« 占い師の旅路~序章~ | トップページ | 占い師の旅路~雲南省・三江併流~その2 »

2007年4月26日 (木)

占い師の旅路~雲南省・三江併流~その1

※写真・補足はリンクをクリック。 雲南の地図はこちら

成田~広州
成田から広州までのフライトは全く何の問題もなかった。お天気も良く、飛行機の窓からは長江の河口が見えた。今回はこの河の上流にも行くんだなーと思いながら少しうつらうつらしていたら、まずは広州に着いた。
広州から雲南省の省都昆明への乗継まで4時間。旅行社のスケジュール表には現地係員と落ち合うようなことが書いてあったが、2時間近く待っても誰も来ない。おかしいと思って昆明の現地デスクに電話したら、「自力で乗り継ぎすることになってます」とのこと。スケジュール表を見直すと、「広州で現地係員が迎えに来る」と書いてあるのに(日本でもそう言われた)、最後のページをめくったら「国内線の乗り継ぎは自力で」とも書いてあって非常に紛らわしい。あわてて手続きを済ませる。広州は暖かく、空港はモダンなデザインでとても広かった。トランクを押しながら駆けずり回って汗をかく。そんなプチスリルのあとはほっと一息。南国の果物なんぞを食べながらまったりする。
甘いマンゴーを豪快に喰らいながら旅日記をつけていると、搭乗時刻。
今回は私の両親も一緒。両親は最近日本でも人気の麗江に興味を持っていた。しかし、鳥インフルエンザとSARSのため、断念していたのだ。私はといえば、数年前から資金をためつつ情報を集め、ネットで見つけた小さな旅行社が売り出していた(中国の旅行社が下請け)現地ガイド&運転手付きのややマニアックな安い雲南ツアーに注目していた。そこには中国政府が最近観光開発に力を入れている雲南のチベットエリアと、麗江南詔国の古都大理も日程に含まれていた。しかし、やはり同じ理由で断念していた。
SARSも鳥インフルエンザも鎮まった今回、私は「万が一現地ガイドと言葉が通じなくても、観光する程度の中国語ならわかるから」と2人をそのツアーに誘った。
申し込んだのは、私たち3人だけだった。

昆明
夜に昆明へ到着。ココでやっと現地ガイドと落ち合い、ホテルに送ってもらう。ガイドは岳さん(25)。雲南の農村出身だが難関を潜り抜けて奨学金を手に入れ、遠く離れたハルピンの大学で日本語を学び、卒業して2年。最近奥さんも貰った。すばらしい。しかし、少しおっちょこちょい。だが憎めない。手相を見せてもらったが、ヴァータ体質だった。結婚運が良さそうで何より。
今日は昆明に泊まる。次の日は朝早く起きて雲南のチベットエリアへ飛ぶ。学生時代に四川省のチベットエリアを旅したときもそうだったが、基本的に日本からチベットへたどり着くには、片道最低2日かかる。
早朝、ガイドと共に空港へ。ホテルが空港で食べられるようにと朝食のお弁当を用意してくれているという。いよいよチベットエリアだ。向こうで別の現地ガイドが待っている。岳さんとは帰りに昆明で再び落ち合う。税関の手続きを済ませると腹ペコなことに気が付いた。お弁当を食べよう。
税関にて:
私「岳さん。お弁当は?」
岳さん「ア、ごめんなさい。わたしホテルに忘れちゃた☆」
岳さんは、税関の透明な隔壁の向こうで、申し訳なさそうに手を振った。

・・・続く

« 占い師の旅路~序章~ | トップページ | 占い師の旅路~雲南省・三江併流~その2 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220988

この記事へのトラックバック一覧です: 占い師の旅路~雲南省・三江併流~その1:

« 占い師の旅路~序章~ | トップページ | 占い師の旅路~雲南省・三江併流~その2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ