« 靖国放火と日本大使館火炎瓶事件に奇妙な偶然? | トップページ | パンツ一丁の訪問者 »

2012年1月21日 (土)

野田首相の眼帯で妄想

目負傷の野田首相 「ストレスで判断力に陰りが…」と心理学者

まず、今回の出来事を“象徴性”という観点から説明しますと、目は、物事の識別判断、あるいは正しい直感というものを象徴しています。負傷によって目が不自由な状態になる、視力が低下するというのは、正しい判断力や認識力、物事を正しく決断する能力に陰りがみえる、ということの象徴といえます。

「象徴解釈」という作業は、心理学のみならず、占いの世界でも普通の作業だ。大きな違いは、心理学の象徴解釈は科学的だが占いのそれは非科学的という点。
科学的な象徴解釈は心理学者に任せて、占い師である私は彼の負傷について非科学的な象徴解釈(別名こじつけ妄想)をしてみよう。

まず、「右」という方角は積極性や能動性、顕在意識、理性(時に感情や無意識を抑圧する)、論理性、社会性、外界などを象徴する。
「目」は識別能力や意識の焦点、注意力、物事を理解したり解釈したりする能力を象徴する。

野田首相が右目を負傷し眼帯によって一時的に右目の視力が機能停止するということは、彼の意識は今、外界ではなく内なる世界(無意識)に向いていて、外の世界に注意が向いていない(関心がなくなっている)とも解釈できる。いわば「心理的引きこもり」だ。
無意識やその働き、感情等を象徴する左目が無事なので、今回の負傷は彼の無意識が積極的な外界への注意を一旦やめて内省を望み、無意識に抑圧した己の感情や思いに気付くことを望んでいる表れかもしれない。

仕事柄、周囲からの評価や人間関係といった外界の物事にばかり意識を向け集中してきた野田首相。そういうタイプはしばしば感情や無意識を抑圧する生き方を選びがちだ。彼の立場から社会性や理性で判断すれば、周囲のリアクションや評価を考慮して本音や自分の意見は押し殺す方が無難。言葉狩りで何でも失言扱いされる世界にいれば尚更のこと、あたりさわりのない没個性的な情緒の伴わない「建前」しか発することが出来ない。自己表現や情緒性など夢のまた夢だ。
(今回の首相、ものすごく地味で特徴や存在感やインパクトが薄いと感じるのは私だけだろうか? 自分を押し殺しすぎてる?)

「自分固有の能力や視点や感性を活かす」のも自己表現の一種だが、彼の場合、先述の理由でそれがあまりできていないように見える。自己表現の意欲も情緒の一種だからだ。
今のようなご時勢にそれをやったらどんな批判をされるか分ったものじゃない、という考え方があるかもしれない。
(代案なき批判と足の引っ張り合いに終始する政治は日本の特徴だ。もう100年以上そんなことばかりやってても先進国でいられる国・・・)
(なお、自分の意見や感性を遠慮なく発し政治で内面表現するタイプが橋下市長だ。野田首相とは正反対のタイプだが、これはこれで行き過ぎると政治や大阪を単なる自己表現や自己満足の道具にしてしまう危険をはらんでいる・・・)

己の情緒性(意欲性)を押し殺す彼だが、投票前の「ドジョウ演説」では政治に「夢、志、人情(=左目の象徴分野)」を取り戻すことを訴えていた。いわば情緒性や自己表現を抑圧しないでおこう、という意味だ。
しかし現状ではその意欲が抑圧されている。だから右目の負傷は象徴的に言えば「もっと左目で見ろ」「右目ばっか使ってないで左目を使え。左目の視点で判断しろ」という無意識からのメッセージみたいに見える。
こういうメッセージが出るほどになると、実際にその意欲を解放し実行したとしても、それが原因で周囲から叩かれて窮地に陥るという運勢にはほぼならないと思われる。
(が、本人がそう思っているかどうか・・・)

例えば、冗談みたいな話ですが、ちょっとした段差で足をけがしてしまった人が、何らかの理由で会社でのポジションも“失脚”してしまったというケースもある。本人はまったく意識していなくても、その人が置かれている状況と、実際にその人に起きたけがなどの現象が絡み合っているというのはよくあることなんです。

・・・こういう冗談みたいな現象のことを、ユング心理学では「シンクロニシティー」という。
占いの世界ではこの「シンクロニシティー」を心理学とは異なる独特の感性で扱う。例えば、野田首相の右目負傷と同時期に、偶然にも彼の出身地を流れる龍脈が変動現象を起こしている(特に龍脈北部で)。
野田首相はおうし座で「地の星座」に分類されるせいか、運が大地の気の流れに影響を受けやすいようだ。彼が当選した時期もやはり出身地を通る龍脈が活発に動いていた(東京湾北岸の地下深くで小さな地震が多発)。

占いの世界では、人工的にシンクロニシティーを引き起こす手法(易やタロット、ルーンなど偶然性を用いた占い)のほかに、世の中や自然界で起きているシンクロニシティーを見つけ出してそれを象徴解釈する手法などがある。 今回野田首相の負傷に対して行った象徴解釈は後者の手法だ。

まあ冗談みたいな手法に見えるよねw


野田首相占ってみた(動画)
(眼帯+自己表現や情緒の抑圧・・・首相と綾波レイの姿をうっかり重ねてうわぁ;ってなったのは私だけでいい。)

« 靖国放火と日本大使館火炎瓶事件に奇妙な偶然? | トップページ | パンツ一丁の訪問者 »

ニュース」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220482

この記事へのトラックバック一覧です: 野田首相の眼帯で妄想:

« 靖国放火と日本大使館火炎瓶事件に奇妙な偶然? | トップページ | パンツ一丁の訪問者 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ