« 「帰国」見たあと思いついたネタ | トップページ | 韮澤さんと大槻教授が仲良くダンス »

2010年8月22日 (日)

オレカノ詐欺と占い

今回は潮凪洋介氏の記事に注目。

以下、 「オレカノ詐欺! 女を騙す男の見分け方」より一部引用

オレカノ詐欺とは「キミはオレの彼女だからね!」と確信を持って女性を騙し、二股かける“妻帯者を含むうそつき男”のこと。最近の“個人恋愛相談”で、残念なことにこの“オレカノ詐欺”の相談が続きました。この確信犯に騙された女性の心はひどく傷つき、人間不信、恋愛不信に陥り、みな恋愛トラウマを抱えます。もしこの“オレカノ詐欺”に2回連続で遭遇してしまうと大変なことになります。
この手の悩みを占い師に相談してくるお客様は多い。そのほとんどが、オレカノ詐欺の被害にあうことへの不安から、相手の気持ちを占ってもらうことでオレカノ詐欺かどうかを見分けようとする試みだ。

けれどもこれ、詐欺を見分ける手段になると思ったら大間違いだ。
これは占いを興信所と混同してしまっている。占いというのは、業者が証拠を持ってきてくれる興信所と違い、当たり外れが自力で確認できる(実感が持てる)必要がある。
よって、自分の恋がオレカノ詐欺か否かを占いで確認しようとするのは、学校の保健室の先生に難しい心臓の手術を依頼するようなものだ。
真実にメスが入るどころか、(お金が)大出血するかもしれない。 「占い依存症」という浪費によって。

さて、「この占いが正しいかどうか確認する手段がありますか?」という占い師の問いに「あります」と答えたお客様には、「占いにお金使うより実際に確認取ってください」で終わり。
「そんなこと確認できるか」と答えたお客様には興信所をおすすめしてみる。
「興信所は嫌だ」と答えるお客様には「証拠の出る興信所よりも占いをしたいと思うのは何故ですか?」と尋ねる。
すると、判明してくる心理は大きく分けて別れて主に二通り。

A:既に相手がオレカノ詐欺であると本当は自分でも分かっているが、それを認めることに耐えられず、占い師に「オレカノ詐欺じゃないですよ」と都合の良いことを言ってもらって現実逃避したいことに気付く人。
B:相手がオレカノ詐欺師ではないと頭では分かっているのに、「恋愛」というシチュエーションから過去の痛手(例えば過去のオレカノ被害)を連想することで過去の恋に現在の恋を投影すると同時に同一視てしまい、「きっとまた同じ運命になってしまうのだ」と架空の不安感(=妄想)をでっち上げ、そこから抜け出せないから占い師に「オレカノ詐欺じゃないですよ」といってもらって抜け出そうとしていることに気付く人。(B)

この2通りの心理に対して占い師として提供できるサービス(一例)。
A:ダマされたことを受け入れられない理由をお客様と共にさぐることで自分の心の本音(本当は自分は何を求めているか)に見当をつけ、それに基づいて自分が本当に望む恋愛や生き方をさぐって行くための開運法を占う。この過程で自然とダマされたことを受け入れられることが多い。本人が実は恋愛とは異なるものを求めていることが判明することある。

B:同一視妄想の原因となった過去の痛手を振り返ることで当時の自分を見つめなおし、今回は過去と違ってどのように変わっていきたいか、もし過去の痛手を経験せずに望む方向に変わった自分なら、今回の恋をどのように楽しむかを想像してもらう。その一連の作業の補助にタロットカードを用いる。

相手がどうも胡散臭いと感じてさぐりを入れたいのだが、相手にそのことがをバレたり誤魔化されたりせずにうまくやるには? という場合は、占い師にさぐりを入れるポイントを占ってもらう前に、上記の潮凪洋介氏の記事に飛んでみてはいかがだろうか? 案外占いにお金をかけずにいい方法がひらめくかもしれない。

« 「帰国」見たあと思いついたネタ | トップページ | 韮澤さんと大槻教授が仲良くダンス »

占い」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220657

この記事へのトラックバック一覧です: オレカノ詐欺と占い:

« 「帰国」見たあと思いついたネタ | トップページ | 韮澤さんと大槻教授が仲良くダンス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ