« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月24日 (土)

自分に言い聞かせるための夢

今朝見た夢

どうやら大地震が起きるらしいので、皆で荷物をまとめて建物のない丘に避難する。ピクニックのようにビニールシートを敷いて座って地震に備えていると、やがて地面が揺れ始める。結構大きい。これからもっと大きくなるのだろうか? と不安に思いながらも、皆で地面に手を当てて何事かを呟いている。まるで地面に言い聞かせるように。その言葉が地面に響いたとたん、遊園地のアトラクションのようにビニールシートを敷いている地面が横にスライドし出して、地下鉄のようなトンネルの中へと私たちを乗せたまま入っていく。途中で荷物(トランク)をしまう場所があるのでそこに荷物をしまっておく。更に地面は進む。
「あまり奥へ入って行って欲しくないな。地震で出られなくなったら怖いから」という気持ちと、「ここは安全そうだ。このトンネルが崩れることはないと思うけど・・・」という気持ちがない混ぜになっている。地震はさっきより静かになったが、まだ続いている。
やがて、地面が止まった。皆ほっとして、先ほど荷物をしまった場所から各自トランクを取り出してトンネルの外に出てゆく。そこですぐに目が覚めた。1分後に目覚ましが鳴った。

地震は、「心が揺れる」とか「自信が揺らぐ」という表現があるとおり、いわゆる精神的な動揺のモチーフ。
揺れ動く心に手を当てて、静まるように何事か重要なキーワードにもなりえる言葉を言い聞かせ、響かせる。
トランクは責任感や義務感の象徴といわれている。時に「重荷」になる荷物でもある。
トンネルは、多分私の無意識ではないかと思う。あまり奥深くに行くとなかなか目覚めないから嫌だったのだろうか? 無意識的なレベルで言えば比較的浅い夢みたいだっただから。
地下鉄っぽいイメージを尊重するならば、地下鉄は「秘められた意図」。

最近、いろいろあって(心揺らいで)自分が占い師を志した初心を思い出したいと思うようになっていた。そして昨日、思い出してきた。それでまた占い師としてのルーツ&ポリシーを再確認し(心に言い聞かせ)、占い師としてモチベーションがぽかぽかと再びあたたまって来たところだった。
ルーツ、ポリシー、モチベーション。私の場合、そのどれもが、「面白そう・楽しそう・良さそう」→「だからやろう」という単純な図式の「好奇心と意欲」から端を発していた。最初の動機は決して義務感や責任感からではない。だから荷物は一旦脇に置いておき、無意識の内部にしまい込んだまま記憶が薄れがちになっていた(秘められた)本来の意図(=初心)の奥深くをさぐってゆく。そして、心の揺らぎは収まる。

目が覚めてすぐに路上で占っていた頃の記憶を思い出しながら浮かんできた文章。

人の流れを見ている 道行く人を見ている それだけで安らいで落ち着いた気分
私を見て変な顔をする人には、わらいかけてやろう
あ、こっちをみている
あれなに? 占いやってる めずらしい でも得体が知れなくて不気味 でも面白そう
いくらで占っているの?
あなたが好きに決めていいんですよ(人生のように)
どうしようかな・・・
好奇心と少しの勇気で、面白いことが起きるかもしれません(人生のように) せっかくですから、話のタネにおひとついかが?
じゃあ、やってみようか ・・・・・・うん、けっこう面白かった
ありがとう 私の楽しい仕事は あなたの過ごした「面白い時間」で出来ています
あなたと過ごすその時間は、私にとっても面白いのです 

2007年3月22日 (木)

出演日時変更のお知らせ

FM湘南ナパサの番組出演日時が変わりました。来月より毎月第4水曜日19:40からになります。引き続き、占いは放送後に当ブログ「占い師の囁き」に掲載されます。
番組責任者との話し合いにより、トークの中身もグレードアップする模様。

2007年3月18日 (日)

にんじん(改)

最近、腸内環境改善のために肉を減らして野菜を取るようにしている。野菜をおいしく料理するのは、肉料理より難しい。
一度目に描いた絵はあまりにんじんぽくなかったので、大幅に手直ししてみた。
命名:きゃろったん

Carottan_2

右クリックすると実寸大


2007年3月 9日 (金)

世界のCM

youtubeで世界の面白CMを発見。占いに疲れた頭をリフレッシュ。
コメントは手前味噌。

マスゲームネタ比較
ブリュッセルの航空会社
寝具のCM??

個人的に気に入ったCM
火星にて
はんぶんこ☆
高度な取引
愛は目に見えないところに見出すもの
パスワードを入れてください
まさに命綱
いじめ「が」かっこわるい
想像力の次はコミュケーション能力を・・・(日本)
ビッグに考えろ! ・・・分相応に。

おバカネタ
そんな刺激いらない
一番かわいそうなのは誰?
おおお俺も好きだぁぁぁぁぁ!(松下電器海外CM)

2007年3月 5日 (月)

高望みのカタチ(結婚)

今回は「結婚相手より生き方を探せ?」の補足記事とも言えるようなお話です。
ご興味のある方は高望みのカタチもどうぞ。

◆結婚が怖い 理想が高い
「結婚相手が見つからない」と相談してくる人たちの中には、カードや会話を通して深層を探っていくうちに「実はまだ結婚したくなかった」ということが判明するケースもある。
本当は結婚というもの自体にピンとこない。食指も動かないし想像がつかない。むしろわけのわからないものに人生を委ねるのは怖いし不安。自信もない。だから本当はまだ結婚したくない。 けれど、将来は不安。一人でいたって自分が幸せになる方法がわからない。自分の幸せって何かわからない。 仕事も面白くないし、これといって趣味もない。休日一人でいてもつまらない。とり立てて親友と呼べる人もいない。歳もいってるし、同年代の周囲はどんどん結婚していくのに自分だけ売れ残ったままで存在価値が下がっていくように感じる。このままどうなるんだろう? 未来が想像出来なくて不安。未来を作る材料を持ち合わせてない感じ。
本当なら結婚を避けたい人が劣等感やプレッシャーや将来の不安から抜け出すために結婚する(結婚を精神安定剤にする)場合、「『この相手となら結婚しても我慢できる』と思える結婚相手の条件」は、非常に高くなることが多い。「合格ライン」に設定している条件が「やりたくないことを我慢できるほどの条件」であれば無理もない。
「結婚したい相手」を探してるんじゃなくて、「したくもない結婚を我慢できる相手」を探していれば当然理想は跳ね上がり、「結婚相手が見つからない」という現象が起きる。

その場合、結婚に求める安心感は「彼(彼女)となら我慢できる」だ。 そして、更に深層に隠れているものは、「『これからどうなるの?』という不安を解消したい」とかという気持ち。「有意義と思える生き方を見つけて人生に前向きに取り組みたい」「意義ある自分の未来を作る材料が欲しい」という気持ち。
けれどそんな自分の気持ちに気付かず、「不安から抜け出すためにはこの人で我慢しよう」といった経緯や背景から結婚を選択した場合、後で浮気に走る奥様・ご主人様もかなり多い。

「自分の未来がわからない不安」は結婚したってなくならない。自分が変わり、切り開かない限り。今まで無意識の中で抑圧されていた新しい自分の側面を知り、その性質を生かさない限り。
意欲ではなく不安によって結婚相手選ぶ場合の理想像は「完璧な相手」になりやすい。人は何かに対する依存度が高いほど、その何かに完璧さを求める傾向にある。相手に自分の生き方や人生を丸ごと依存してしまうのであれば、確かに完璧な相手じゃないと不安かも。

自分の幸せな生き方が分からない不安を動機に結婚したのではなく、自分の幸せな生き方が見えてきたからこそ結婚を選んだ場合、結婚相手の選択理由は「相手が完璧だから」ではなくて、「お互いに相手の個性が自分の幸せの可能性を格段に飛躍させると感じたから」とか、「完璧な相手よりも、互いの性質を活かし互いを補いあって一つの素晴らしい可能性が作れる相手だと感じたから」になりやすいかもしれない。
相手のために自分の個性が活かされ役立ち、自分のために相手の個性を活かし役立てる。その際どちらも犠牲(マイナス)にならず、どちらも幸せ(プラス)を得る対等な関係。結婚相手を選ぶなら不安による依存関係ではなく、そんな相互扶助や相乗効果の関係を目標にすると開運しそう。

◆「こうあるべき」から自由に
男女問わず上に書いたような人々が、結婚が怖いと感じることを「幼稚だ・子供っぽい」と恥じる必要はない。「望まない道の選択である上に想像もつかない方向(自分でも責任取れない方向)へ人生を変える」ことが怖いのは自然なこと。人は成長の仕方も順番も仕組みも速度も可能性もそれぞれなんだから。無意識に自分を偽って無理な選択をしたためにおかしな迷路にはまるくらいなら、ありのままでいた方が(ありのままを把握した上でそんな自分を認めた方が)、結婚という「手段」に頼らずプレッシャーや不安から自分を解放しやすいし、誠実でさえいられる。結婚は自分自身のペースで大人に成長してからだっていい。その方が良い結婚運になりやすい。
他人と比較して自分自身の発育ペースを恥じるのは、大げさに言うと生命の多様性を否定している。

例えどんなに「大人」のフリが上手くても、それはあくまでフリであって「大人」ではない。周囲はともかく自分は誤魔化せない。本当の大人は、自分のレベルが例え低くてもそれを誤魔化さず受け入れる(例え高くても鼻にかけない)。どんなに恥じても今出来ることは変わらないからだ。その代わり、今出来ることやしたいことに精一杯取り組んでレベルアップを図ることはある。自分の出来ることやしたいこと(今までやりたかったけど出来なかったこと)が何かを精一杯探すこともある。
肝心なのは、生涯結婚するかしないかに関わらず「それでもやがて自分は成長してゆけるだろう」ということを忘れないこと。 「変わり、切り開く」ためには、まず己を知る(発見する)ことから始まる。己を知ることと成長することは、深く密接に関わりあっている。自分が変わると、運も変わる。出会うべきはまず自分自身かもしれない。
「幼稚で子供っぽくて未熟だ」ということは、「これからいくらでも成長していける。可能性の余地はこれから」ということでもある。私を含めた全ての人達よ。Good Luck.

結婚相手より生き方を探せ?
探し求める存在は、もしかすると・・・
「必要とされる」必要がない

2007年3月 3日 (土)

開運待ち受け画面配信開始!

3年前の丁度今頃、「何かが降りた」かのように突然描き始めたイラスト。ここへ来て、そんな私のイラストがとうとうこのブログ以外の場所に進出。
オリジナルイラストによる携帯待ち受け画面の配信がコネクト!オン公式サイトにてスタートしました。
キャラクターの名前は「コネクたん」。
ダウンロードはこちら

さあ待ち受けるのは開運電波か毒電波か??

イラスト、およびコネクたんの感想、お待ちしております。

2007年3月 1日 (木)

特別企画 3月の血液型別運勢

では、予告どおり余ってしまった占い原稿をUPします。期間は3月1日から3月15日まで。

A型:本心を誤魔化した結論や決め付けは、後で優柔不断のモトになりそう。横着をすると却って面倒な運勢。自分の真相と向き合えるように、まずは疲れをとって。金運、本当に楽しめる時だけお金を使うのがコツ。恋愛運、カップルはワンパターンのやり取りから抜け出して、二人で楽しめる新しい可能性を切り開けそう。フリーは自分に対して「自信を持って正直に」。新しいチャームポイント発見の暗示あり。

O型:次のことをあれこれ想像するのはまだ早そう。今出来ることは英気を養うことや地道に力を磨いておくこと。根拠のない期待や不安は参考になりません。金運はよく貯まりそうな運気。恋愛運、カップルは相手のありのままの姿や愛の形を知ることで理解度UPを。フリーは異性との地道なやり取りが吉。その異性の短所ばかりに注目したり、先入観や目移りにはご用心。

B型:「手段は妥協しても目標は妥協しない」がキーワード。勇気を持ち自分の意志や希望をしっかりキープして吉。時には自分の殻を破る必要もありそうだけど、チャンスは身近なところにある予感。金運は良好。恋愛運、カップルは相手が期待とは異なる姿でも、ステキな恋は諦めないで。フリーは人脈運と合コン運○。二人きりになれなくても、「あの人」と同じ場にいること自体がチャンスに。

AB型:まず具体的な計画を立ててみることが吉。一度に欲張りすぎてもうまく行きません。直感で自分のキャパシティを感じ取りながら一番良い方法や必要な物事を決めていきましょう。金運も無理は禁物。恋愛運、カップルは独占欲に悩んだら、何故独占したいのか、本心をさがすことで自分が本当に必要としている物事が見えてきそう。フリーは目移りにご注意。今までのことをひっくり返すように気まぐれな選択に走らないで。

いかがでしたか? 血液型占いは今回で最後ですが、毎月第3水曜日から一ヶ月間を占うラジオのタロット占いは、オンエアー後に引き続きブログにUPしていきます。
オリジナルイラストの開運待ち受け画面はこちら

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ