« Officium | トップページ | 目ヂカラ »

2009年9月22日 (火)

吊るされた男の囁き

私は今までの観念では想像もつかなかった素晴らしいものと出遭った
己の価値観が優先順位の頂点に据えたものをはるかに上回る尊さを見つけた

我が価値観の最上を超えた更なる素晴らしきものに向かうため
今までの価値観では到達できなかった尊き価値を得るため
私は「かつて最上であったもの」への執着から己を解放しよう
「かつて最上であったもの」を基準にして作り上げた世界に別れを告げよう
「かつて最上であったもの」に縛られ支配された生き方から己を解放しよう
「かつての最上」を握り締めていては、それを上回る大きさの価値をこの腕に抱くことはできない
「かつての最上」は、それ以上の目的には対応できない
「かつての最上は」それを超えるはるかな高みへの切符であればこそ、喜びだったのだ
その道が開けたからこそ、喜びもひとしおだったのだ

「かつての最上」から得たものを補うどころか、それを上回りその水準をはるかに進んだ喜びが手に入るのなら 
この先に「かつての最上」を超えた可能性が待っているのなら
それは「利得」であって「損失」ではない 
例え 「かつての最上」に縋って生きる世界を手放した結果が こんな姿だとしても

ゆえに、私の顔は苦痛や恥辱に歪むことは無く 更なる尊き世界へ向かう喜びと期待に輝いている

Hanged_man

カードの個人的イメージ:
自己犠牲 尊い犠牲 より重要なもののための些細な犠牲 他人は不幸や犠牲と見るが、本人にとっては必ずしもそうではない 逆境のさなかに訪れた発想の転換 試練を発想の転換で耐え抜く・解決する 本当の価値が損失を拭い去る 顕在意識は嘆くが、無意識は納得している 本当の望みを自覚し執着から解放される 生命の永遠性を理解し、肉体の消滅と無関係に生命活動は継続すると知る ドM疑惑

« Officium | トップページ | 目ヂカラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220734

この記事へのトラックバック一覧です: 吊るされた男の囁き:

« Officium | トップページ | 目ヂカラ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ