« 占い依存症のこと | トップページ | 占い師の旅路~雲南省・三江併流~その7 »

2007年5月18日 (金)

占い依存症防止のチェックリスト

※一個人の意見です。あくまで参考程度にして下さい。

以下の項目に当てはまるものがあった時。あなたが本当に必要なことは占いではありません。あなたが本当に望んでいることも、占いではありません。自分の心にある本当の望みが分かっていないかもしれません。では一体、本当は何を求めているのでしょう? 期待通りの鑑定結果?  願望を叶えてもらうこと? 未来の保証?
・・・それらは表面的な望みで、本当ははもしかすると、あなたの外の世界を変えることではなく、あなたが自ら自分と向き合い、本当の喜びや幸せを作れるように内側から変わってゆくことなのかもしれません。特定のお悩み解決ではなく、次々と余計な想像や悩みやストレスを作り出してしまう不安定な精神状態を回復させることかもしれません。自分の望みを無関係なものに投影・同一視し、本当の望みと混同して縛られ振り回されているのかもしれません。あなたが本当に必要なことは何か。そのために何が出来るか。占いをする前に、もう一度考え直してみましょう(占いで解決する悩みなら、同じ占いを何度も繰り返さなくたってとっくに解決しています)。

以下にあげるチェックリストは、全ての占い依存症に当てはまるものではありません。あくまで参考程度にしてください。占い依存症(占いジプシー)については、この記事の一つ前の記事もご参考下さい。

☆占い依存症チェック
・全ては運命によってあらかじめ決まっていて、人間はそれに従う・縛られることしかできないと思う
・占いの結果は絶対で、どんな努力でもその運命を変える(変わる)ことは決して出来ない(許されない)と思う
・占いの結果が絶対の運命になるので、占い師は鑑定結果にウソをついてでも客が望むことや喜ぶことを言うべきだ
・悪い鑑定結果が出ると、絶望してしまう(生きる希望や幸せの道が閉ざされたと思ってしまう)
・自分の不安や鬱屈を鎮めるために、占い師は空気を読んで「あなたの望む未来が実現することは絶対的な運命である」という占い結果(お告げ)を常に出すべきだ
・自分の望む鑑定結果が出ない限り(望みどおりの結果が実現しない限り)、悩みから抜け出せないと感じている
・意に反する鑑定結果を出した占い師を恨んだり、当り散らしたことがある
・期待や予想と異なる鑑定結果は何度説明されても内容を理解できない・頭に入らない
・嫌な鑑定結果を出す占い師は、私のことを傷つけて楽しむためにわざとそんなウソを言うのだ
・嫌な鑑定結果を何としてでも自分の望む方向に変更させようとして粘ったことがある
・占いの結果で未来を決め付けてしまいたい(占いで成功が保証されている物事にしか努力したくない)
・占いで成功が保証されない限り、望む道を選べない/自分の選択結果を自分では背負いたくない
・同じ内容の占いを短期間に何度も繰り返している/その場で同じ占いを繰り返し要求したことがある
・すでに占いをやってみたが、現状が変化していない
・占いをすることがストレスに感じることもある
・占いをすると一時的に心が安らぐが、また元に戻ってしまう
・例え良い鑑定結果が出てもすっきりしない
・何度か占いを繰り返しているが、鑑定結果に実感が持てない
・鑑定結果に実感が持てるほど、占う対象についてよく知らない・理解していない
・事実確認をしなければ解決せず、事実確認が出来れば占う必要のない悩みや疑問だ
・占いを事実確認の代わりにしたい(占いの当たり外れを事実からではなく他の占いから確認する・占いは興信所の調査代わりだ)
・何度占いをしても当たり/外れは確認できないし事実確認もできないことにイライラしている
・例え事実確認が出来ても、不安が消えない(疑いや思い込みや妄想が消えない)
・占いを使って自己欺瞞や現実逃避をすることで心を慰めたい
・好きな人に執着するよりも良い鑑定結果を出してもらう方に執着している(又は両者を同一視・混同している)
・様々なことに対して際限なく不安な想像をしてしまう・心配事を作ってしまう
・形は違えど似たパターンの悩みを繰り返していて、そのたびに占いを繰り返している
・占いや占い師に精神安定剤の役割を求めている(必ずしも占い自体を求めてはいない)
・買い物・ギャンブル・アルコール・セックス・ドラッグなど別の依存症になったことがある
・精神科に通院しているか、通院を検討している
・ストーカーになったことがある
・占い師に相談した悩み事に対して抱く感情や不安感が、実は悩みが発生する前から心に抱えていた感情・不安感と似ている
・悩みや疑問の解決・解明へと実際的な行動や努力をする気力がない(アドバイスを実行する気はない)
・「もし~なら」「~かもしれないから」といった架空の想像に基づいた占いがしたい
・相手と向き合うこと/事実確認をすること/現実を受け入れることに対して意欲や勇気が持てずにいる
・相手と積極的にやり取りする作業を抜きにして、相手と親密になりたい(例えば運命や占い師の魔力によって)
・実現しえない願い事に執着している
・「この方法でしか苦しみや問題からは抜け出せない」と狭い固定観念を持っている。
・正直、占いさえすれば何も考えなくても/何もしなくても願いが叶う(現実が変わる)と期待している
・正直、占いに何もかも解決して欲しい/何もかも決めちゃって欲しい(全てを占い師のお告げ通りに動かないと不幸になる気がして怖い)
・占いには「どんな視点を持てばいいか・何に注意すべきか」といった助言ではなく、「こうすればいい」というマニュアル的な指示が欲しい
・「向き合うための道具」ではなく「逃げるための道具」に占いを使っている気がする
・占いの料金が払えずに踏み倒したことがある/占い依存症で借金がある
・悩みが解決しないので料金を払う必要が無いと考えている
・占い依存症を抜け出すために占いを利用しているが効果が無い

◇あなたがもし占いを止められなくて困っているとしたら・・・
「悩みや不安の繰り返しから抜け出したり、先へ進めるようになるには?」
「具体的な形がどうあれ(願いが叶おうが叶うまいが)、現実と向き合って本当の幸せや本当の良い結論を作り出すには?」
「未練や執着や思い込みを手放すには?」
「現実と向き合ったり現実を受け入れられるようになるには?」
「苦しみを癒してより良い方向へ向かうには?」
「自分の願望の裏にはどんな理由があるのだろう?」
「様々な悪い想像を際限なく繰り返させる無意識の不安の正体は何だろう?」
「自分が現実世界で本当に必要としていることはなんだろう?」
・・・といった発想を持って自分を見つめてみてください。そうすることで、裏に隠された本当の希望や、問題の原因や真相に行き着くことがあります。占いをやめられなくなったのが自分自身である以上、答えは自分が持っているからです。
※一番上にも書きましたが、あなたが本当に望んでいることは、現実から目を背けるための占いではなく、現実と(自分と)向き合って分析し、探求し、現実のなかで現実の癒しや喜びや幸せを作っていくことかもしれません。
現実と向き合ったり現実を受け入れたりすることは、現実の短所ばかりを見て切り捨てて生きてゆくことよりも、はるかに簡単です。「現実」のなかには、「あなた」も含まれているからです。そして何より、「現実(真実)」の中にこそ、悩み・苦しみを乗り越える鍵やきっかけが隠れているからです。それを自ら切り捨てる生き方は、辛そうですね。
占い依存が止められない自分を責めたり卑下したりすることなく、依存の原因になったおおもとの精神的な不安定の解決を。それには自分自身と現実をもう一度見つめなおすことが自分を救う大きなヒントです。
何度占いを繰り返しても消えないモヤモヤは、占いに逃げず自分や現実と向き合う方が楽な証。

世界にたった一人しかいないあなたの(幸せな)現実はあなたにしか作る力はありません。あなたほどそれが上手い人もいません。占いに依存している時の不安感は、「占いをしてないと不安」なのではなく、「何かに依存して主体性を手放してしまった」「自分の持つ力で自由に幸せを作る発想を忘れてしまった」「本当の自分(の幸せ)にとって本当に必要なことが何なのか気付かない」ことから来る不安です。今まで操縦していた馬車の手綱を途中で手放してしまったら、誰だって不安になります。けれど手綱は馬車に繋がっているもの。手繰り寄せれば、きっと取り戻すことが出来ます。今からでも、遅くはありません。
「不安をかき消すため」の占いは、それが不安に基づく行動である限り、繰り返せば繰り返すほど内なる不安を強調させてしまいます。決して精神安定剤にはなりません。むしろ、あなたが抱えている本当の不安の正体を突き止めてください。
(人は正体不明のものを過剰に恐れる習性があるようです)。

あなた自身を含め、もしもこの世の物事が運命によって予め定められたようにしか動かないとすれば、そもそも未来をより良く生きる(自分だけの未来を作る)ための開運法や対策をさぐるために占いが発明されることも無かったでしょう。予め決まりきっている未来を知っても、役に立たないからです。
あなたが自ら本当に良い方向へ向かうために今出来ることは何か、必要なこと・重要なことは何かを見つめ検索するのが占いです。丁度、自分がレポートや論文を書く時ににさしあたって必要な情報や文献を調べるために検索エンジンを利用するようなものです。考えながらレポートや論文を実際に書くのは、あくまであなたです。占いは、現実や真実から逃げるためのツールではなく、あなたが本当の幸せを作るためのツールです。今のあなたは、占いを「逃げるため」ではなく「向き合うため」のツールにできる状態でしょうか?

また、余計な悩みやストレスを作り出す不安定な精神状態を回復させるためには、占いではなく別の方法が必要なこともあります。占いを精神安定剤代わりにすることは、治る怪我の手当て(悩みの本質へのアプローチ)をせずに放置したまま大量のモルヒネ(占い)で誤魔化し続けているようなものかもしれません。放置すれば怪我は痛み続けます。モルヒネを際限なく使い続ければモルヒネ中毒にもなるでしょう。結局、占いに依存すればするほど肝心な解決からは遠ざかり、ストレスは慢性化するわけです。
占い依存症の恐れがある場合、本当の意味で自分を大切にしていただくために鑑定をご遠慮いただいていおります。
占い依存症(又はその徴候)と見られる様子が文面に表れている鑑定ご依頼メールには、こちらの独自の判断でお断りのお返事を出しております。

古来、占いは先人達が「どうしたら開運するか」を目的に試行錯誤して生まれた文化です。現実や自分自身から目を背けるためではなく、現実や自分自身と向き合うことでその人にとって本当に良い方向へ自らを導くために占いを役立てていただいたとき、自らの力や潜在的可能性を生かすために役立てていただいた時、占い師は自分の仕事に喜びを覚えます。この上なく光栄なことです。


追記
2012年3月13日、朝日新聞夕刊の11ページ(社会面)に当ブログの占い依存症チェックリストが載りました。
詳細→朝日新聞の夕刊に乗りました

関連記事
占い依存症のこと
占いを上手に使う準備
占いでの上手な質問の仕方・発想
占いで悪い結果が出た場合の心構え
不安の正体を探ると・・・
恋の不安と思い込み
不安の口実 推測の根拠
もしも願いが叶わぬ時は
恋人は、誰よりもあなたのそばに? ←現実と向き合わず「心の中だけの恋」をしたい時
探し求める存在は、もしかすると・・・←婚活鬱について
「必要とされる」必要が無い←アダルトチルドレン(AC)の話題あり
就職活鬱について
自我境界が未発達な国民性
短所含めてありのままの自分を愛して
容姿・劣等感・個性
True Colors
結婚相手より生き方を探せ?
自分の中の暴れ馬
人間を楽器に例えた恋の話
年齢と自信

« 占い依存症のこと | トップページ | 占い師の旅路~雲南省・三江併流~その7 »

健康」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

【以下、旧ブログより転載】

初めまして、一様 主婦をしております。すごく参考になりました。
まさか、自分が依存症だとは思いもしませんでしたが、電話占いで、軽い気持ちで、かけていました。霊感占いで、今はやっているし、前世は何だろう?ぐらいの気持ちでした。あれよ あれよ と引きずりこまれ、相当な金額を、かけてしまいました。見る見るうちにお金がなくなり、あれ?と思いわれにかえり、占い依存症で調べてみると、ここのプログに出会い、まったく、そのとうりだったので、感謝しております。大事にいたらなくてすみました。ありがとうございました。高い授業料でした。


投稿: りりー | 2008.04.03 11:02

リリー様はじめまして。
チェックリストがお役に立てたようで何よりです。
ある意味占い師冥利につきます。

投稿: AYA | 2008.04.04 09:23

はじめまして。占いの勉強をしている者です。
ブログを拝見して、感銘を受けました。

占いと心理分析の相関、
クライアントを冷静に観察し、慮る姿勢、
大変参考になりました。
感謝とともに、襟を正さねばとの思いでいっぱいです。

ためになる文章を読ませていただき、ありがとうございました。
これからも参考にさせてください。

投稿: J | 2008.09.07 16:02

Jさん、コメントありがとうございます。
占いの「勉強」は、知識の集積のみならず、現場での経験も大きな学びになります。学生時代、路上で占いをしていた頃からの経験を少しでもブログで生かせればと思いました。ご参考になられましたら幸いです。
お勉強がんばってください。

投稿: AYA | 2008.09.07 18:19

はじめまして。
私は、今、かなり占い依存症のようです。
周りは次々と結婚が決まっていくのに、
自分は今まで恋人がいたこともありません。
そして、これからも、仕事が
毎週3~5日ほど出張しているため、
日付が変わるまで、休日も
仕事をしているため、結婚できない気が
しています。
恐くて、もう何か月も
何万円も占いに使っています。。
やらなければならない仕事もそっちのけです。

このサイトをみて、依存症になっているのではないか、
っと思うようになりました。
自分に向き合えるようになりたいです。
きちんと警告を出されていることに、
感銘を受けました。ありがとうございました。
長文、失礼致しました。


投稿: かなこ | 2009.03.01 16:53

かなこさん、コメント有難う御座いました。
良い方向に向かわれることをお祈り申し上げます。

投稿: AYA | 2009.03.01 20:56

はじめましてAYA様。最近登録した占いサイト、やめるにやめられなくなってきたので依存かもと思い探していたらこちらのブログにあたりました。読んでいるうちにやめるなら今だ!と登録を解除することが出来ました。
自分の内面とちゃんと向き合って行きたいと思います。ありがとうございました。

投稿: ウララ | 2009.09.23 11:53

始めましてウララ様。
ブログの記事がお役に立てましたら幸いです。

投稿: AYA | 2009.09.24 21:51

はじめまして。
占い依存症についてを調べたら、こちらにたどり着きました。
私も依存症になってしまいました。
ちらほらと、占い依存症になってしまった女性の話を聞くたび、これは他人ごとでは思えなくなりました。
私は占いに、20000円近く使ってきました。
このままだと、貯金が底をつくのも時間の問題です。
自分磨きもできなくなってしまいますし。
それを機会に、自分をじっくりと見つめなおしたいと思います。

投稿: yuna | 2010.07.27 18:19

yunaさんはじめまして。
占いに依存するよりもずっと前向きで生き生きとした人生になれることをお祈り申し上げます。

投稿: AYA | 2010.07.28 14:34

はじめまして。
「占い依存症」で検索してこちらのブログを拝見いたしました。
占い師の方がお書きのなっているので、心に刺さって来ました。

昨年10月頃から電話占いにはまり月に5万くらい使っています。
その前は、対面占いで月に1万くらいでした。

霊感の強い自分をようやく認められるようになったのですが、それでも続けている事実(自分)にきちんと向き合いたいと思います。

どうもありがとうございます。 

>あきこさん
お役に立ちましたら幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 占い依存症のこと | トップページ | 占い師の旅路~雲南省・三江併流~その7 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ