« 出演日時変更のお知らせ | トップページ | 申し分のない誕生日祝い »

2007年3月24日 (土)

自分に言い聞かせるための夢

今朝見た夢

どうやら大地震が起きるらしいので、皆で荷物をまとめて建物のない丘に避難する。ピクニックのようにビニールシートを敷いて座って地震に備えていると、やがて地面が揺れ始める。結構大きい。これからもっと大きくなるのだろうか? と不安に思いながらも、皆で地面に手を当てて何事かを呟いている。まるで地面に言い聞かせるように。その言葉が地面に響いたとたん、遊園地のアトラクションのようにビニールシートを敷いている地面が横にスライドし出して、地下鉄のようなトンネルの中へと私たちを乗せたまま入っていく。途中で荷物(トランク)をしまう場所があるのでそこに荷物をしまっておく。更に地面は進む。
「あまり奥へ入って行って欲しくないな。地震で出られなくなったら怖いから」という気持ちと、「ここは安全そうだ。このトンネルが崩れることはないと思うけど・・・」という気持ちがない混ぜになっている。地震はさっきより静かになったが、まだ続いている。
やがて、地面が止まった。皆ほっとして、先ほど荷物をしまった場所から各自トランクを取り出してトンネルの外に出てゆく。そこですぐに目が覚めた。1分後に目覚ましが鳴った。

地震は、「心が揺れる」とか「自信が揺らぐ」という表現があるとおり、いわゆる精神的な動揺のモチーフ。
揺れ動く心に手を当てて、静まるように何事か重要なキーワードにもなりえる言葉を言い聞かせ、響かせる。
トランクは責任感や義務感の象徴といわれている。時に「重荷」になる荷物でもある。
トンネルは、多分私の無意識ではないかと思う。あまり奥深くに行くとなかなか目覚めないから嫌だったのだろうか? 無意識的なレベルで言えば比較的浅い夢みたいだっただから。
地下鉄っぽいイメージを尊重するならば、地下鉄は「秘められた意図」。

最近、いろいろあって(心揺らいで)自分が占い師を志した初心を思い出したいと思うようになっていた。そして昨日、思い出してきた。それでまた占い師としてのルーツ&ポリシーを再確認し(心に言い聞かせ)、占い師としてモチベーションがぽかぽかと再びあたたまって来たところだった。
ルーツ、ポリシー、モチベーション。私の場合、そのどれもが、「面白そう・楽しそう・良さそう」→「だからやろう」という単純な図式の「好奇心と意欲」から端を発していた。最初の動機は決して義務感や責任感からではない。だから荷物は一旦脇に置いておき、無意識の内部にしまい込んだまま記憶が薄れがちになっていた(秘められた)本来の意図(=初心)の奥深くをさぐってゆく。そして、心の揺らぎは収まる。

目が覚めてすぐに路上で占っていた頃の記憶を思い出しながら浮かんできた文章。

人の流れを見ている 道行く人を見ている それだけで安らいで落ち着いた気分
私を見て変な顔をする人には、わらいかけてやろう
あ、こっちをみている
あれなに? 占いやってる めずらしい でも得体が知れなくて不気味 でも面白そう
いくらで占っているの?
あなたが好きに決めていいんですよ(人生のように)
どうしようかな・・・
好奇心と少しの勇気で、面白いことが起きるかもしれません(人生のように) せっかくですから、話のタネにおひとついかが?
じゃあ、やってみようか ・・・・・・うん、けっこう面白かった
ありがとう 私の楽しい仕事は あなたの過ごした「面白い時間」で出来ています
あなたと過ごすその時間は、私にとっても面白いのです 

« 出演日時変更のお知らせ | トップページ | 申し分のない誕生日祝い »

夢の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54220997

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に言い聞かせるための夢:

« 出演日時変更のお知らせ | トップページ | 申し分のない誕生日祝い »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ