« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月18日 (木)

ヘタリア

※リンクは右クリックで別窓

「ヘタリア」という国を擬人化した漫画が人気になっているようだ。アニメも無料配信されている。興味を惹かれて私も漫画やアニメを見たところ、面白かった。日本人の視点から見たステレオタイプな各国のイメージからキャラの個性や言動が設定してあり、一種のエスニックジョークと「キャラ萌え」が合体したような感じだろうか。どのキャラもよく出来ていて、不思議な面白可愛さを感じた。日本だけではなく、海外にもファンが多い様だ(物議をかもした韓国にもファンがいるとのこと)。
また、この「ヘタリア」は一貫した長いストーリーがあるわけではなく、世界史や時事、各国の文化等を元にした4コマ漫画的ギャグ仕立てなので、同人作家が割と楽に二次創作できるところも人気の一つかもしれない。制約が少なく自由に好きな設定を作ってキャラを動かすことが出来る。実際、ファンサイトや動画サイトで見かける二次創作がこれまた秀逸。海外ファンの作品も多い。ある意味、「ヘタリア」は二次創作の可能性を大きく広げるための作品なのかもしれない。「ヘタリア」という読者共通の元型(アーキタイプ)があり、それが読者一人ひとりのレベル(二次創作レベル)に降りていくにつれ、読者や二次創作者の個性や事情に合わせて様々な姿で動いていく。そうやって「ヘタリア」は面白さや深みを増し、豊かに拡大・膨張を続ける一種の文化的生物のようにも思える(※)。
そして作品を投下するファンひとりひとりが、「ヘタリア」という世界(生き物)をより楽しく大きく豊かに育てることに貢献している。それは、「スタンドプレーから生まれるチームワーク」であり、「和」である。きっと、投下作品一つ一つがこの生き物の一部(細胞)でもあるのだろう。
そして、「ヘタリア」自体が我々の住む「世界」という壮大な物語の二次創作作品なのかもしれない。「ヘタリア」という世界(生き物)の中で繰り広げられる「和」・・・それが、我々の世界でも実現すれば・・・我々は、世界の細胞なのだ。

かく言う私も「ヘタリア」の二次創作に挑戦。登場人物に料理の作り方を説明させる動画を作ってみた。
動画を見る

こういうタイプの文化的生物現象が花開く傾向は最近顕著で、ヘタリアに限ったことではなく、初音ミクはもっと大規模。世界に「和」の素地ができつつある?

ついでにキャラをタロットに当てはめて妄想した

2009年6月11日 (木)

富士山

この時期でも雪が降るもんですかね。

Huji090607


« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ