« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

魂の絆

※以下に書かれていることは一個人の考えです。科学的根拠はありません。

亡くなったばかりの故人が今どうしているか占うためにタロットを一枚引いたとき、「審判」のカードが出るケースがあるという。
このカードに描かれている光景は、ラッパを吹く天使と棺桶から爽やかにお目覚めする死者達。当初、故人のことを占うのにこれほど場違いなカードもないと思っていた。

カードの意味は再開、再会、復活、真実に目覚めるetc

とあるスピリチュアル系の説を聞くと、これは時に「魂の関係が甦る」という暗示になっていることがあるそうだ。
占いの質問者が自分と親しい関係の故人について占ったときにこのカードが出た場合、故人と質問者がこの世に生まれてくる前からあっちの世界では既に知り合いだったことを示している可能性があるという。

即ち、お互い人間同士の関係と絆が作られる前に、魂同士の絆があったということ。
そして、「審判」のカードはお互いの「魂の絆・魂の関係」が復活する暗示になっていることがあるというのだ。人として生まれ、故人と出会って築いた関係と絆。それが出来るよりはるか以前から、魂としての関係があるということ。しかし人の身に生まれたとき、そのことを忘れているケースが非常に多いという。

そういう場合、お互いの本当の関係は、「魂同士の関係・魂としての関係」ということになる。地上では一旦それを忘れて人間モードで0から交流し、それゆえに様々な経験や収穫を蓄積することもある魂の知己。それを思い出し、お互いに人としてではなく、「魂として再会する」ことが出来たら。
まさしく、「審判」のカードはぴったりかもしれない。
その場合、人間として棺桶に入った故人が「魂として甦る」という意味も自動的に含まれることになる。

魂の絆。よくスピリチュアル系の話では「家族や親戚になる者同士、強い絆や縁などで結ばれる者同士は魂の世界で今生のことを打ち合わせしてから生まれる」とかいう話は聞く。実際、そう話す知り合い(霊感持ち)はいる。

・・・やっぱそうなのかなあ? 今月突然逝っちゃった君のことを占って、今日が3回目。・・・3回とも、「審判」なんだよね。

それと、君のことを意識しながら今この覚え書きを書いてる最中。誰もいないはずの部屋で静止した座椅子の辺りから3回ぐらい妙な音が出てるんだよね。「べふ。」って。普段出ないよそんな音。 (2012.2.25.21:30分ごろ?)
この音に何か意味があるのか気のせいなのか分らないから、手がかりにまたひとつカード引いた。今度は「星」が出たよ。
意味は希望、メドが立つ、願いが叶う。
そしてこのカードは水瓶座を象徴するカードでもある。

・・・君は水瓶座だったね。ついこの間、最後の誕生日を一緒に祝ったもんね。 じゃ、この音は・・・

私が自分のことを「人間」という認識だけじゃなく、「魂」としても認識できるようになったら。少しずつでもそれが出来るようになっていったら。人間になる前の、魂同士だった頃から仲良かったことを思い出せるのかな。
忘れていた関係を思い出せたら、それこそ本当の「再会」だよね。
そう考えたら、君のいない悲しみが妙に癒されていったよ。

「魂」っていうのがあるなら、いつか願いは叶うと思う。

2012年2月22日 (水)

近況

身内が他界したため、本日のラジオはお休みします。ゴタゴタしててブログを更新できずにいます。

2012年2月11日 (土)

今年の恵方で起きた地震?

ネタがないので3日前の地震で軽く妄想。

佐渡市で震度5強「余震による雪崩に注意」

佐渡は日本の首都から見て今年の恵方方角にある。
今年の節分以降、恵方がNZのある方角から北北西に変わった。

恵方が新しく変わった途端に新恵方で震度5強。まだ恵方変わって6日なのに。

去年のNZといい今年の佐渡といい、近年何故か日本の恵方方角は示し合わせたように揺れる。

なお、例によって佐渡もまた「まつろわぬ者」の流刑地だ。佐渡に流刑された大物を調べてみると、鎌倉時代には鎌倉幕府討幕を企てた罪(=征夷大将軍に敵対した罪・呪術的には東征に歯向かった罪)で順徳天皇が佐渡に流されている。(余震多発地域の奇妙な偶然

リンク先のニュース記事によると、佐渡付近は北米プレートとユーラシアプレートの境界があってプレート同士の押し合いが発生しやすいという。
個人的な妄想では、この「押し合い」に何らかの形で間接的にフィリピン海プレートの変動による力も関わって今回の地震が起きた気がする。フィリピン海プレートもまた、北北西の方向に動いている(年間4cm)。言うなれば、このプレートは今年の恵方と同じ方向に動いてるのだ(そして最近、よく気の流れが変動する)。
で、日本列島で唯一フィリピン海プレートの上にあるのが伊豆だが、そのピッタリ北北西の方角に佐渡がある。伊豆と佐渡、どちらも「まつろわぬ者」の流刑地だ。妙な偶然か気のせいか・・・

【オマケ】

2012年の建国記念日、その鎌倉幕府開祖の征夷大将軍が眠る墓が何故か壊された。(朝日の記事

北北西の佐渡で地震が起きたのと同じ日、同じく首都から北北西方角にあるロシア連邦の空軍機5機が何故か日本の領空に接近し、日本の戦闘機が緊急発進した。

日本にはフォッサマグナ(ピンクの場所)といって西日本と東日本の境界地帯があるが、この地帯も伊豆付近から北北西方向に本州を横断している。佐渡はフォッサマグナの鬼門部らしい。富士宮や栄村や富士五湖など、強く揺れたり頻繁に揺れたりする場所が集まるこのエリア。今年はここにも注目か?

2012年2月 3日 (金)

落花生で豆まき?

節分に落花生をまくって、アリ?

そこで、ネット上で幅広くリサーチしてみた結果、北海道、東北、信越地方ではおよそ8割以上の方が落花生を使っているそうです。また、九州(特に鹿児島県と宮崎県)でも3割程度の方が落花生をまくことがわかりました。

節分の儀式「豆まき」は神々(神格化された日本の支配者)が日本を統一(各地を征服)していく東征の過程で敵対する者達を「鬼」として追い払ってきた歴史が下地になっているという。
朝廷に従わない「鬼」の代表格は蝦夷(えみし)。今の関東~東北にかけて住んでいた民族のことだ。
日本では東北の方角を伝統的に「鬼門」と呼ぶ。昔は東北方角のことを「ウシトラ」と呼んでいた事に因み、いつしか鬼は「角を生やしたトラ柄パンツ一丁の男」という描写になった。

鬼を追い払う時に使う豆は「煎った豆」であることが大事。豆まきには「鬼は煎り豆に芽が生えない限り戻ってくるな」と言う意味が込められているからだ。煎って念入りに加熱した豆に芽が生えることなどない。即ち、「永遠に戻ってくるな」ということだ。
・・・てことは、「煎った豆」ならコーヒー豆でも呪術的には可なのか(え

逆に考えると、煎った豆でなければ鬼はすぐに戻ってきてしまうことになる。
で、殻付き落花生てのはどうやって作るんだ? アレはちゃんと煎ってあるのか? もし煎ってるわけじゃないのなら・・・

記事読んでたら、落花生豆まきが多い地域と古代の『鬼エリア』が妙にぴったり重なってる。しかも落花生豆まき発祥地の北海道は、日本の最鬼門エリアだ。日本で一番東北の方角にある地域だから。
(大豆じゃないのは鬼さんへの配慮かもしれないw 思いっきり投げつけても大豆ほど痛くなさそうだし)

それと、今年に入って既に皇居が鬼門の方角から「パンツ一丁の男」に侵入されている。もう鬼は追い払うことが出来ないほど近くまで来てるんじゃないか? 
去年の節分の暗示←今振り返ると鳥肌が立つ

2月4日から来年の節分まで恵方は北北西に変わる。節分の時期に起きる特徴的な出来事はその国の今年一年を暗示すると言われてるが、今の時期に起きた北北西の方角で特徴的な出来事といえば記録的な大雪をもたらした低気圧(冬将軍?)か。日本は去年、霧島噴火や震災や靖国を始めとする各地結界の機能停止等で火気が大量流失した。大量の火気流失は今まで火気に押しのけられていた水気がその反動で堰を切ったように押し寄せ増大し、或いは水気が力を持つ現象を引き起こすことがある。大雪現象の材料になっている低温や大量降水といった要素は水気の分野だ。、奇しくも2012年は九星でいう六白金星の年、即ち金行の年で、五行思想では「金は水を生む(金生水)」とされている。今年の日本は水に関することや水気と関わる分野、アーユルヴェーダで言えばカパの様子に注目? (タロットなら女司祭ぽい)

落花生で鬼が追い払えるかどうか心配なら、スニッカーズはどうだろう。あれは「煎った落花生」がギッシリ入ってて当たると痛いから対鬼兵器としての威力は抜群かもしれないw
↓これを皇居の鬼門警護に標準装備してたらあの侵入者(鬼?)を追い払うことは出来ただろうか?

よいこのみんなはマネをしないでね

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ