« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

橋下徹氏占ってみた

以下、占星術ソフト「アストロロギア」より、ホロスコープを捏造していないことを示すため原文ママ。
()は私のコメントです。

出生図
太陽と土星が非常に強いセクスタイル
活力と抑制の調和。長期的な展望をもって、コツコツと努力を続ける。遠大な計画を実現させることのできる才能ないしは素質が備わっている。冷静で落ち着きのある人柄。

金星と冥王星が非常に強いトライン
いつくしみ深い性格。献身的な愛を限りなくそそぐ。美に関する分野で極端な才能ないし素質を持つ。
(情熱的な芸術家タイプっぽい?)

月と木星が強いスクェア
怠け者。楽観的すぎる。油断やぜいたくによって、困った事態になりやすい。安楽を好む。やや自分に厳しめの選択をするように心掛けるべし。(むしろ大阪がそんな感じw まさか大阪の惨状に自分の隠れた弱点を投影し、強く感情移入してる?)

木星と海王星が強いセクスタイル
発展と夢幻の調和。美しいビジョンにもとづき、うるおいのある発展をもたらす世代。個人的意味は、幻想的なものに対する強い適性。理想主義的な高潔な精神。

木星と天王星が合
約14年に1度できる世代的座相。高邁な精神に基づいて社会を変革しようというエネルギーを持つ。高い意識を持ち自由と独立を愛するが、進歩思想に対する盲信傾向があり、新興宗教などに傾倒しやすい。

火星と天王星がセクスタイル
情熱と独創性の調和。新しい分野を切り開くことのできる才能あるいは素質の持ち主。変革の指導者としての適性あり。ユニークな感性で成功。自分のやり方を貫き通す。

月と天王星が弱いスクェア
鋭い感覚と独創性の持ち主だが、ややユニークすぎる。単に目立ちたいがために人と違った奇矯な振る舞いに及ぶ。天才肌ではあるが偏屈。異常な感覚を持ち、突然ぱっと気持ちが変わることが多い。ユニークな創造性を生かせれば吉。

海王星と冥王星が弱いセクスタイル
信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている。

天王星と海王星が弱いセクスタイル
平均すると半世紀に1度ほど生じる世代的座相。美しいビジョンにもとづく変革を表す。とくに意識の変革という意味がある。1967~68年生まれの人はこの世代に属する。

火星と木星がごく弱いセクスタイル
非常に情熱的でチャレンジ精神旺盛。精力的に活動し、ぐんぐん伸びてゆく。

月と冥王星がごく弱いスクェア
極度に鋭い感性を持つが、情緒不安定。

金星と海王星がごく弱い衝
夢のような甘い話に弱く、結婚詐欺やインチキなセールスにひっかかりやすい。恋人を勝手に理想化して、結果的に幻滅しがち。既婚女性はよろめきやすい。将来に向けて美しい夢を思い描くが、おおかたは机上の空論。夢はあっても地道な努力が嫌い。そのため心の中に葛藤が生じやすい。快楽主義者。酒や麻薬におぼれる。夢想の能力を建設的に生かせれば吉。
(wikiによると若い時に商売で騙された経験があるという。鳩山元首相も同じ星あり)

木星と冥王星がごく弱い合
ほぼ12年に1度できる世代的座相。異常なまでの発展あるいは暴走という意味だが、必ずしも強い暗示ではない。社会的に大きな動きが起こりやすいとき、というくらいの解釈で良いだろう。

火星と海王星がごく弱い合
意味上、吉角・凶角両方の要素を併せ持つ。理想の未来を心に抱き尖鋭的に努力するが、他人にはその情熱が理解しずらい。直感力は異様なまでに研ぎ澄まされているが、これも「勘」なので他人には理解しずらい。現実逃避にエネルギーを傾け、やや自閉的な性格。
(非常に個人的な情熱に突き動かされて公私混同しない注意)

ヒンドゥー数霊術における今生のテーマ
安定性と自己鍛錬

【感想】
星と数霊術からイメージできる人物像はいかにもな改革者タイプ。遠大な計画を実現する力に恵まれており、精神的に安定してればその素質を発揮すると思う。 カリスマ性も充分だ。
ポイントは、無意識レベルに葛藤やコンプレックスを抱えていた場合、それらの裏返しで発生した欲望に突き動かされたり支配されないで常に安定し続けていられるかどうか。周りが見えているかどうか。
個人的な欲望や感情に走ったらあっという間に運気が乱れやすい。成功によって変な虚栄心にとりつかれないことを願う。それと、己の掲げる情熱のためなら手段を制限しない斬新な姿勢がエゴイズムと結びつくと危険。
(無意識レベルでは飢えの恐怖が比較的強い気がする。それがハングリー精神による上昇志向や闘争心の原動力になっているのだろうが、ネガティブな原動力に支えられた状態がアダにならなければいいが・・・)

(運や才能のある改革者タイプの人が最悪に転んだ場合、社会と自分が自己同一化したことで生まれる改革への情熱と大衆の支持が変な方向に暴走してヒ○ラーやスター〇ン、毛〇東といった類の、典型的な『カリスマ系独裁者』のパターンをなぞることもあるという)

以下、下衆の勘ぐり。ただの妄想。
彼が「大阪の改革」に彼個人の秘められた心の夢(大阪の惨状に投影した自己弱点の克服? 自己改革?)を無意識に重ねた結果、精力的に突き動かされているのだとしたら・・・(その心の夢の鍵を握るのは、安定性と自己鍛錬?)
仮に、大阪の改革は彼の本質的目的ではなく、むしろ彼個人の内面的・自閉的な欲求(=心の夢)を実現させるための手段にすぎなかった場合、その目的が叶わなければ(手段として役に立たなければ)彼にとって大阪の改革には意味がなくなってしまう。価値がなくなってしまう、ということになる。そうなれば、「突然ぱっと気持ちが変わることが多い」という占いの結果が暗示的になってくる・・・

また大阪への内面投影が自己同一視を引き起こし、「大阪の改革=心の夢を叶えること」になっていた場合、大阪の改革と運営を進めていく上で彼に異論・反論を唱える存在は最悪の場合「自己実現を妨害する敵」「自分個人の敵」になってしまいかねない。それだと感情的になったり、異論・反論者に個人的な憎しみを抱きやすくなる。
これ、フリーチベットブームにのめりこんだ人々の大衆心理(チベット解放に自己解放や自己実現を投影してのめりこむ)とも似てる。彼はブームが発生した年に府知事当選。まさかフリーチベットブーム時の大衆心理とそれに似通った彼の無意識が共鳴し運気に反映した結果??
(大衆心理共鳴は侮れない。かつてヒ〇ラーの運気を持ち上げてしまったことがあるほどだ。)

内面の願望を投影した物事に情熱を傾け突き動かされて発生する現象は、投影した物事が内面の願望(理想)とイコールではないことが分ったとき、その情熱は夢から覚めたように急激に低下していく。情熱に支えられていたポテンシャルも同じ軌跡をたどる。フリーチベットブームがすぐに終わってしまったのはそのせいだという説もある。占い結果の「急に気持ちが変わりやすい」とか、「恋人を勝手に理想化し幻滅する」という性質がもし本当なら、大阪の改革へ心の夢を投影した彼にも似たようなことが起きる可能性はある。
(こういうのは外れて欲しいんだけど・・・)

・・・全ては妄想。真実は定かではない。

デクレア・インデペンデンス

2012.7.21追記
橋下市長「正直、大変な状況」女性問題報道で

「恋人を勝手に理想化し幻滅する」という性質が裏目に出た。勝手に幻滅してはまた別の「理想を投影できるスクリーン(=お相手)」を探し求めてしまう意識が浮気に発展するパターンは占いの相談でもままある。
橋下氏が不倫相手(スクリーン役)にコスプレをさせていたのは己の理想を投影しやすくするための演出か。
恋人を理想化しやすいタイプは、恋人以外にも外界の様々なのもに自分の内面を投影・同一視し混同してしまうことがままある。それは、外の世界や赤の他人を自分の延長(自分の一部)と認識してしまうことと同じなので、本人も気付かず無意識にエゴイスティックな動きをしていることがある。
これに権力が加わってくると、「無意識の願望を象徴した内なる理想を投影したものを支配・私物化することで理想を実現した感覚を持ちたい」といった欲求に駆られない自制心が必要だ。さもないとヒトラーになってしまう。
(ただ、ヒトラーは病気だったという説もある。橋下氏はもっと理性的だと思うけど)

「理想」とは、内なる願望の象徴的な姿だ。理想がどんな願望を象徴しているのか解き明かし、内なる願望の正体を見つけてエゴイズムではなく適切な形で叶えてやることが大切だ。投影したものは願望の象徴(例え)であって、願望の正体ではない。

2011年11月23日 (水)

占い師AYAとタロットの世界

※この占いは、FM湘南ナパサの番組「元気が出るラジオ! 水曜ハイテンション!」における、毎月第四水曜日の占いコーナー「占い師AYAとタロットの世界」(19:40~)の占いコーナー「占い師AYAとタロットの世界」(19:40~)の内容を、許可を頂いてを文章化したものです。

今、あなたの目の前に三枚のカードが並んでいます。

     □ □ □ 
     左 中 右

三枚のカードのうち、どれか一枚を選んで下さい。選んだカードがあなたのこれから1ヶ月の運勢のアドバイスを示しています。
その結果は・・・

 


 


 


一枚選んでから見てくださいね。  
 
 
 
 
 
 
 
今回は全て正位置。 

◆右のカードを選んだあなた◆
【戦車】
特定の手段にとらわれたりこだわらないのがカギ。自分には不利だとか自信がないとか感じている物事があるとすれば、それは自分に不向きな手段でやっていこうとしてるからかも。発想や価値観を特定のやり方に縛られないことで、良いアイデアが生まれそう。金運にも同じことが言えます。(例:流行に縛られて苦手な服を勝負服に買う必要nothing)。
恋愛運、カップル・フリー共に自分と他人を比較して「自分は劣っている/不釣合いだ」などと決め付けていませんか? 同じテーマの中で張り合ったり比較するよりも「違いこそ利点」という発想が○。

◆中のカードを選んだあなた◆
【棒の6】
何でも一人だけでやろうとするよりも、時には仲間や友人の手助けを頂いてみて。手助けの活用センスも実力の一つ。時には見落としていたことを教えてもらえるときも。金運は安定。もし問題があるとすれば収入より支出の方かも。ご利用は計画的に。
恋愛運、カップルはサプライズを狙ってデートプランを全部一人で決めるより、相手と楽しく話し合ってみよう。その交流が相手を喜ばせる暗示。フリーは友人のアドバイスや情報提供が運勢を応援するかも。視野が狭いとプレッシャーを招きやすいので注意。

◆左のカードを選んだあなた◆
【杯の王】
優柔不断になったり気分の変化が多かったりして目先の感情に振り回され心が落ち着かないとしたら、その物事や選択肢の中には自分にふさわしい答えが入ってないからかも。結論を探す範囲を狭く限定したり決め付けないのがコツ。時には「思い切ってやめておく・見送る」ってのもアリかも。金運は衝動買い注意。本命が出るまでは貯金が無難かも。
恋愛運、カップルはお互いに恋以外の交友関係も尊重を。相手に理想を投影しすぎたり押し付けすぎずにありのままを見て考えて。フリーは不安感や強迫観念で大して興味も無い合コンにまで行くよりは、自分の時間を充実させることで自分磨きができそう。(合コンへの関心が減ったとしても怖がらないで)。


・・・感想はお気軽に。番組へのFAX、お待ちしております。

リクエストは
FAX番号0463(22)0783

2011年11月21日 (月)

「ドラゴンヘッド」に打ち込まれたくさび

今回の記事は以前見かけたニュース記事を思い出して書いたもの。決してタイムリーな話ではないが、妙に心に残っていたので今更ながら書いてみる。

壊れた「留め金」…海底の山の破壊が大震災誘発か

東日本大震災の巨大地震は、プレート(岩板)境界に沈み込んだ海底の山(海山)の破壊が引き金となって起きた可能性があることが、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の分析で7日、分かった。

Model
呪術的に見て、この「留め金」になっていた海底の山を表したのが鹿嶋神宮の要石(古来より地震を押さえる伝説の石)だったように見える。こういうのを「呪術的照応」という。
・・・何で古代人が海底の山なんて知っていたのか、ってところが非科学的なオカルトだけどw

鹿島神宮の伝説では、タケミカヅチ(雷と相撲と電気の神)によって地震を起こす大ナマズの頭(龍の頭という説もある)が動かないように設置された「くさび(留め金の一種)」が神宮の敷地にある要石だとされている。
動かないように押さえつけていた大ナマズ(又は龍)はプレート境界(又はプレート自体)のことだったんだろうか。
鹿嶋神宮の鳥居が倒壊した3月11日、タケミカヅチの力は失われ、鹿嶋の要石呪術は機能を停止したと以前から妄想していた(電気の神の力が失われることで原子力産業とそこから派生する利権の運勢も機能停止した) 。

要石と海山、どちらの留め金も震災時に「龍脈抑圧装置」としての機能を停止。「ドラゴンヘッド」は呪術的な留め金から解放され、抑圧されていた本来の動きを取り戻したわけだ。
あの漫画に出てくる『傷頭』と、頭にくさびを打ち込まれた龍が重なって見えるのは偶然か)

なお、千葉県香取市にある香取神宮の方にはオオナマズの尻尾(龍のしっぽ)を押さえつける要石がある。いまのところ、そっちの鳥居は倒れていない。

・・・ただし、根元に深いヒビが入ったとのこと。


スロースリップとレイライン

2011年11月17日 (木)

コルクの話とボジョレーの感想

ボジョレー解禁! ってことでコルクのお話

※以下は無教養の酔っ払いが恥の感覚を失って勝手に書いたことです。何一つ責任を負えません。

教養の無い占い師の嗅覚が生み出した妄想かもしれないが、多分、コルクがワインの香りをさらに多彩にさせてるんじゃないかと思う。開けたてのワインと一日経ったワインでは香りが違うのは周知のことだが、開けて一日経ったワインでもコルク栓のワインとスクリューキャップのワインではぜんぜん違う(素人判断)。
開栓して一日経ったワインにコルク栓をして保存した場合、コルクのせいでワインの香りにコルクの移り香が合わさり、それがよくラベルに書いてある「バニラやカシスのニュアンス」をワインの香りに与えることがある。こいつはコルクを抜いたビンの口に鼻を近づけないと味わえない香りで、グラスに注いでしまうと同じ香りは味わえない。(レスタックなどのボルドー系は栓を抜いて一日経つとこういう香りになる)

いわば、ワインという物質の香りに素材を生かしたメイクを施すのがコルクだと個人的に妄想している。
ただ単に空気に触れさせただけではバニラやカシスのニュアンスがつかないんじゃないかと思っている。
(それに思い至らなかった頃はワインをグラスに注いでビンと同じ香りを味わおうとしてつい飲みすぎた挙句同じ香りには行き着けなかった、と言う体験がある。まるで心の中にしか存在しない理想像を他人に投影しようと試みた挙句ことごとく失敗して運命の人には出会えないと嘆くようなものだ。心の中にいる運命の人とはとっくに出会ってるのに)

・・・で、今年のボジョレーなんだが、今年のブドウは例年より完熟するのが早かったらしく、甘い香りとフルーティーな酸っぱい香りのニュアンスが乳酸菌飲料のような雰囲気をかもし出していた上に、僅かに微発砲な感触がした。 これが今年の特徴か。
ボジョレーのライトボディによる軽さとフルーティさにカルピスのニュアンスと「・・・チリッ。」というオマケが付いてくる。 香りは甘いがパンチが効いた感じ。個人的にこの感覚は嫌いじゃない。
(決してワイン通なわけじゃないけど)
イ○ンならプラスチックのハーフボトルで500円だからネタとして飲む分にはいい味だと思う。

こいつを飲んだ後のカマンベールやヘーゼルナッツペースト入りチョコはいつもより美味く感じる。うまみが強調されると言うか・・・
ツマミが安くても美味くなるワインだと思う。
(ブルボンのプラリネショコラが合うw) (ついでになとりの砂肝おいしいw)

以上、本当のワイン通から見たら噴飯ものの素人感想でした。


2009年ボジョレーの感想妄想

2011年11月 5日 (土)

スロースリップとレイライン

スロースリップ:千葉・房総沖でプレート滑り 「群発地震誘発も」

近畿や九州の中央構造線真上で起きた地震、魚の大量死(神奈川で多い)、博多のイルカ、大阪のクジラ、荒川のアザラシといった動物の迷い込みなど、以前から関連エリアで何かを感じさせる現象を起こしていたフィリピン海プレートの変動。 それが今回は「スロースリップ」という現象を起こしたのだろうか。

スロースリップの起きた場所は以前にも書いた出雲~伊吹~富士山~寒川~浦賀水道を通る春分・秋分レイラインの延長に当たる海域(参照画像)。このレイラインはヤマトタケルが弟橘姫を失った浦賀水道や国引き神話と八岐大蛇退治の舞台になった出雲とも縁深い。
震災以降、東征と因縁深い場所が変動しやすい。
(ちなみに震災は冬至レイラインを延長した先の海が震源)
このスロースリップはフィリピン海プレートの動きが生み出した龍の背骨ともいえる中央構造線やそこから派生する龍脈、それを使っていた呪術、そして日本の風水的運気にも影響していくのだろう。

日本列島の整体はまだ続いているってことか。

余談:そういえば最近、オロチという名前のなんかスゴイ銀河が発見されたらしい。

ヤマトタケルの神話と二つの断層
ドラゴンヘッドに打ち込まれたくさび

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ