« 浅間山噴火と龍脈 | トップページ | 不安の正体をさぐると・・・ »

2009年2月 4日 (水)

今日から九紫火星の年

節分を過ぎて今日は立春。「九星気学」という占いでは今日から「九紫火星の年」の始まりだ。

九紫火星の意味は:
離合、神、高貴、華やかな美人、気の強い中年女性、芸術家、政治家、結婚式、 離婚、紫煙、印影、火事、蟹、陶磁器、高血圧、心臓疾患、脳病、見栄、 虚飾、浪費、対立作用、文書、火、学問  6月 など。エレメントは火。
(※脳病は脳の器官疾患のみならず精神障害や神経症を含む)

九紫火星の年は、「今までの反省や見直し、総決算や総括の年」といわれている。出来事では吉凶が極端に現れやすい年ともいわれる。「離合」という象徴があるので、「腐れ縁」や「良質でない縁」で結ばれた人間関係を解消するには良い年かもしれない。コンプレックスや不安感・傷ついた自尊心などからプライドが必要以上に高くなったり見栄っ張り(意地っ張り)になることが悩みである人は、その見栄やプライドが高騰する根本原因である不安感やコンプレックスや自尊心に焦点を当て、その正体を突き止めて癒すチャンスであり、それがテーマになる年だろう。
「虚飾で誤魔化さず本質的解決」あるいは「表面ではなく本質で勝負」というテーマは冥王星の山羊座入りの暗示とも共通点がある。
個人的に、2009年は語呂あわせで「福」の年だと思っている。吉凶が極端であるのなら、「吉」の方に周波数を合わせておきたい。

« 浅間山噴火と龍脈 | トップページ | 不安の正体をさぐると・・・ »

占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220790

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から九紫火星の年:

« 浅間山噴火と龍脈 | トップページ | 不安の正体をさぐると・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ