« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月23日 (日)

昭和記念公園

葉っぱが落ちきる前に行ってきた。とにかく広い。人人人・・・ お昼を園内で食べずに済ませておいてよかった。
お店も自販も長蛇の列。けれども景色はこの上ない(写真はクリックで拡大。

Ca390017 Tanuki_2

公演に住んでるタヌキは何故か毛が半分ぐらい禿げていた。

Ca390025 

銀杏並木は圧巻。葉が落ちてしまったものも多かったが、それはそれで日当たりが増してキレイだった。

Ca390027 Ca390031

夕暮れまで美しかった。
帰りにEnyaのニューアルバムを買ってほくほくしつつ帰宅。

2008年11月17日 (月)

葉っぱの無伴奏チェロ組曲

本日の散歩
いい天気 空気はソプラノサックス
色づいた葉っぱが風に揺れる ひらひらひらひら
葉っぱがひっきりなしに落ちてくる くるくるくるくる
まるで無伴奏チェロ曲

雲が規則正しく等間隔に配置される
いつもより暖かい
たまごドーナツとBOSSのブラックが至福
Miti_2

Kumo

サックスの無伴奏チェロ組曲

2008年11月11日 (火)

なんちゃって韓国風麺

材料(二人分):
しょうゆ味のインスタントラーメンの麺(ノンフライ)と・・・2人分
しょうゆ味のインスタントラーメンのスープ(濃縮)・・・スプーン2~3杯
ビニール袋に入ってる市販の韓国風モヤシ・・・適量
ごま油・・・スプーン1杯
きゅうり・・・1本
豚肉又は牛肉スライス・・・適量
コチュジャン・・・スプーン2杯
おろしにんにく・・・1かけ分
ガムシロップ・・・2個
ごま油・・・スプーン2杯半
ごま・・・適量
醤油・・・適量

作り方:
きゅうりを千切りにし、市販の韓国風モヤシとごま油少量で和えて即席ナムルを作る
コチュジャン、インスタントラーメンのスープ、おろしにんにく、ごま、ごま油、ガムシロップを合わせタレを作る。味の調節は醤油かラーメンのスープ。
ゆでた豚肉か牛肉にたれをつけておく。
ゆでた麺に残りのタレを和える。
和えておいた即席ナムルと肉を飾る。お好みで刻んだネギや卵黄を載せても○。

Men_2

2008年11月 5日 (水)

オバマ大統領を星占いしてみる

以下に書いた内容は特定の個人、団体、組織、国家を誹謗・中傷するものではありません。
あくまでネタとしてお楽しみ下さい。 鑑定結果が捏造でないことを示すため、占星術ソフトの原文ママです。

水星と木星が非常に強い衝
頭はいいが、どちらかというとずる賢い。おしゃべり。噂話などをととめどなくしゃべりまくる。物事を綿密に検討するのが苦手。いい加減な判断や楽観から窮地に追い込まれる。うかつな人物。もっと慎重になるべし。
オフレコの悪口がウィキりークスに流れたことも

月と火星が強いトライン
感受性と情熱の調和。精神的な強さを持ち、大胆で強気。情熱は適度の柔軟さによって程よくコントロールされ、決して暴走はしない。性的な事柄に関しては発展家。感受性が鋭利に研ぎ澄まされ、物事のすみずみにまで気を配る。(スキャンダル系注意?)

海王星と冥王星が強いセクスタイル
信じられないような夢をもたらす世代。終戦直後の1940年代後半、および1960年代にもこの角度ができている。

月と天王星が強いスクェア
鋭い感覚と独創性の持ち主だが、ややユニークすぎる。単に目立ちたいがために人と違った奇矯な振る舞いに及ぶ。天才肌ではあるが偏屈。異常な感覚を持ち、突然ぱっと気持ちが変わることが多い。ユニークな創造性を生かせれば吉。

月と土星がトライン
感受性と抑制の調和。一時的な感情に流されることなく、また冷淡ということもなく、程よい距離を置いて物事をしっかり見つめる。冷静にして柔軟。あまり目立たないが、内面的に調和のとれた美しい人。感覚はやや古風で奥ゆかしい。

太陽と海王星が弱いスクェア
現実と夢のあいだにギャップがあり、葛藤を覚える。実現不可能な非現実な夢を抱き、むくわれない努力をする。行動はそのときどきの気分に左右され、一貫性に乏しい。健康状態にもやや不安あり。未来を夢見ることに堅実さが加われば吉。(中国の出生図と同じ暗示)

火星と土星が弱いトライン
 情熱と地道な努力の調和。野心的、意欲的で勇気があり、しかも腰を据えてじっくりと努力を続ける集中力と持続力もある。人生において成功するタイプだが、雰囲気は陰気で、冷たい感じを与えやすい。

水星と土星がごく弱い衝
知性・表現力が抑圧される。不勉強で活発さを欠く。自分の気持ちを言い表すのが苦手。陰気だが、あまり冷静ではない。内面の落ち着きを欠き、神経質で苦労性。どうでもいいことをあれこれと気にかける。悲観的で疑い深い。もっと気楽に、楽観的になった方が良い。

木星と土星がごく弱い合
いわゆる大合。20年に1度生じる。アクセルとブレーキの結合。表裏一体を成す権利と義務。やめるべきことをやめ、始めるべきことを始めるという重い責務が課せられた世代。この年は社会的にも重大な分岐点になりやすく、吉と出るか凶と出るか両極端。開戦に向かう 1940-41年は凶と出た例。西暦2000年に再び大合ができる。世代的な座相であるが、個人的な意味もかなり強い。この合を持つ人は、運命的に重い責務を背負う。キリストはこの大合を持つといわれる。 (麻生首相と同じ)

金星と天王星がごく弱いセクスタイル
独創的な新しい美を生み出す才能ないし素質の持ち主で、イラストその他の芸術的分野に適性。恋愛観も進歩的。風変わりな人物に惹かれやすい。物事を平和的に変革してゆくことができる

(使用プログラム:アストロロギア)

感想:
ヒンドゥー数霊術で運命数2.霊数4.無意識と集合無意識の数字を持つ者。
無意識領域に秘められた潜在的なエネルギーが強い。時々顕在意識がそれに乗っ取られて振り回されることもある。心の内側に囚われがち。それゆえの勘違いや妄想に注意。 それゆえの鋭さもある。
ある意味霊媒的で集合無意識レベルでの抑圧を解放する媒体になりえる。集合無意識の内容が発信される「神秘の媒体(=メディウム。メディアの語源)」のような位置にいる人。ゆえに、人々から色んなものを投影されることになるかも(理想の異性像を投影されることも?)。 夢見がちで理想が高すぎる辺りはケネディーと似ている。暗殺したがる人間がいる所も・・・

見栄っ張りで、自分自身に対してツンデレなところがあるかも。自分を押し殺しすぎて反動で吹っ切れる時がありそう。抑圧の星土星と解放の星木星が統合されている星回りが、「不安と神経症の時代(by宮崎駿)」の国家元首には相応しいのかもしれない。
社会的には、抑圧しようとする力とそこから解放へ向かう力のせめぎあいである「陰陽の葛藤」を「陰陽の和合」へ変換させる暗示がある人。陰は黒。陽は白。彼の体を流れる血そのまま。あの国の葛藤を「統合」に向かわせる運勢が、彼を「媒介(メディア)」にして訪れる日は来るだろうか?

意識の中において、「抑圧」は時に神経症を生む。集合無意識レベルでも同じこと。アメリカもまた、色んな葛藤と神経症を抱えている。人種に関してもそうだ。黒人・白人のハーフでありながら、「米国初の黒人大統領」と表現される辺りにそれが反映されている。
キリストと共通する星回りを持つということは、キリスト同様、不安と神経症の時代における「病と回復のシナリオ」の重要キャラクターなのだろうか? 

麻生氏とオバマ氏は二人ともキリストと同じ木星と土星の合を持っている。太平洋を挟んで向かい合う、二つの国で、同じ「キリストの合」を持っている政治家が存在している時代・・・

動画版できました

大学祭08

今年も学祭の季節。恒例の占いに出かけた。学祭では以前、「ドラッグクイーンのショウ」や「ブタの丸焼き」というイベントが行われたが、今年は「生きた鶏をシメて料理する」というイベントがあった。
当日通りがかった皆さんは肝を潰されたかもしれない。私も驚いた。写真はちょっとグロい光景なので別窓にした。

まず、鶏の足を縛ってさかさまに吊るしておく。頭の方に血を集中させて血抜きをしやすくするため。
次に、下にバケツを置いて少し吊るしておいた鶏の首を切り落とし(引っぱってねじるのがコツとか)、そのまま首から血が抜けていくまで放置。
そして沸騰した湯に浸し毛穴が動かなくなる程度に表面的に熱を通して毛を抜く。
最後が解体。内蔵と足を取り除く。

鶏は、逆さまにされた時点で観念(?)して動かない。鳴かない。非常に静かなもので、家禽として何世代も繰り返された運命は、本能にある種のプログラムを与えたのかもしれない。あるいは集合無意識か。
生首の死に顔は静かに目を閉じていて恨みや未練や執着ぽいものは見受けられなかった(鶏の表情がわかるとはいわないが)。そういえば「肉屋が鶏の霊に祟られた」という話は聞いたことがない。「霊感のある人がケン○ッキーの前で鶏の霊と遭遇した」という話も聞かない。動物は、自分を捕食した相手を恨むのだろうか?
よほどのことでない限り、「殺されたら化けて出る」のは人間だけなのかもしれない。

Tori逆さに吊るされた様子は、タロットカードの「吊るされた男」を髣髴とさせる。
カードの意味は「尊い犠牲」。

私も毛抜きを手伝った。鶏肉は丸ごと圧力釜で「Tori2サムゲタン(中にお米)
という料理を作ったり七輪で焼き鳥にしたり、鶏がらスープを作ったり。素人がシメたので肉はやや硬かったが、手羽先とレバーがおいしかった。いい出汁が出ていた。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ