり事件現場と豊川稲荷 | トップページ | 東京湾北岸の地震と龍脈 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ