« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月21日 (月)

暴走せずに自分のペースを保つこと

「島国根性」とか、「出る杭は打たれる」とかいう言葉が生まれる程度に日本人は、「同質を好み異質を嫌う」といった傾向が強い。それがいじめの原因になったりすることもあるくらい強い。神経質にみえるほど。
多分それは、繊細で敏感な感性とも関わってるのかもしれない。
繊細で敏感ゆえに「周囲の影響を受けすぎて自分を見失いやすい」 からかもしれないとふと思う。
自分達が精密機械か極度に敏感で色んなものに共鳴しやすくチューニングが難しい(ズレやすい)弦を持つ繊細な楽器みたいなもので、その取り扱いに四苦八苦しているのかもしれない。
それで「同質を好み異質を嫌う」。自分と「同質なもの」との接触ならば自分が「変質」しなくても済む。でも異質なものとの接触は気をつけないと自分がその異質さに影響されて変質したり、異質な波長に共鳴しちゃってその波長に乗り移られててしまうことが多いので、それを防ぎたいのかも・・・
ゆえに、異質なもの(またはその恐れがあるもの)との接触に対し、「自分を保つことが出来ない」という恐怖や煩わしさを無意識に持っているような気がしてきた。
繊細さと敏感さは優勢だが異質なものと同居しながらも自分の性質を保ち続ける力があまりない。だから時に流されやすく影響を受けやすい。 外部の空気に感化され、「乗り移られて」しまい、自分を見失うことも。
で、もしも異質なものとの過剰な接触を遮断できずに自分を保てるキャパシティーを超えてしまうと、それに乗り移られて(共鳴しちゃって)自分の独自性が抑圧されてしまうことになる。すると、抑圧された「独自性を保とうとする本能」が暴走を始める。

大事な「自分」というものを守るために、外部の異質な波長に自分が同調・共鳴しちゃって独自性・独立性を乗っ取られる前に、自分が外部を乗っ取ってしまおうと試みる。自分の波長に外部を同調・共鳴させればいいと考える。それなら自分の世界は壊れない。
「乗っ取られる前に乗っ取ればいいんだ」とばかりに外部を自分の世界の一部にしてしまおうとして本能が暴走するとさあ大変。時には周囲を侵略し自分の文化(独自波長の具現化したもの)を押し付けることも・・・

鎖国(引きこもり)を強制終了させられた日本は次の100年で影(ユング心理学のシャドー。抑圧された自分の一部分。時々抑圧を破ってふいに表面に出る)に飲み込まれ、その衝動に駆り立てられ、暴走して侵略者になった。
その間、カミカゼは一度も吹かなかった。

そして現在。かつて己を侵略者の道に駆り立てた「影」とそれが引き起こしたトラウマを様々な部分に連想・投影しては嫌悪するようになっている。

(日本が「影」 に飲み込まれて暴走したのと同時期に、ドイツもまた別の理由から影に飲まれて暴走しており、遠く離れたそういうもの同士がつるんだのは興味深い)

その反面、日本人は異質なものを取り入れて(外部のものを自分流の道具にして)独自のものをつくるなど、よい意味で「異質なものを自分のものにする」のも上手だ。例えば外国の技術を仕入れて良質な自前の製品を作ったり、体型的ハンデをカバーする自前の豊かな感性で海外のバレエ団で活躍する日本人のバレリーナ・バレエダンサーもそこそこいる。
ちゃんと自分を保てる状態ならば、異質なものと自分自身の素養で素晴らしいコラボをすることも出来る。
自分と異なる楽器と合奏するなら、どちらの音もかき消されず(かき消さず)にハーモニーをつくる必要がある。「ハーモニー」はどちらの楽器の音色も生かし、可能性を広げる。
「自分」という繊細なる楽器を上手に取り扱って、暴走させず傷つけずに美しく奏でられる日、美しい合奏が出来る日は、いつだろうか?

2010年6月14日 (月)

はやぶさの「死」に神秘を見出してみる

小惑星イトカワを探査する惑星探査機「はやぶさ」が数々の故障やトラブルを抱えながらも波乱の長旅の末に地球に帰還。イトカワのサンプルを入れた(かもしれない)カプセルは上空で切り離され、偶然にもアボリジニの聖地に落下。使命を果たした機体は地球の空に燃え尽きた。これが妙に日本人の感傷をかき立て、はやぶさを萌えキャラ化して最期をしのぶ人も出たくらいだ。「命を懸けて役目を終え散っていく感動的な話」と受け取るか、「用が済んだら使い捨てにされる可哀想な話」と取るかはその人次第。日本にはかつて探査機と同じ「はやぶさ」という名前の戦闘機があり、それを作った技術者の一人が小惑星と同じ名前の「糸川さん」だった。この戦闘機は大戦末期には特攻機としても多く使われ、乗組員共々探査機同様の運命を辿っている。目的は全く違うが不思議な運命の繰り返し・・・

今回も個人的なオカルトマニア視点を使って探査機「はやぶさ」に思いをはせて見た。
ハヤブサはエジプトで天空の神ホルスの化身。ホルスに対応する元素が大気と火なので、大気圏で燃え尽きた
「はやぶさ」にはぴったり。
また、13という「死」を意味する数字の日にはやぶさが「死んだ」のは意味深。その死に方もオカルト的死生観を象徴している気がする。
はやぶさ、最後は燃えることで物質からもとの元素の状態へと解放され、地球の大気と溶け合うことで地球と一体化。物質としての体がなくなった後も目に見えぬかたちで地球と共に(または地球として)生き続ける、と言えなくもない。(千の風に~♪)。
(死後は地球の大気になってうんぬんとかいうセリフのある漫画が昔あったな・・・)

「はやぶさ」を人間の顕在意識に置き換え、地球をユング心理学の「セルフ」に置き換えると、オカルト的な「死」のイメージに近い気がする。以下妄想。
・・・独特の機能を持つ顕在意識がセルフから分化し、無意識レベルの回線でセルフと繋がりながら地上世界で人生の旅路を行く。人生の旅を終え、様々な経験(データの蓄積)をした意識は顕在意識の姿(セルフから分化した状態)を解いてもとの状態に戻っていき、セルフと一体化し「魂」という形で生き続ける。セルフ(魂)が獲得した経験データは何らかの形で生かされる。いつか魂の一部は再び分化し、どこかで「人間」になるかもしれない・・・

オカルトの世界が言うように、死んで体がなくなった後の人間は、形を変えてどっかで生き続けるんだろうか?

2010年6月10日 (木)

菅(すげ)替え?

※強烈な電波が出ています

菅直人氏が首相になったら民主党の支持率が一気にアップしたそうだ。「すげ替え」などと揶揄される菅政権だが、ちょっと駄洒落チックな偶然の一致を見つけ、それが個人的にツボにハマったのでここにメモっておく。基本、くだらなくて意味不明な一人遊び。オススメしない。


菅: スゲ。その昔、屋根を作るときの材料になっていた植物。
よく「管(くだ)」と間違えられる。

菅直人→菅を直す人→屋根を直す人?

伝説によると、日本にはその昔「ウガヤフキアエズ王朝」という名前の王朝があり、名前を現代風に直すと「屋根を作るのが間に合わなかった王朝」といった奇妙な意味になる。王朝は今で言う政権みたいなもの。

ここで急に話は変わる。本当かどうかは知らないが、ウィキペディア先生によると、菅直人氏の大昔のご先祖様は菅原氏であったとする噂が出ているそうな。

菅原氏といえば、天神様として祀られている菅原道真。平安時代、頭のいい政治家だったらしいけど政敵の陰謀によって陥れられ、大宰府(北九州)という地方に左遷され没した人。彼の死後、京の都には異変が相次ぎ、極めつけは当時の国会議事堂のような役割を持つ建物「清涼殿」に発生した激しい落雷。会議中だった建物は全焼し、彼を陥れる陰謀に加わったとされる政治家をはじめとする多くの要人が死んだ。人々はこれを陰謀で左遷され失意のうちに死んだ道真の怨念による祟りと考え、祟りを恐れた人々の手によって道真は「天神様」になった。
そんな人がご先祖様かもしれないと噂の流れる菅首相。その噂を聞いた後、彼が内閣人事の話か何かで「復讐は考えていません」みたいなことを言ってたので印象に残った。
以前彼を占った時、占星術ソフトの鑑定結果には「怒りが内にこもるタイプ」とか書いてあったなぁ・・・

落雷は行き詰った状況を崩壊させる力の象徴でもある(ゆえにタロットの塔には雷が描かれている)。
清涼殿のような被害が出なければ、国会に「雷」を落とすのはそう悪いことじゃない気がする。
もし「落雷」があったら・・・
・・・今回は屋根の作り直し、間に合うのかな?

2010年6月 4日 (金)

菅直人氏を占ってみた

以下、占星術ソフト「アストロロギア」より、ホロスコープを捏造していないことを示すため原文ママ。

【動画版】

【文章版】
水星と木星が非常に強い合
高尚で知的だが、やや押しつけがましい。高級な理論などを得意になってしゃべりまくる傾向あり。行動はすばやい。陽気で憎めない人物。

月と土星が非常に強いトライン
感受性と抑制の調和。一時的な感情に流されることなく、また冷淡ということもなく、程よい距離を置いて物事をしっかり見つめる。冷静にして柔軟。あまり目立たないが、内面的に調和のとれた美しい人。
感覚はやや古風で奥ゆかしい。

土星と海王星が強いセクスタイル
平均すると十数年に1度の割合で生じる世代的座相。制限と夢幻の調和地道な未来像という意味だが、それまでの浮ついたビジョンが崩壊するという含意もある。世界恐慌の1929年に、このトラインができた。
(彼が首相になれば浮ついたビジョンを崩す役割??)

月と海王星が衝
極めて鋭い感覚を持つ。しばしば潔癖性。夢想癖があり、非現実な甘い未来を思い描く。美しい夢を持つが、現実的な計画や努力が伴わないことが多い。現実逃避や自閉の傾向あり。
多感すぎるがゆえの脆さと危うさ(鳩山さんと似てる・・・)

火星と冥王星がスクェア
極限的なエネルギーの持ち主だが、陰性であまりにも鋭角的。健康を犠牲にしてまで不眠不休・徹夜で研究にうちこんだりする。表だって他人と争うことは必ずしも多くないが、かっとなると前後の見境がなくなり、殺人さえ犯しかねない。(極端な例えだが、鳩山元総理と同じ星回り)

太陽と冥王星が弱いセクスタイル
やるときにはとことんやるという強靭な行動力の持ち主。行動の目標に向けて異常なまでの集中力を発揮する。

火星と土星が弱いスクェア
怒りが内にこもるタイプ。陰湿で冷酷。人間不信で猜疑心も強い。争いを伴う試練多し。新しいことを始める意欲はあるが、集中力と情熱が持続せず挫折を味わいがち。ぎすぎすした性格で心もすさむ激烈なエネルギーを秘めているが、病気などの不運にありやすい。本当に熱中できることを見つけられれば吉。

水星と土星が弱いスクェア
知性・表現力が抑圧される。不勉強で活発さを欠く。自分の気持ちを言い表すのが苦手。陰気だが、あまり冷静ではない。内面の落ち着きを欠き、神経質で苦労性。どうでもいいことをあれこれと気にかける。悲観的で疑い深い。もっと気楽に楽観的になった方が良い

木星と土星がごく弱いスクェア
発展と抑制の衝突。社会の動きが混乱する世代。世代的な座相であるが、個人的な意味もかなり強い。この凶角を持つ人は非常に緊張感のある人生となる。

海王星と冥王星がごく弱いセクスタイル
信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半および1960年代にもこの角度ができている。

太陽と天王星がごく弱いトライン
活力と独創性の調和。新分野で精力的に活躍できる才能ないしは素質を持っている。新商品の開発や広告業など、豊かな発想力を必要とする分野に適性。行動にはユニークな面があり、しかも偏屈ではない。おもしろいやつとして好感を持たれる。(鳩山元総理と同じ星回り)

土星と冥王星がごく弱い合
約35年に1度できる世代的座相。異常なまでの自制心を表す。敗戦後のどん底の時代、1946~48年にこの合が生じている。(浮気は自制できませんでしたね)


菅氏、なんとなく鳩山元総理同様、タロットの「愚者」の役割を引き継ぐような気配が・・・
鳩山元総理をタロットに例えると? (お遍路姿と愚者の絵がちょっと似てるという指摘を某所で受けたw)
ヒンドゥー数霊術では菅氏は運命数1、霊数4。今生のテーマは「諦めること」と「満足を知ること」。「イラ菅」ならさもありなん。そんなすぐに景気回復しそうにないんだから小さな目標がカギだろう。鳩山氏のように現実離れした理想主義に走ることで現実逃避をしないようにご注意願いたい。現実のなかにこそ効果は小さくても実現性のあるチャンスが隠れているわけだから。

今年の7月22日に、彼の星座(天秤座)に抑圧、制約、制御といった意味のある土星が入る。天秤座は土星にとって「高揚の座」なので、彼も土星の影響を強く受けそうだ。彼の極端さは制御されそうではあるが、「自分の色」を出しづらくもなり、反体制志向の彼には葛藤があったり反発したくてもどかしい気分になったりするかもしれない。けれども、新しい発見もありそう。

2010年6月 2日 (水)

鳩山元総理をタロットに例えると?

Fool
続投をほのめかす親指ガッツポーズのフェイント(?)をした直後の本日、鳩山総理が辞意表明をした。小沢氏を道ずれにすることで刺し違えたのだという人もいる。
ホロスコープの海王星の影響か、いわゆる「不思議ちゃん」タイプの鳩山総理だが、彼をタロットで表すと、やはり0番の「愚者」のカードがしっくり来るように思う。
これは単にルーピーと呼ばれたから連想したというわけではない。タロットの世界において、愚者はしばしば「本人が全く意図せず動いているにもかかわらず、実は無意識に意味のあることをやっていた」というケースを示すことがある。しかし周囲の人間の目には愚者が意味不明、支離滅裂、無軌道、無思慮な者(不思議ちゃん)としか写らない。実際、本人は何も考えていないことが多い。むしろそうであるがゆえに、頭が空っぽであるがゆえに、それが単純な霊媒のような性質を帯びて無意識や集合無意識に同調・連動した言動をすることで独特の意味を持つ役割やトリックスター的な役割を果たしていた、なんてことがある。そして、(今まで続いてきた)物事や秩序をひっくり返して「ゼロ」に戻すという機能もある。だからカード番号が0番。愚者は後世にトランプのジョーカー(宮廷道化師)になっている。トランプゲームではジョーカーがゲーム参加者の優劣を一気にひっくり返すような機能を持ってることが多い。ジョーカーだけは他のカードのようなルールの縛りを受けないことも多い。

また、愚者=ジョーカー(宮廷道化師)という点から、愚者は王様(即ち政治)が見落としてきた物事や都合が悪くて隠してきた・目を背けてきた問題点をあぶり出し、ばかげたジョークで皮肉り突っつく役割もある。宮廷道化師だけは臣下が口に出せないようなこともネタにしてズバリと突くことが許されていた(建前上は)。それで時々ジョーカーの発言が宮廷や政治に大きな作用を及ぼして(時には政策にアラが見つかって白紙に戻ったりして)、一番偉いはずの王様が道化師に頭が上がらなくなる(秩序をひっくり返す機能が発動する)こともある。
しかもタロット「愚者」の場合、トランプのジョーカーと違うところはそれらを意図せず無意識にやってしまうところ。ジョーカーが頭を回転させ空気を読みタイミングを見計らってやることを、愚者は何も考えずに空気も読まない言動で意図せず偶然に絶妙のタイミングで同じ結果を引き起こすツワモノだ。そして自分が何をやらかしたのか、何を言ったか、その結果周囲にどんな影響があったかということは理解しない。

これは、ある種のシンクロニシティーが働いているということでもある。愚者は、「頭が空っぽ」なために集合無意識や運勢の源の世界に感化・感応されやすく、それらの見えない世界の動きに連動・同期した言動をすることが多いためという説がある。それが愚者の無意識に繰り出す偶然の絶妙な「ジョーク」なわけだ。
日本人の多くの無意識が、そんな愚者の役割をする者をどこかで求めたために彼という器が首相に選ばれたのだろうか・・・。
過去に鳩山氏のホロスコープを見たところ、彼もまた感化され流されやすい星回りを持っていた。常に曖昧で芯がブレるのもむべなるかな。
流されやすさと曖昧さ(それと自閉的気質?)は日本人にありがちな性質でもあり、鳩山氏はその極端なカリカチュア(揶揄した戯画)っぽい所はある。なにより、鳩山氏は民主党やその政策のアラをいかにも愚者的にあぶりだしていると思えるのは気のせいか?
また、物事を「ゼロ(白紙)に戻す」ところもご存知の通り。アラのある法案もだいぶ白紙化しそう・・・

そして、鳩山氏にはそれだけではない何かを感じる。もし彼が「愚者」であれば、彼の不思議ちゃんぶりをよく見つめていけば、もしかすると今後隠されてた色んなものや、後の歴史における象徴的な位置づけ(例:政治の世界で今まで支配的だった構図をゼロにする役割とか)が見えてくるかもしれないし、見えてこないかもしれない。

以上、ジョークだと思って読んでください。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ