« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

貴重な分析の始まり?

秋葉原事件「償いの意味込め真相話す」 加藤被告法廷で


もしかすると、これは彼の分析を周囲も応援した方がいいんじゃないか? とさえ思ってしまった。
彼は、単に判決を軽くするためにそういうことを言い始めたわけじゃないようだ。
彼の分析はまだ始まったばかりで、問題の表層部分に触れただけだと思う。そしてまとまらずに雑然とした断片がいくつか集まっただけの部分も多いだろう。けれど、非常に重要な取り組みが始まったのだと思う。いつか深層へ至る凄く重要なアプローチが始まったのだと思う。犯罪史上、今までこういった試みがなされたことはいままであっただろうか?
彼が己の闇を分析し知っていくことが、ここ10年で多発する「理解しがたい」とされる似たような事件の背後に潜む問題へのアプローチを助けることになったり、事件を起こさないだけで彼のような闇を抱えた人々への有意義なアプローチになりうるかもしれない。人間が持ちうる心の闇の姿を知ることや、それらを防いだり闇に墜ちた心を立て直すためのヒントがわずかでも見えるかもしれない。
自分の犯罪と虐待の間に何らかのつながりが発生する人と、そうでない人の違いが何か分かるかも知れない。
そう思うのは期待しすぎだろうか?

彼には、包み隠したり誤魔化したり打算的にならず、ありのままに己を突き止めて行って欲しい。専門家や周囲がそれを応援できればなおいい。専門家の分析と照らし合わせることも大事だ。分析が進んでいくうちに、新たな真相が見えてきて、今までの分析認識が勘違いだったことが分かる場合もあるだろう。それでいい。勘違いが分かっただけでも収穫であり前進の証だ。
色々分かったことや勘違いの修正を含めて、その全てをブログにして書き綴る(発表する)ことが出来たりすると、多分意義深いと思う。
書いていく過程で、彼自身何がどう間違っていたのか、己の過ちの姿を深く把握しやすくなると思う。

「そんな分析をやったって遺族や被害者の溜飲が下がるわけでもないし、罪が軽くなるわけでもないんだから無駄だ。分析なんてただの逃げや言い訳だ。世間の神経を逆なでするだけだからそんなことさせるな」と切り捨ててしまうのはあまりに惜しい。短絡的だ。
分析は誰かの溜飲を下げるためのものではないし、そもそも罪の償いや近代国家の刑罰自体、誰かの溜飲を下げたり誰かの憂さ晴らしを手助けするためのものではない(期待するだけムダ)。

むしろ、何故もっと早く犯罪者達にそういったアプローチをしてこなかったのかと思う。心の裏側を見つめる、心の裏側にアプローチするという発想自体は、犯罪者だけではなく、犯罪の被害者やその遺族達に対してもよい効果があるように思える。

内部のどこがどのようにして歪み、どこがどのようにして傷ついているのかが分かれば、それらを矯正したり癒したりするのに役に立つと思う。

単に起きたことの痛ましさや悲惨さや残酷さに対して怒りや悲しみや憎しみをぶつけるだけでは、通り一遍等の正義を振りかざすだけでは、再発防止にならなかったり解決しなかったりする物事もある。
それは犯罪だけじゃなく、事故や戦争だってそうかもしれない。

※この文章には犯罪を肯定する意図はありません。

2010年7月25日 (日)

暑中お見舞い申し上げます

Happy_summer_010

今年はホント暑いですね。屋外のお仕事をしている方々は本当にご苦労様です。暑いとのどが渇きますが、水分を取るだけでなく、ミネラルも補給した方が脱水予防が出来ます。麦茶もミネラルが豊富なので、夏に麦茶を飲む習慣は昔の人の知恵なんでしょうかね。因みに、ビールとコーヒーは水分補給になりません。
アーユルヴェーダ的には、暑い時+アルコールはあまり勧められない組み合わせなんですが、私はキンキンに冷えたビールやツマミを前にすればそんなことは思い出せません。ビール腹と二の腕の「お振袖」が気がかりですが、「やめる」という選択肢はありません。暑いから運動する気にもなれず、時々クーラーの効いた部屋で気休めに腕立て伏せを数回してみる日々です。

2010年7月15日 (木)

欲求の取り違え

※以下は根拠のない憶測です。

兵庫・宝塚の中3自宅放火事件

思春期には親を殺す夢を見たり、昼間でもふとそれを空想することがある。 親殺しのイメージは無意識に潜む抑圧された自立の欲求、自分の人生を自立して作る欲求を象徴的に表したものらしい。「殺す」のはあくまで象徴的な例えでしかない。親に縛られる心や親に依存する心など、「自立を妨げる心」を象徴的に殺すといったところか。
家庭内に悩みがあればなおのこと、自立した人生を送りたいという欲求は強かったかもしれない。
彼女達は内面から強く沸き起こった自立欲求の象徴を理解できず、自分が本当は何を欲求しているのか自覚できずに象徴的な例えの「殺し」こそが自分の真の欲求だと勘違いした?
本当に親を殺したかったわけじゃないのに、象徴的な「殺し」を本当の殺意と混同した?
内面欲求の象徴を物理的に額面通りに受け取ってしまったために、本当に実行してしまった…?

無意識領域に抑圧された心は論理的な言葉(顕在意識の技術)を使うことができずに、象徴的、比喩的にしか形容することができない。けれど顕在意識はそれをスムーズに理解できるとは限らない。むしろ苦手だ。
人間が己の心を理解できずに象徴と本当の欲求(象徴が表現している欲求の正体)を同一視してしまったが故に発生する悲劇は後を絶たない気がする。

これも「汝自身を知れ」か・・・

己の深層からやってくるメッセージの解読には、象徴解釈力が要る。この力を身につけると、心強い。

2010年7月 8日 (木)

世界一有名なタコ

※リンクは右クリックで別窓

ドイツの水族館に、今年のW杯ドイツチームの勝敗を100%当てるタコのパウル君(イギリス出身)が注目されている。

で、スペイン戦の結果も見事に当てちゃった。
“神託タコ”の敗北予言ズバリ

スペインとドイツでのパウル君に対する反応が面白い。というかひどいw
ドイツ敗戦的中の“ご神託タコ”脅迫?「サメの水槽に入れるべき」「サラダに」

ドイツは占いやオカルトに傾倒するとろくなことにならない歴史がある。で、そのことを某所のニュース記事コメント欄に書き込んでみた。閲覧者の反応変化が興味深い。

その1:スペイン戦の前。2010年6月28日(月) 1時27分

ドイツが占いやオカルトに傾倒すると後でろくでもない結末を迎えるのは歴史が証明してる。 むしろこの状態は不吉

【私もそう思う 2点  私はそう思わない 4点 】


その2:スペイン戦の後。2010年7月8日 10時18分

だからドイツが占いやオカルトにハマるとろくでもないことになるとあれほど…

【私もそう思う5点  私はそう思わない2点 】


パウル君はオカルト大国イギリスの出身。かつてイギリスは占い依存症に陥ったナチスに対し、占星術で裏をかいた事がある。


大英帝国、戦いに魔術師と占星術師を雇う

2010年7月 7日 (水)

ヘタリアをタロットに当てはめてみた

今回は個人的な趣味に走った記事。ヘタリアでタロットを作ったらこんな感じかなという妄想。タロット対応は絵柄よりも意味を優先。分からない人スイマセン。

愚者:
アメリカ(愚者には怖いもの知らず、という意味があるため)

魔術師:
イギリス(魔法使えるし)

女司祭:
リヒテンシュタイン(伝統的に清純な女性の姿で描かれるため)

女帝:
ウクライナ(伝統的に豊満な女性の姿で描かれるため)

皇帝:
中国(始皇帝的な意味と、カードのシンボルカラーが赤なので)

司祭:
イタリア(バチカン的な意味で。バチカンのキャラがいれば交代)

恋人:
オーストリア&ハンガリー

戦車:
ローマじいちゃん(戦車を古くから使っていた国なので)

力:
プロイセンをなでるフリッツ親父(無骨な軍事国家に洗練された文化をもたらした所がライオンを手なづける貴人のイメージと重なった)

隠者(賢者):
カナダ(ある意味いつも隠れちゃってるからw アメリカと違って思慮深さがあるのもカードの意味とマッチ)

運命の車輪:
エジプト(カードにスフィンクスが描かれることがあるため。車輪を国章にしてるインドのキャラが登場すればそれもアリか)

正義:
スイス(カードに中立的な視点、という意味があるので)

吊るし人:
フランスとジャンヌ・ダルク(自己犠牲という意味があるので)

死神:
神聖ローマ(横たわる神聖ローマと死神的な絵柄で)

節制:
ドイツ(某国の塩分を節制させる役だったのでw)

悪魔:
ロシア(束縛という意味があるので。絵柄的に、鎖に囚われているのはバルト三国)
ロシアを縛り付けて結婚を迫るベラルーシや、鎖で繋がれた植民地(南米等)を従えるスペインでも面白いかも。

塔:
崩れる塔(ソ連の象徴)からパラシュートで脱出しする旧ソ連領の国々とパラシュートなしでまっさかさまに落ちるロシア

星:
シーランド(希望という意味があるため、将来国になる希望を持った彼に・・・)

月:
トルコ(国旗的な意味と、仮面で素顔を隠している様子が真相不明というカードの意味とマッチするため)

太陽:
日本(国名と国旗に太陽を使ってるから)

審判:
ピンクの棺から甦るポーランド(カードに復活という意味があるのと、ポーランドという国家が何度も消滅しては復活しているため)

世界:
地球の上で輪になっているキャラたち(アニメだとエンディングのアレ)


ヘタリアのお料理動画好評御礼申し上げます。

2010年7月 2日 (金)

お台場

携帯にしてはいい写真が撮れたので。(クリックで拡大)

Bainbow_bridge1


« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ