« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

サラリーマンNEO

25日。どこかの予言者が「25日。千葉県に地震が起きて東京がパニックになる」と言ったらしく、一部では盛り上がっていそうだが、そんなことはお構いナシに東京は天気の良いのどかな休日を過ごしている。
今日はそんな休日にぴったりのお笑い動画をご紹介。
「サラリーマンNEO」というNHKで人気を博したコント番組がある。サラリーマンをやっていると一度は遭遇しうる光景や出来事を面白おかしくコントにしている。ブラックユーモアでもある。
先日初めてそのコントを見ることが出来た。NHKで実際に放送されている番組のセットを使っているところが笑いを増幅させる。実際の番組そっくりに似せたテロップが出てくるだけで笑いそうになる。
一度お試しあれ。

テレビサラリーマン体操

Neo Express

がんばれ川上君

サラリーマン語講座

そのほか、youtubeで「会社の王国」や「セクスィー部長」と検索してみると面白いものに出会えるかもしれない。しかし出会えない可能性も高い。
私の予言だ。

職場の「困った人」

2007年11月22日 (木)

ポール・ポッツ

ポール・ポッツ。携帯ショップの店員で、29歳からオペラの勉強を本格的に始め、現在36歳。思い立ってイギリスの辛口オーディション番組に出ると、最初は気のなさそうな審査員も彼の歌にびっくり。そしてとうとうプロデビューした。動画(右クリックで別窓)
日本でも来年東京で公演するらしい。こちらによると、

“ブサイクオペラ歌手”ポール・ポッツの初来日公演が決定!

(中略)
日本でも夏場から、ブサイクな中年が予想外の美声で番組を勝ち抜く姿が、ネット上の動画サイトなどで話題沸騰。公式デビューを待たずに、来日公演の計画が進行していた。日程は来年4月29、30日に東京・渋谷のオーチャードホール。問い合わせはキョードー横浜=(電)045・671・9911へ。

・・・とだいぶ失礼に報道されている。日本の音楽業界じゃ歌は使い捨てで見た目を売るビジネス展開していることの象徴的なコメントかもしれない。

イタリア語の巻き舌がまだ少し苦手なようだが、歌唱力はあると思う。
Time to say Goodbye

以前書いた「人間を楽器に例えた恋の話」のタンバリンがもし人間だったら、彼は上のような感じで竪琴にラブソングを歌ったかもしれない。

容姿・劣等感・個性1

2007年11月19日 (月)

もしも願いが叶わぬ時は

※ここで取り上げる例はあくまで一例であり、一占い師の独断と偏見です。

私は、自分の占いに出ていることは何でも言うタイプの占い師だ。「お金を払っているのだからウソでも気分の良くなることを言うべき。それがルールだ」と考えるタイプの人には多分嫌われやすい占い師だと思う。
人の心理の複雑さ。幸せになるために抱いた願い事が、自分を追い詰めるための願いごとになっていることもある。願いが自分を追い詰めてしまうのは、その願いに没頭しすぎて視野が狭まり、隠された本当の望みに気づくことを妨げてしまうからなのだろうか。だとすれば、自分の本当の可能性はどこにあるのだろう?
出会い、相手の心を射止めること、復活愛、片思いの相手の気持ちを他人から自分に向けさせること、理想通りの結婚相手・・・etc
しかし、占いでは必ずしもその願いが叶うとは出ないこともある。その場合は包み隠さず本当のことを言う。そして、その願いを叶えることだけが幸せになる方法・手段ではないということ、「幸せになるための別の道」についてちょっぴり意識を向けてはもらえまいかと働きかける。先に進んでいけるように。凹むだけで終わらないために。

◆視野を広く
「残念ながらあなたの今回の願いは無理のようですが、今回の願望には拘らず、これから自分を幸せにしていく上で今何が必要でどんな発想を持った方が良いか、ということを占うことは出来ます。やってみますか?」
相談者の時間に余裕のある場合なら、そんな風に尋ねることもある。
自分の願い事が叶わないだろうとうすうす気づいていても、それを受け入れられず占いが止められなかった人には、ある意味発想の転換にもなるようだ。自分が心から本当に望んでいることを実現する手段が、今の願いを叶えることではなかったと気づく場合さえある。手段が目的化していたことに気付くこともある。そもそも、自分の本当の望みには気づいていないケースが多い。

例えば復活愛願望の場合。「恋人が戻って来ない限り立ち直れない」とおっしゃる方は多い。「精神的に立ち直ること」と「よりを戻すこと」とを混同している人もいる。そのため、「よりを戻すことでしか失恋から立ち直れない」「無理にでもよりを戻さない限り精神が安定しない」「よりを戻す方法でしか人生を有意義にするチャンスは得られない」と思い込んでしまうこともある。恋人の存在そのものを精神安定剤の代わりにしている方も多い。愛情は冷めていても、依存症のようになっていて執着から抜け出せないケースもある。
あるいは、愛情は無いけれど、今まで相手のために尽くしたり苦しんだりして「自分が犠牲になった代償・補償」を請求するためによりを戻そうとするケースもある(結婚に例えると、相手の仕打ちに対する慰謝料を請求するためにあえて一端は結婚しようとするようなもの)。「愛情は冷めたけど常に誰かから愛を向けられていないと自尊心が保てない」という人もいる。自分の心の安定のためだけに、わざわざ愛してもいない元恋人とよりを戻す必要はない。心が不安定なのは、恋愛ではなく別の原因だったりする。

◆隠された本当の望み
そんな方たちの場合、大まかに言うと本人の無意識が本当に望んでいることは、恋人を取り戻したいのではなく、「恋や恋人に投影・同一視し混同してしまった自分の真の願い(恋愛とは別モノ)を叶えたい」とか、関係回復という手段に囚われず「失恋の痛手を癒したい」とか、恋人の有無に限らず「自分の精神を安定させたい」とか「立ち直って先に進み、自分の未来を切り開きたい」だったり、時には「特定の恋愛に依存し恋愛に振り回されて人生の可能性を縛られ続ける事から抜け出したい(=この恋が無くても困らない生き方をしたい)」だったりする。それは要するに、「恋人を取り戻したい」のではなく「自分(の安定)を取り戻したい」。
恋愛や復縁という「手段」にこだわりすぎて、肝心の目的が分からなくなってしまったようなものだ。
復活愛に固執している人が本当は復活愛とは正反対の願望を持っていることに気付いてない、なんていうケースも珍しくない。
恋愛を精神安定剤にしてやっと生きているような状態を(そうなってしまった原因から)解決したいという本音に気づいてない人も多い。

自分にとって受け入れ難い真相。固定観念という歪んだレンズを通して見える真相(現実)の姿は、全く不正確で救いのない姿に写っているかもしれない。例えば固定観念のレンズが「○○に関しては見込みがない」を「人生全ての絶望」に。「私が悪い」を「自己否定」などに歪めてしまう。だから恐ろしくて真相を直視できない(そもそも歪んだレンズ越しでは直視とは言えない)。だから逃げ続ける。

願い事が自分を追い詰めてしまう場合に覚えておいて欲しいのは、「それは本当の願い事じゃないかもしれない」とか、「幸せになる方法は一つじゃない」「たった一つの願いが叶わないだけで自分の幸せを築く道が絶たれることは、ありえない」ということ。もしそうだったら世界中がとっくに不幸になっているから。そして、そもそも自分はなぜその願い事を抱いたのか、ということ。その背後を探ると別の本当の願いが見えてきたりする。
諦める/諦めないに限らず、それがプレッシャーや現実に押しつぶされずに結果を待つ/受け入れるコツかもしれない。

もしも願いが叶わぬ時は 次の希望を作りましょう ホントの望みを見つけましょう。
それが叶わなくても困らない生き方は、何通りもある。


占い依存症チェック

2007年11月16日 (金)

「MISTY」12月号に載ります

17日発売の月刊MISTY12月号の「人生相談の小部屋」というコーナーに載るみたいです。コーナーの趣旨はMISTY読者が悩みを投稿し、それに対して毎回色んな占い師さんがお答えするというやつです。今回は私がお答えすることと相成りました。
普段MISTYを読んでる人は探してやってください。

2007年11月15日 (木)

どんと来い祭り(改)

10日に予定されていた「和光どんとこい祭り」は雨天のため18日に延期されました。
公式サイト

18日も占いの店出します。

2007年11月13日 (火)

美男子との出会い

知人のお宅の息子さん。
この子が私と似てるらしい(笑)

071111_160601

最初は階段から顔を半分だけ出してこちらを伺っていた。しばらくしてそれに気づき、手を振ってみたら小さく「にゃあ」と言った。やがて下の居間に降りて気ままにうろついたり寝転んだり。すれ違いざまに尻尾で訪問者達に触って挨拶もしていた。色んな表情を見せる子だったので、モデルを撮るカメラマンのように沢山の写真を携帯で撮った。「私は空気。気にしない気にしない」彼に向かってそう心の中で念じていた。それが効いたのかどうか。本当は照れ屋のようだけれど、嫌がらずに撮らせてくれた。

071111_155902

この写真を撮った後、携帯を持つ私の手の甲をぺろりと舐めた。


2007年11月 6日 (火)

和光どんとこい祭り07

日時:11月10(雨天11月18日)  12:00~20:00

今年は文化祭の代わりのようなイベントが1日だけ和光大学で開かれます。 今回は地域の人がフリマ出したり近隣の商店が店出したり近くの納豆工場がデモンストレーションに納豆を配布したりします。
会場まで無料のスクールバスが運行します。
私もそこで占いのお店出します。
お暇な方はどうぞ。夜は登戸行きます。

詳細

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ