« てれびちゃん | トップページ | 冥王星の事件を勝手に解釈 »

2006年8月24日 (木)

冥王星の惑星降格と占星術

※あくまでこの内容は、私個人の見解です。全ての占い師がそう考えるかどうかはわかりません。

今、国際天文学連合が「惑星」の定義を変えるとかなんとかで、もめていたらしい。惑星の数を12個に増やす案が出たと思えば紛糾し、二転三転して今度は冥王星を惑星から除外して8個にする案が出てきた。他にも、いろんな定義案や名称が出てきたらしい。冥王星の外側にも、同じくらいの大きさの天体が回っていることが定義変更のきっかけなのか。これからも太陽の周りを回る天体が続々発見されちゃったらどうしよう? どこまでが惑星? みたいな感じだろうか。
しかし会議の混沌具合を新聞で読むと、何というか、派閥争いや意地の張り合いみたいなモノもからんでるんじゃなかろうか? と意地悪く邪推してしまったりもする。
結局冥王星が惑星の定義から外れたことになったが、歓声とブーイング両方が聞こえたそうだ。

さて、この天文学的な惑星の定義が変わってしまうと、占星術(星占い)のやり方にも影響してしまうのではないかというと、ぜんぜん関係ない。
なぜなら、占星術は「占い」というまったく別の理論体系に属しているから。
ぶっちゃけ、科学(学会)と連動してなくてもぜんぜんかまわない。それが占い。
占いは、むしろ芸術とか文学とか、人文科学的なジャンルともいえる。非常に文化的な手法で人や物事を分析する。そして不思議なことに、それがまた人の心にはしっくり来ることもあるわけで。機械と職人技の違いみたいなものかもしれない。あるいは、人や物事を「科学者」が分析するか、評論家が分析するか、という違いかも。
占星術のやり方を大雑把に言うと、太陽の周りを回る天体や月や日の出の位置etcが地球から見てどの星座の方向にあるかをもとにして占いをする。
この占いをするモトとなる天体や日の出の位置のことを、「感受点」という。感受点とは、天空において占いをする時に意味を持つポイント(点)ということ。別にそのポイントが「惑星」だけに限られたりすることはない。月は重要な感受点だし、「ドラゴンヘッド/ドラゴンテイル」と呼ばれる月の軌道と太陽の軌道の交点も感受点として採用される。
感受点は、占いの結果をはじき出すのに有効な情報として採用されたポイントと考える。人によっては火星と木星の間に大量にある小惑星を感受点に含める人もいるし、昔の古典的占星術にならって土星までの惑星で十分占えるという人もいる。本当に解釈や手法は人によって様々。
ガリレオやコペルニクスなどの時代は、感受点になる惑星は土星までだった。そこから先は地上から見えなかったから。それでも占星術はしっかりと人々の間に根ざしていた。
感受点は結局、占いの解釈判断をする上で参考にする情報だと思っていい。感受点が多ければ、その分参考情報も多く、占いは細分化されるだろう。5ケタもある小惑星まで入れたら情報がすごく多くなるだろう(少なくとも私は混乱せずに占える自信がない)。感受点をいくつ用いるか、どの感受点を用いるかは、その占い師にとって最も腕を発揮しやすいやり方は何か、ということでもある。
冥王星が宇宙から消えてなくなるわけでもない限り、「冥王星」と呼ばれていた天体を感受点に採用して占っても、占星術的には全く問題がない。

天文学と占星術。全く異なる理論体系でありながら、人類が星を見始めた当初は2つに分かれておらず、ほぼ同じ学問だった(あのコペルニクスは占星術師でもあった)。
しかし時がたつにつれ、それぞれ文系と理系に進み、それぞれ違う自分の道を歩き出した兄弟のようなものかもしれない。

« てれびちゃん | トップページ | 冥王星の事件を勝手に解釈 »

ニュース」カテゴリの記事

占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« てれびちゃん | トップページ | 冥王星の事件を勝手に解釈 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ