« ミサイル誤報と集合無意識の陰謀(?) | トップページ | 帰国しました »

2009年4月11日 (土)

歯痛黙示録

ある歯医者嫌いが自分の歯に小さな虫歯を見つけました。はじめのうち虫歯は小さくて痛くなかったので、「こんなもの虫歯のうちに入らない」と思って見なかったことにしていました。けれど虫歯はだんだん大きくなっていって、思い出したように痛むようになりました。それでも気のせいだと誤魔化していると、虫歯が前よりも自己主張するようになって来ました。虫歯の自己主張は日に日に激しくなっていきます。それでも歯医者嫌いなので、どうにか歯医者に行かなくて済む方法は無いか、先延ばしする方法は無いかと思っていました。

・・・・・・ここは歯痛を抱えたある歯医者嫌いの心の世界・・・・・・

右の自分「大和魂と根性で歯の痛みに打ち勝つべし。歯痛なんて怖くない! 痛みに対して耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び打ち勝ってこそ、虫歯に負けぬ強い歯になる。ゐたがりません勝つまでは!」
・・・何一つ解決しない上に痛みが酷くなったので現実逃避してみました。
右「今に神風が吹いて痛みを吹き飛ばしてくれる。痛いの痛いの飛んでいけー!」
虫歯に風が当たると涙が出るほどしみました。トラウマになるかもしれません。

左の自分「歯の痛みはあまりに悲惨で残酷なもの。決して発生させてはならない憎むべきもの。耐える戦いなんてもってのほか。鎮痛剤でとにかく痛みが起きないようにしなければ」

鎮痛剤飲む→薬が聞いている間は楽だけれど、薬が切れると歯は前よりも痛むようになりました。だから鎮痛剤がどんどん止められなくなって薬の依存症になり、ラリってきました。
左「歯痛を起こす可能性のある歯は危険分子だ! 一本残らず抜いて床下と屋根裏の収容所に送れ!」→それをやると歯が一本も無くなって総入れ歯になることが判明。周囲に止められて大粛清を断念する。

右「鎮痛剤など邪道だ腰抜けめ! お前が一番危険な奴じゃないか!」
左「お前の発想よりましだ単細胞! お前が一番イタイ奴じゃないか!」 

ケンカしているうちに症状が悪化し、とうとう顔がパンパンに腫れて口を動かすのも辛くなってしまいました。鎮痛剤もあまり効かなくなりました。右も左もどうしていいかわからず右往左往。とうとう嫌がっていた歯医者に行くことではじめて意見を一致させました。
右「大和魂と根性があれば歯医者など怖くない! ・・・と思う」
左「この残酷な苦しみを救う手段が歯医者にはある。歯医者が鎮痛剤(麻酔)を使うのは、薬だけでは治らないけど治療の役には立つからだ!」
右と左が手を取り合って「歯を救おう!」
右「突撃だーーーー」
左「革命だーーーー」

歯医者「どうしてこんなになるまでほっといたんですか?」

チュイーン ギリギリギリ シュー

右「先生! 虫歯菌と戦って勝つにはいかにすればいいのでありますか!?」
左「先生! 二度と虫歯の無い平和な口内の実現にはどうすればいいですか!?」

歯医者「歯磨いてください」

« ミサイル誤報と集合無意識の陰謀(?) | トップページ | 帰国しました »

小説」カテゴリの記事

コメント

歯痛黙示録(笑)ちょっと爆笑しました。

右の自分も、左の自分も、判断基準を善悪にしている訳ですよね。
この場合、虫歯=悪みたいな。主観的なイメージを刷り込んだ名詞を善悪の対象にすると、そこで思考停止する気がします。
善悪で人を縛りつけるのは、感情的な人間を怒らせる位簡単かも。(具体例、右=軍国主義、左=宗教)
過去を参考にすると、どっちも結果は上手く行ってませんけど。


>歯医者「歯磨いてください」
これは、適合性を判断基準にしてますよね。
歯を健康に保つ、っていうシステムに適合しているかどうか。だから問題解決の方法論(歯を磨く=動詞)を提示できる。しかもそれは、他者に向かうだけではなく自分自身を照らしだすように帰ってくる。
このシステムに対する適合を、バーチャルに合わせると、観念的になってマトリックスの世界になる気がしますが、ここで示されているのは、実在に合わせる為の、感情と論理との融合かもしれません。そこにAYAさんの書かれていた、知性一辺倒の世界から次へと向かうヒントがあるんでしょうね。で、そこにしか「超法規的措置」の発動する余地はないかも。(それ以外は自業自得の領域)

衆院、解散しましたね。
(何気に中国の指導者が習近「平」氏になったのも気になりますが)
そう言えば16だらけです。この数字、358に分けるとカバラでは重要な意味ありますね。私はフィボナッチ数列に並んでる所が興味深いですけど。
因みに、11月16日、11+7=18=666、オバマ氏の再選も、11月7日で、11+7=666
数字の6については、前にAYAさんが書かれている通りだと思います。
救急箱で人を殴れば凶器になるし、ちゃんと使えば助けになる訳で。
ピンチはチャンス。(かなりピンチでも)そうやって微生物の時から乗り越えて来た問題解決能力を、それぞれ持っている訳ですよね。

>TPPにも響きそう。「参加はご遠慮ください」とか言われたら多分吹くw
ホントですね(笑)私は、国家的納豆戦略っていいんじゃないかと思うんですけど。クサ~、と思わせといて実は栄養満点で好きな人は寄って来て、意外と色んなものと混ぜ合わせても美味しくなる。しかも混ぜるとより粘り強くなり酵素(酉=鳥)の働きが良くなって、薬より作用の強いナットウキナーゼが健康な流れを阻害する血栓(壁)まで溶かしてくれる。
方向性と動きの参考までに。
http://blog.goo.ne.jp/rolfingjoy

ヘルメス・トリスメギストスは、三人の賢者。東方の三賢者と勝手に思ってるYMO、高橋=T、細野=H、坂本=S、合わせてTHS=東方三賢者(笑)その一人、細野氏の曲。本家の黙示録じゃなくて、歯痛黙示録の示す先↓はこれ?お暇でしたらどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=7QX1w_PazZU

>サボテンさん
歯磨きとは、即ち己を磨くことに他ならないんでしょうね。歯は私達の一部なんですから。
納豆で例えるなら、秘められし酵素の力を呼び覚ますためにかき混ぜるようなものですかね(美食家の魯山人とか言う人は200回以上かき混ぜたらしいですね)。

>国家的納豆戦略
最近図らずも国家的エンガチョ戦略(放射能)が発動しましたが、戦略として最初から自爆してますね。

納豆、健康を意識してたまに食べますが、味を求めて食べたことはまだないです。いつか美食レベルの納豆を味わってみたいもんです。

>最近図らずも国家的エンガチョ戦略(放射能)が発動しましたが、戦略として最初から自爆してますね。
原子力と、発酵食品は、発光=発酵と、同じ発音ですが、方向性は逆な感じですね。以下、ずっと前に読んだ引用ですが。
「原子力」は、ある種の「モノ」を自然界から遮断して、分裂させることによってエネルギーを発生させる。「発酵」とは、ある種の「モノ」を、自然界の微生物などを利用して別の「モノ」に生まれ変わらせる。「発酵力」とは、周辺環境や自然界をうまく取り込んで、新しいエネルギーを発生させる力。「原子力」というエネルギーは、周辺環境や自然界から「自己」を分離していくエネルギーの象徴、この力を実感するためには、逆説的に、分離した周辺環境や自然界を破壊することに行き着くのは実は、自然な流れで、自分の力を証明するために、周囲に破壊的なエネルギーをまき散らす人が増えているのが現代社会。
と、このような事が書かれていました。
イスラエル、色々な見方があると思いますが、私は母親がユダヤ人であればユダヤ人という継承にイスラエルの特色が集約されていると思っています。
平安京は、ヘブライ語でエルシャロームで古代イスラエルのエルサレムと名前の類似だけではなくて構造や儀式も似ているらしいのですが、平安京を建設した桓武天皇は最初の平氏ですよね。昔の日本は、源氏と平氏は交互に統治すると考えていたようですが、この二元性は、二つの氏の対立というより、女系継承(月)に対して、男系継承(太陽)と言った、もっと世界規模のテーマを抱えているのかも。日本は象徴的にも、東から太陽が昇ってくる事からも男系継承ですね。(因みに、吉良上野介の本姓は源氏)9月には静岡県島田市、智満寺の源頼朝が植えたとされる樹齢800年の頼朝杉倒れてますし。今は「平成」。で、中国はシナかかる月な訳(この前テレビでレッドクリフやってましたけど、産まれてくる赤ん坊の名前が「平安」)で、日中というのがこの時期に尖閣を中心に(餃子辺りからジワジワと、雰囲気作りって感じもしますが)ややこしくなってるのも、イスラエルが中東でややこしくなってるのも、二元性の問題(ポニョのテーマ)を抱えているせいかもと。
そう言えば石原氏、太陽の党というのを一瞬作ってましたが、その時、こんな党は吸収されて消滅してもかまわない、というような事言ってましたね。日の国ニッポン・・・。どうなるのかなーって思いましたが。7月には野田政権は集団的自衛権の憲法解釈の見直しを求める報告書を出してますし、最近、米軍の事件続出というのも、尖閣問題発生後に米軍が移転すれば、自衛の観点からも憲法改正の動きは当然ですよね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121120-00000088-san-pol
その先にあるものは何なんでしょうね。

>サボテンさん
平安京造成に貢献した人々の中に、「秦氏」と呼ばれるユダヤ系の人々がいたという説がありますね。最近呪術的な機能が停止(破綻)したっぽい祇園祭は彼らの呪術だとか言う噂も(ギオン→シオン)
http://aya-uranai.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-63c5.html

>その先にあるものは何なんでしょうね。
妄想してみました。
http://aya-uranai.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/f16-7aee.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220775

この記事へのトラックバック一覧です: 歯痛黙示録:

« ミサイル誤報と集合無意識の陰謀(?) | トップページ | 帰国しました »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ