« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月22日 (火)

吊るされた男の囁き

私は今までの観念では想像もつかなかった素晴らしいものと出遭った
己の価値観が優先順位の頂点に据えたものをはるかに上回る尊さを見つけた

我が価値観の最上を超えた更なる素晴らしきものに向かうため
今までの価値観では到達できなかった尊き価値を得るため
私は「かつて最上であったもの」への執着から己を解放しよう
「かつて最上であったもの」を基準にして作り上げた世界に別れを告げよう
「かつて最上であったもの」に縛られ支配された生き方から己を解放しよう
「かつての最上」を握り締めていては、それを上回る大きさの価値をこの腕に抱くことはできない
「かつての最上」は、それ以上の目的には対応できない
「かつての最上は」それを超えるはるかな高みへの切符であればこそ、喜びだったのだ
その道が開けたからこそ、喜びもひとしおだったのだ

「かつての最上」から得たものを補うどころか、それを上回りその水準をはるかに進んだ喜びが手に入るのなら 
この先に「かつての最上」を超えた可能性が待っているのなら
それは「利得」であって「損失」ではない 
例え 「かつての最上」に縋って生きる世界を手放した結果が こんな姿だとしても

ゆえに、私の顔は苦痛や恥辱に歪むことは無く 更なる尊き世界へ向かう喜びと期待に輝いている

Hanged_man

カードの個人的イメージ:
自己犠牲 尊い犠牲 より重要なもののための些細な犠牲 他人は不幸や犠牲と見るが、本人にとっては必ずしもそうではない 逆境のさなかに訪れた発想の転換 試練を発想の転換で耐え抜く・解決する 本当の価値が損失を拭い去る 顕在意識は嘆くが、無意識は納得している 本当の望みを自覚し執着から解放される 生命の永遠性を理解し、肉体の消滅と無関係に生命活動は継続すると知る ドM疑惑

2009年9月15日 (火)

Officium

皆さんは「Officium(オフィチウム)」というCDアルバムをご存知だろうか? 
名高いサックス奏者ヤン・ガルバレクとイギリスの合唱団ヒリヤードアンサンブルがコラボしたアルバムだ。グレゴリオ聖歌にサックスをあわせた曲が詰まっている。
天上の世界と世俗の世界が結ばれてヒエロスガモス(聖なる結婚)を引き起こしたような、甘く囁きあっているような、とてもスタイリッシュかつ神秘的な世界が広がっていく感じがして、私は高校時代からこのアルバムを非常に気に入っていた。今は満月の夜に部屋の電気を消して月明かりの下でワインを傾けながらこのアルバムをかけるのがマイブーム。

ご興味ある人はお試しあれ(右クリックで別窓)

2009年9月 5日 (土)

鳩山由紀夫氏を占ってみた

鳩山由紀夫氏 1947.2.11 東京。彼のホロスコープ(生まれた時の天体配置図)を簡単に見たら占星術プログラムのコメントが面白かったのでご紹介。
以下、私が情報に手を加えていないことを示すため、占星術プログラム「アストロロギア」より原文ママ

水星と金星が非常に強いセクスタイル
出生図ではトラインはできない。水星・金星のセクスタイル、クィンタイルは、ともに多彩な才能・素質を表す。

火星と冥王星が強い衝
極限的なエネルギーの持ち主だが、陰性であまりにも鋭角的。健康を犠牲にしてまで不眠不休・徹夜で研究にうちこんだりする。 表だって他人と争うことは必ずしも多くないが、かっとなると前後の見境がなくなり、殺人さえ犯しかねない。

海王星と冥王星が強いセクスタイル
信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている。

火星と海王星がトライン
情熱とビジョンの調和。未来に向けて美しい夢を描き、夢の実現のために情熱を傾ける。勇気があり、勘も鋭い。直感的に大胆な選択をできる。

月と土星がスクェア
感覚が鈍い。あるいは自分の気持ちを表現するのが苦手。浮ついたところはないが、冷淡で無感動。陰気で懐疑的。孤独癖もあるようです。 単純で素朴な喜び、心の中の小さなほほえみを大切にしてください。検事のような、つねに冷静でなければならない職業には適性。

太陽と天王星が弱いトライン
活力と独創性の調和。新分野で精力的に活躍できる才能ないしは素質を持っている。新商品の開発や広告業など、豊かな発想力を必要とする分野に適性。行動にはユニークな面があり、しかも偏屈ではない。おもしろいやつとして好感を持たれる。

月と金星が弱いセクスタイル
感受性と美の調和。美的センスに優れ、柔軟で寛容。まろやかな優しい性格。優雅を好み、争いを嫌う。恋愛運にも恵まれる。

月と水星がごく弱いトライン
感受性と表現力が調和。生き生きとした鋭敏な感性を持ち、いろいろなことに興味を持つ。自分の気持ちを、柔軟に、魅力的な表現で、言い表すことができる。知的で魅力あふれる、きらきらした人。

太陽と木星がごく弱いスクェア
無尽蔵のエネルギーあり。プライドが高く、わがまま。目立ちたいという欲求はあるが、やや自信過剰で楽観的すぎる。虚栄心あり。 性格的には鷹揚で、こせこせしないが、後先のことを考えずに無駄遣いしたりする。エネルギーと地道な努力が結びつけば吉。

火星と天王星がごく弱いトライン
情熱と独創性の調和。新しい分野を切り開くことのできる才能あるいは素質の持ち主。変革の指導者としての適性あり。ユニークな感性で成功。自分のやり方を貫き通す。

金星と海王星がごく弱いスクェア
夢のような甘い話に弱く、結婚詐欺やインチキなセールスにひっかかりやすい。恋人を勝手に理想化して、結果的に幻滅しがち。既婚女性はよろめきやすい。将来に向けて美しい夢を思い描くが、おおかたは机上の空論。夢はあっても地道な努力が嫌い。そのため心の中に葛藤が生じやすい。快楽主義者。酒や麻薬におぼれる。夢想の能力を建設的に生かせれば吉。

天王星と冥王星がごく弱いセクスタイル
信じられないような変革が成功する可能性を示す世代的座相。あまり強い意味はない。
 
以上。

海王星と冥王星の関係からか、スピリチュアル系の奥様同様ご本人も不思議なものが好きな様子。とあるアセンション系の予言本にもコメントが載っていた。また、フリーメーソンの会員という噂もある。ホロスコープに見られるロマンチックで空想好きな要素。それが現実離れした空想的(机上の空論)な政策に結びつくか、大胆で斬新なアイデアによる成功を招くか・・・
それは彼が現実と向き合うか、現実逃避気味になるかで変わってくるかもしれない。都合の悪いツッコミや反対意見(それを言う人)を必要以上に嫌うようなら現実逃避気味かもしれない。
>金星と海王星がごく弱いスクェア
>夢のような甘い話に弱く、結婚詐欺やインチキなセールスにひっかかりやすい。
ロマンチストで現実逃避気味であることにも加え、「流されやすさ・染まりやすさ」が加わると利用されやすい人になる。しかも、流されやすい人は優柔不断にもなりやすい。気をつけて!
太陽と木星のスクエアの部分で書かれている暗示に注目。
>先のことを考えずに無駄遣いしたりする。
・・・民主党の政策も「財源どうするの?」と言われている。
火星と冥王星の衝に注目。
>表だって他人と争うことは必ずしも多くないが、かっとなると前後の見境がなくなり、殺人さえ犯しかねない。
これはさすがに極端だと思うが、「自分の世界を壊された」と感じたときはかなり感情をあらわにするタイプかもしれない。現実世界に幻滅して自分の世界に閉じこもらずにいられるかどうかがカギ。
もし初めて行った旅行先の様子が期待していたイメージ(あくまで自分だけの世界)と違っていたら。
幻滅せずにその土地ならではの実際の良さや楽しみ方を発見し受け入れることができるか、それらを拒絶しあくまで行く前に頭でイメージしたとおりの部分を追い求め現実逃避を続けるか・・・


ヒンドゥー数霊術では運命数が7で今生のテーマが「実践性」とある。加えて霊数は2で今生は「安定性」もテーマになる。霊数と運命数が7と2の組み合わせの人は理想主義的な傾向が強いといわれている。「実践性」と「安定性」。二つ合わせて「地に足をつけて周囲をよく見極め、流されやすさに注意しろ」ということでもあるのかな。
己がイメージした理想と現実のギャップに幻滅することから、現実世界に新たな希望や可能性を発見できるかどうか。そのテーマは今後の日本の政治にも通じるものがあるような気がする。


小沢氏も占ってみた

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ