« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月12日 (木)

淡路麺業様とのコラボと生パスタ

淡路麺業様が発行するご当地グルメマップに、なんと私のイラストが載ることに。ブログを見た担当者の方から「使用させていただきたい」とのメールが来た時は驚いた。

これがそのグルメマップ。淡路島はタマネギが有名とのこと。
「map2.pdf」をダウンロード

その後、淡路麺業様が製造しておられる麺を沢山送っていただいた。ご好意ありがとうございます。

うどん、焼きそば、生パスタ(タリアテッレとリングイネ)が各3つずつ。Noodles_2


Pasta

とりわけおいしかったのは生パスタ。
タリアテッレ(幅広のロングパスタ)はミートソースを作って試食。
乾燥パスタの「アルデンテ」とはまた違った歯ごたえ。形がきしめんに似ているせいか、タリアテッレに妙な親近感を持った。太麺なのでお腹にガッツリ来るかと思えばそうでもなく、食べやすい。するする入ってしまった。

ミートソースにはナツメグやデミグラスソース、市販の炒めタマネギと野菜ブイヨンを隠し味に、セロリを効かせてクレイジーソルトとカゴメのトマトソース缶を使い、仕上げに再びニンニクを半分ほどすりおろして入れる「追い鰹」ならぬ「追いニンニク」をしたのがうまくいった。指が臭くなるけど。

一口食べたらハマって危うく写真を撮り忘れるところだったw 歯ごたえが面白いのだ。


Pasta_up

生パスタの歯ごたえは一度味わってみる価値はあると思う。

淡路麺業様の生パスタはこちらで通販されている。

リングイネの方もうまく料理できたらこの記事に追加で載せる予定(未定)


リングイネ追加。
リングイネは断面が平たい細麺。こちらはホタテとフレッシュトマトのパスタにした。麺をソースにあえるときゆで汁を少し足すことがあるけども、ゆで汁は乾麺より少なくした方がいいみたい。乾麺よりベトつきやすいため。
Pasta_tomato
市販のぺペロンチーノソースでホタテを炒めてワイン蒸しに。
トマトは1口大に切ってクレイジーソルト、マジョラム、すりおろしたニンニク、オリーブオイルで和えて味をなじませるために冷蔵庫で30~1時間寝かせる。
近所の農家が売っている露地モノの完熟トマトが手に入ったのが良かった。
こちらも麺の歯ごたえは独特。歯ごたえだけならリングイネよりはスパゲティー(断面が円の細麺)や太麺の方が分かりやすいかもしれない

2011年5月 6日 (金)

とあるパワースポットで起きた出来事と原発

来宮神社:古木が倒れ、鳥居壊れる--熱海 /静岡

2日午後9時ごろ、健康や元気を与えてくれるパワースポットとして人気がある熱海市西山町の来宮神社で、古木が根元から倒れ鳥居が壊れた。 御影(みかげ)石の鳥居は1920年に建てられた。

幸いにも、けが人はいなかったとのこと。
熱海のパワースポット来宮神社は、東征のヒーロー坂上田村麻呂が蝦夷討伐の戦勝祈願をし、東北など「まつろわぬ地」に来宮神社の分霊を配置したといういわくありげな神社。ここも鹿島神宮(3.11に鳥居が倒壊)同様、東征の呪術が機能停止した。 鳥居の倒壊はそのシンボリックな現象と見える(妄想)。

以前の記事で日本の龍脈に基づく開運の系譜が東征を行った古代大和朝廷から始まって現在は原発事業にも受け継がれてきたという妄想を書いた。そして、
「地震国で龍脈に開運を頼れば、その場所の龍脈が地震で動けば物理的にも運気的にも大きな影響を受けるリスクと隣り合わせだ」
みたいなことも書いた。 そして現在、3.11の大地震で日本中の龍脈が動いてる最中だ。

・・・ギョ。今、つけっぱなしのTVからニュース速報が入って、地震の巣とも言われる強烈な活断層の真上(即ち強力な龍脈の真上)に建てられた浜岡原発の原子炉が全て停止することが事実上決まったことを意味するニュースが入ってきた。菅総理の記者会見始まった。
何このシンクロw

日本中の龍脈変動に伴い、熱海のパワースポットが運気変動による呪術の機能停止を起こした3日後、そこから比較的近い強力な龍脈の上に建って運気を得てきた浜岡原発が機能停止する運気変動が発生。
熱海のパワースポット来宮神社は、浜岡原発の鬼門に位置する。
ついでに書くと、来宮神社の鬼門に鹿島神宮が位置し、鹿島神宮の鬼門に東日本大震災の震源(即ち日本の龍脈変動の源)がある。

龍脈変動による運気変化は、少なくとも原発の運気に限って言えば鬼門「(東北)と裏鬼門(南西方向)」という位置関係で発生したことになる。そして、今回は鬼門から裏鬼門のルート(東征とは逆ルート)で東征の開運呪術が終わる時期と原発の運気が終わる時期がまたもやシンクロ。

鹿島神宮の鳥居倒壊→福島第一原発終了 (東征ルート)
来宮神社の鳥居倒壊→浜岡原発終了(東征と逆ルート)

鬼門と裏鬼門。この位置関係を結ぶルートは、一部のオカルトマニア達の間で「神の通り道」とも言われている。
今回の「神の通り道」で起きた原発の運気。呪術同様、「機能停止」する時に発生する現象が最初よりはるかにマイルドになって来た。「東征と逆ルート」なのが良いのかもしれない。

あまりに強烈だった龍脈の「歪みの解放」が徐々にマイルドになってきたということかもしれない(余震も少しは落ち着いてきたし)。
本日午前2時に福岡浜通り(福島第一原発のある場所)で発生した5弱は、本日決まった浜岡原発機能停止を予感しての「神」による荒っぽい祝福か何かなのか? まるで変な体育会系のようなノリだな。
(あ、鹿島神宮の神って東征と電気の神だけど、相撲の神でもあったっけ・・・)

今後は「原発利権」という「ご利益」が終了するだろう。

【オマケ】
「神の通り道」を如実に示す位置関係の出来事はこの国の首都にも発生している。
3.11の東京スカイツリーと東京タワーだ。あの時の揺れにも損傷無く建設が進み、間もなく予定の高さに達したスカイツリーと、龍脈が歪みを戻そうとする揺れで逆に歪んだ東京タワー。
皇居の鬼門に建った新しい時代のシンボルと、裏鬼門に建った古い時代のシンボル。双方が直面した運気変動はあまりに象徴的で対照的。
そして、日本列島は世界の鬼門に位置してるようなものだ。世界の運気も神の通り道ルートで変化していくかもしれない

2011年5月 1日 (日)

鹿島神宮と奇妙な偶然?

以下に書かれていることは個人の妄想です。科学その他あらゆる見地からの根拠はありません。リンクは右クリックで別窓。

古代日本で行われた東征と国造りの呪術、「レイライン」の始点に位置する茨城県鹿嶋市には、有名な神社鹿島神宮がある。その原型は天智天皇の時代にさかのぼる由緒ある神社だ。そこに祀られている神様の名を「武甕槌神(タケミカヅチノカミ)」という。
この神様、東征の神様であることは以前触れたが、他にも担当分野がある。
実をいうとこの神様、相撲の神様であり、雷神であり、現代では電気の神様でもある。
日本の相撲と電気。この神様の担当分野である2つもまた、今は運気が大きく変わった。

まず、大相撲八百長問題。この問題が具体的・本格的に発覚したのが2011年2月2日。丁度この前日、鹿島神宮とつながったレイラインの終点にあたる霧島が4回目の爆発的な噴火を起こし、一連の噴火で最大の空振を観測していた。「噴火」は一種の龍脈変動であり、運気の流れを大きく変えることは以前書いた。あの噴火による運気変動の衝撃はレイラインを通って鹿島にも届いていたのかもしれない。それがタケミカヅチの担当分野である日本の相撲界の運気を大きく変えたような妄想が湧く。いわば「ドミノ式運気変動」?
そしてそれは、この時点で既にレイラインの呪術が終わり始めて(ほころび始めて)いたことを表していたような気がした。

次に、現在進行中の福島第1原発事故からはじまる経緯。これはタケミカヅチのもう一つの担当分野である日本の電気、それも電力事業の運気を根底からひっくり返すような大事件だ。その運気変動は、まるで大きい津波のようにグローバルなうねりになる。電力事業が背後で支えてきた物事の運気も激変するかも。
それが発生したのは2011.3.11。東日本大震災当日だ。この日、鹿島神宮の鳥居は、brokenkashima根元からポッキリ折れてひっくり返ってしまった。これで古代の呪術とそれが長い間作っていた運気は完全に終わった。特にタケミカヅチ及び鹿島神宮が担当していた運気に支えられて地位や繁栄や安泰を得ていた物事は、そのあり方を根底から建て替える必要になってくる。

地震で根元からひっくり返った鹿島神宮の鳥居。
根本的な建て替えを必要とする電力事業と大相撲
・・・なんて暗示的。


【オマケ】
八百長問題を受けて大相撲新生委員会が設置された日は、東日本大震災の前兆ともいえる三陸沖で5弱の地震が発生したのと同じ日。霧島~鹿島を通るレイラインをそのまま海まで伸ばしていくと、日本海溝に達する。東日本大震災を引き起こした地震の震源地も、日本海溝付近だ。

上に書いたことやレイライン・古代呪術との関連性に関しては、裏づけ不可能な妄想でしかないので、全てはあくまでネタだと思って欲しい。


霧島噴火と龍脈

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ