« 男性的世界と地母神の再会2 | トップページ | お釈迦様でも予想がつくまい »

2011年9月28日 (水)

男性的世界と地母神の再会3

以下に書いてあることは全て個人の無害な妄想です。1と2に入れられなかった補足。

◆日本と地母神
古代だと地母神 は大概どこの国にも存在していた(=どの国も女性的な豊かさの作り方を無意識では知っていた)。日本にも地母神がいた。しかしこの国もまた、他の多くの国と同じく、歴史のなかで地母信仰を抑圧したり忘れたりしていったし、社会が男性的な豊かさの方法一辺倒に偏っていった。本当は日本の中にも、地母神という個性と可能性が眠っている。女性的な豊かさの作り方を、日本の無意識(日本人の集合無意識)も知っている。

古事記や日本書紀に出てくるイザナミという神が日本の地母神だったようだが、神話の中では火の神を生んだときに焼かれて死んでしまっている。しかし、その設定背景が象徴するものを探れば甦らせる術も見つかるだろう。
(イザナミのお墓は古代に鉄の武器作りが盛んだった出雲にある。火は男性性の象徴でもあるので、それを踏まえればイザナミの死は意味深。さらに、オカルト視点だと原子力は究極の火気でもある。最近急速に始まった原子力産業の運気衰退もまた意味深。)

日本の地母神は震災の時に無意識の底からそっと呼びかけたような気がする。
「必要なものが足りない時は、奪い合う必要がなくなるまで沢山作って、沢山送り出し行き渡らせましょう。奪い合うと行き渡らなくなるから、せっかく充分な量を作っても不足してしまいますよ。奪い合いが飢えを招きますよ。」
被災地でもない地域(必要なものが足りてる地域)が買占めパニックで商品を不要に奪い合い、挙句の果てに物資不足(飢え)を起こした日本はあの時、無意識から来る地母神のお告げをきちんと聞けていただろうか?

経済に奪い合いのシステムを採用している人類は、その気になれば、うっかり過剰生産を起こして奪い合いが成立せずに大恐慌を起こせるほどの生産力を潜在的に持っている(生産力はある意味母性的な生み出す力だ。でも今の社会は奪い合いのシステムに依存しすぎてこれを制御し抑圧しないと市場がやっていけないのだ)。
また、豊作(地母神のご加護)が発生すると奪い合いが出来ない(出来ても不利になる)せいで生産者が損をする。だからご加護をブルドーザーでひき潰す。

【オマケ】
最近は出産や豊穣を祈願して地母神に捧げられた踊りが起源というベリーダンスが世界的に流行っている。乳房が沢山付いたアルテミスの出土したトルコやエジプトなどでポピュラーな踊りだ。文化的にベリーダンスとはあまり縁がなさそうだった日本の女性達も美容と健康に効果があるというので習う人が結構いる。女性たちが商売(市場競争)とは異なる目的で習い踊りはじめたのだ。これは世界規模の集合無意識が女性的な豊かさの記憶をよみがえらせ、地母神(=女神)を地上に顕在化させようとしている兆しかもしれない(妄想)。

心の飢えが本当の飢えを招く
部分と全体 連携と循環

【オマケ2】2013.5.21追加

« 男性的世界と地母神の再会2 | トップページ | お釈迦様でも予想がつくまい »

不思議な話」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220518

この記事へのトラックバック一覧です: 男性的世界と地母神の再会3:

« 男性的世界と地母神の再会2 | トップページ | お釈迦様でも予想がつくまい »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ