« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

9月、10月の開運待ち受け画像

コネクト!オン、昨日発売。

無料開運待ち受け画像はこちら

コネクたん、今回は柿フレーバーです。


2007年9月27日 (木)

ねこ鍋(youtube)

ねこ鍋(右クリックで別窓)
白い子の表情がたまらない(笑)。
音楽もいい。

どんな夢を見てるのかな・・・

562141351_1


飼い主様のブログによると、白い子は「ましゅまろ大仏」と名付けられたとか

当初4匹は大腸・小腸・十二指腸・盲腸と名づけられそうだったという(笑)。

2007年9月21日 (金)

なつかしい頃の記憶

このブログの記事第1号で書いたきりだが、私はレトロなものが好きだ。明治、大正の和風レトロも好きなのだが、最近は70年代~80年代初期のレトロが好きになりつつある。ドラえもんや手塚治虫の漫画に出てきそうな築3,40年の微妙なデザインの家を見ると、ニヤニヤしながら見つめてしまう。当時一般家庭の間で「モダン・おしゃれ」だったデザインの家やモノを見かけると、本当に嬉しい。地元にはそんな時代からずうっと続くパン屋さんがあり、やはり当時おしゃれだったレンガに似せたタイルの装飾が残っていて、当時から売られていた缶詰のフルーツサンドやきな粉揚げパン、凄く甘いコーヒー牛乳などを衝動買いしてしまう。070920_225801
どれも今では気軽に衝動買いできるけれど、幼い頃の私にはご馳走だった。同様に、私にとってはスパゲティもご馳走だった。家でもレストランでも、スパゲティは今より長い時間茹でてあってアルデンテではなかった。だがそこがいい。(写真は母が女子高を卒業する時に貰った料理の本から)
私自身、時々その頃を思い出して、わざと長く茹でたスパゲティに安いミートソース缶をつかって懐かしいソフト麺風スパゲティを作ることがある。気分が子供に戻る。
先週は、「オカンの作ったお子様ランチ風オムライス定食(つみれ汁付き)」なる名前の昼食を作って一人でニヤニヤしていた。 この写真を見る デザートに安いプリンかミニゼリーがあればよりリアルだっただろう。「恥ずかしい」といいたければ言え。

私の乳児~小児時代は、身の回りの物がアナログからデジタルに移り変わってゆく時代でもある。言葉を理解できたか出来ないかの頃、NHKの天気予報の低気圧マークと高気圧マークは磁石(シール?)で出来ており、白い指示棒を持った気象予報士がそのつど手で直接地図上にポンと置いていた(置き場所がずれてると微妙に修正していた)。丁度その頃、私の親戚のお兄さんはアフロヘアーの生き残りだった。家の電話は黒電話だった。夕方にルパン三世の再放送が放映されていた。
やがて天気予報のマークは予め天気図に表示されるようになり、電話はボタン式になり、ルパン三世はテレビスペシャルのみとなり、ファミコンでスーパーマリオが大流行した。それからどんどんバブリーな時代に入ってゆく。
私が最近好きなモノや風景は、バブリーな時代直前の最後のアナログ時代のものかもしれない。つい先ごろ、私が生まれる少し前の電熱湯沸かし器(保温は出来ない)を実家の物置で発見した。模様のついたすりガラスの窓(昭和40年代後半に流行ったらしい)の前にヤカンと一緒に置いて時々眺めてニヤニヤしている。これ、同じデザインで保温が出来るリバイバル商品が出たら絶対買うのにw 
070920_215401_3 070920_215301 

私を含め、実際には70年代を生きていない人達でも当時のレトロさが好きな人は多い。物心がつく前後の頃には身の回りにまだ70年代レトロが結構残っていたから、ノスタルジーを感じるのだろう。そんな頃に育った人間が大人になって流行を作ると、リバイバルが起き易いのだろう。ファッションの世界でもここ数年はリバイバルが多い。一見それとは無関係に見えるゴスロリにも、どこかに70年代のアニメや少女マンガのにおいが微妙にするのは気のせいだろうか?
比較的若い人でも子供時代にノスタルジーを感じるようになるのは、老けているから?
いや、多分逆だ。平均寿命が延びたからなのか、近頃良くも悪くも一般的な(従来の社会が抱き、求める)肉体年齢のイメージに中身が追いつかない人々が増えてきている。むしろ、そのギャップによるプレッシャーが却って子供時代の回帰をさせたがるんじゃなかろうか? 私なんぞ、まだ「お子様ランチ」を作って喜んでいるわけだから。どこかでその「ギャップとプレッシャー」が関わっている悩みを相談しに来るお客様も少なくない。意外なところでカードがそれを暗示するケースもある。
妄想の域を出ないが、子供だけでなく幅広い年齢層がキャラクターグッズを好んだり、女性のファッションで言えば「大人の体型」をあまり出さないようにして、なおかつやや子供服に似た感じの「かわいい」服の着こなしをする傾向が一部にあることや、ゴスロリもそんな「ギャップ」と「子供時代への回帰」にまつわる心理の象徴ではなかろうか? 

2007年9月12日 (水)

デスノート+ホットペッパー

(右クリックで別窓)

その1

その2

飲食中の閲覧はおすすめしない。多分噴くから。

2007年9月 4日 (火)

地元のお寺で睡蓮

昨日の夕方、ふと立ち寄ったら今にもはちきれそうな睡蓮の蕾が咲く時を今か今かと待っているようだった。次の日見に行ったら、見事に花咲いた。

070903_175101_2070904_110901

070904_112201感無量。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ