« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

絵を描いてる時の君が好き①

この前の記事を書いた後になんとなく思いついたお話。

           ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

将来は画家を目指している美大生のA子。普段はせっせと絵を描いたり、コンぺに作品を応募したりして、チャンスを求めて活動中だ。まだまだ卵のA子は、将来自分の才能や感性を発揮して、人々にその作品を楽しんでもらうという夢に向かって走り始めたばかりだった。目下の課題は「評価を気にして自分の描きたいものを素直に描くことが難しい」ということ。授業で何度か満足して描いた絵をこき下ろされたことが少々トラウマになっているのかもしれない。
美大のゼミが始まったばかりの頃、A子には気になる異性が出来た。同じゼミでやはり画家を目指しているB太だ。A子はB太の描く絵が好きだった。高く評価できると思っていたし、「この人ならきっといつか画家として成功するに違いない」と思っていた。複数のコンテストで入賞したこともある。先生の評価もまずまずだ。もとより、「評価を恐れず自分の描きたいものを好きな方法で堂々と描いている」ところをすごく尊敬していた。B太はB太で、A子の絵には密かに一目置いており、彼女はこれからもっといい絵が描けるだろう思っていた。もっと、「描きたい絵」が描けるようになればいいのに、とも思っていた。彼女が絵の中に時折垣間見せる感性に、惚れていた。そんな感性を持った彼女に、惚れていた。だから、彼女が描きたい絵(思い切り感性を出した絵)を描かないことを(それが見られないことを)、もどかしく思っていた。
やがてA子とB太は様々なことを話すようになり、意気投合した。互いの絵のこと、感性のこと、将来の夢のこと・・・・・・二人は互いを奮い立たせるよいライバルでもあり、或いは見習うべき先輩であり、理解し励ましあえるような親友にもなった。A子にとって、他人の評価を恐れず自分の描きたいものを描ける上に、結果的にはよい評価を貰えているB太はちょっとしたカリスマ的存在だった。そんなB太が自分の絵を見て喜びや楽しみ・・・心地よさを感じてくれるのは、とても嬉しかった。B太も、感想を求めて普段はめったに人に見せない下書き段階の絵を自分に見せてくれることがあり、A子はそれが誇らしかった。出来上がりを想像して、とてもわくわくしたし、出来上がった作品はやっぱり良かった。B太が良い評価を貰うと、A子は自分のことのように嬉しかった。絵について、互いに参考になるコメントを出し合い、得ることが出来た。
二人とも、恋愛を含めた今までの人間関係を振り返ると、こんなに異性と意気投合したのは生まれて初めてのことだった。まるで他人じゃないみたい。
いつしか二人付き合うようになっていた。

A子は着々と夢に向かって進んでいるB太の側にいることで、自分も一歩夢に近づけるような気がしていた。それくらいB太を素晴らしいと感じていた。そのうち、俄然B太を応援したくなってきて、B太にかいがいしく尽くすようになっていった。
B太が初めて個展を開くチャンスを手にした時は、われを忘れるほど興奮し、舞い上がった。このチャンスを何としてでも成功させたい。A子は、自分の創作活動をそっちのけにして、個展の開催を成功にこぎつけるために奔走した。遠慮するB太に構わず、時には寝る間も惜しんで。その時は、B太に尽くすことだけで自分が満たされていた。
・・・・・・例え、いつの間にか自分の絵を描くことがおざなりになっていたとしても。
自分の創造性と感性をずっと無視して、自分の普段の生活ペースやテリトリーをずっと無視して、自分にしか出来ないことを、ずっと無視して。そのために知らず知らずのうちに溜まり続けていた疲れとストレスをずっと無視して、A子はB太に尽くしていた。今はちょっとくらい苦しくても、B太の個展が成功すれば、B太が夢に向かってどんどん近づいていければ、それも報われると思った。

B太の個展は、初めてにしてはかなりの好評を博して終わった。開催初日には地元のミニコミ誌の取材も受けた。
ギャラリー達はB太の作品を興味深げに見物し、驚き、楽しみ、心地よさを見出していた。授業では評価がイマイチだった作品も、B太は自信を持って展示し、ギャラリー達には結構受けていた。同じ美大の学生達はB太をうらやましく思い、或いは尊敬した。
個展が終わるまで、熱心すぎるほど手伝っていたA子は、個展の成功にほっとした。
ほっとしたら疲れがどっと出たのだろう。片付けが終わったあと、急な激しいめまいでA子は倒れてしまった。慌てたB太が自分の名前を呼んでいたけれど、返事ができないまま、A子の意識は体を抜け出してどこかへ飛んでいってしまった・・・・・・

つづく

2006年7月23日 (日)

暑中お見舞い画像

暑中お見舞い申し上げます。
暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

ってまだ梅雨明けしていませんが・・・
梅雨が終われば太陽の顔をめいっぱい見ることが出来ます。
最も身近で簡単な開運法は、生命力の源である太陽の光を浴びること。
それも、午後ではなく朝から午前中にかけての上昇する太陽がお勧めです。
その際は、紫外線対策をお忘れなく。パンダ顔を防ぐためにも・・・

Natsu06

個人的には、さっぱりしたココナッツアイスのイメージ。ややビターなチョコと、カラフルなザラメをトッピングして・・・

2006年7月21日 (金)

国内初の雑誌の仕事

このたび、「ファイナルファンタジー11」「モンスターハンター2」などといったオンラインゲームを扱う専門誌 の
「ファミ通Connect!On-コネクト!オン-vol.01」
という雑誌にて、12星座別のちょっと変わった(?)占いコンテンツを提供させていただくことになりました。
詳しくはこちら
雑誌は本日発売(地元の本屋にもありました♪)。
オンラインゲームをやってる方、興味のある方はどうぞ。 感想大歓迎。

コネクト!オンのブログ

毎日新聞
エンターブレイン:「ファミ通コネクト!オン」を創刊

2006年7月18日 (火)

ある恋のパターン

私は学生時代から占いをやっている。通っていた大学が風変わりで、キャンパスで占いのテーブルを出しても何一つ文句を言われなかったからだ。いろんな学科で様々な勉強をしている学生達を観てきた(私もそれなりに勉強してた)。そんな中、恋占いに来る学生たちの話を聞いてカードを広げてみると、様々な恋のカタチの中で、いくつか特徴のあるパターンに気付いた。今回は、その中のある1つを挙げてみる。以下、当時の覚え書きをまとめて抜粋。

           ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

「しばしば人が人を好きになる時、性別に関わらずその人との交流がよい刺激となって自分を発展・発達させ、成長させ、活性化し、向上させる(又はそのどれか一つにでも当てはまる)ような要素があるために、好きになることがある。お互いそういう理由で結ばれたカップルはどこか親友同士のような雰囲気がある。例え恋人同士にはなれなかったとしても、そこで終わりにせず、相手と交流だけでも維持しておければ、自分によい作用を及ぼす。告白して断られてしまった場合、落胆してその人と距離を置いてしまうと、より落胆が深まるかもしれない。だってその人を好きになったのは、自分によい作用を及ぼす交流が原因なんだから。性別ではなく、交流そのものの中に、最大の価値が潜んでいる恋なのだから・・・」
↑このタイプの恋を占うと「恋人」と「杯の2」がよくでる。「恋人」の逆位置が出ても、精神的な交流の意味がある「杯の2」は正位置のままで出やすいようだ。たまに両方とも逆位置になることがあるが、杯の2だけ逆位置になった記憶がない(実際はあったかもしれないけど)。

「好きになった人が、偶然自分の目指す発展・発達や成長や向上と類似した方向(全く同じ方向ではないにしても)に発展・発達の方向性や可能性を持っていて、しかも自分よりも先に進んでいると思われる場合、『自分がこのままうまく進んでいけたら(自分の望む方向に順調に進んだら)、この人のような感じになるのかもしれない』と思わせることがある。いわゆる、『自分もその人のようになりたい』というやつ。『憧れ』ともいえる。
そういう人との交流はきっと楽しいと思う。でも『その人のそばにいる、その人を近くで見ている』ことで満足してしまい、自分自身の発展・発達をやめてしまう・忘れてしまう、となる危険も時々あるらしい」
↑注意点を占うと、金貨のページの逆位置や杯の4が多い。時々ストレスを意味するいくつかのカードの配置の中に「悪魔」が正位置で出るからぎょっとする。「悪意」ではなく、「依存」や「堕落」というニュアンスを採用すると、私の解釈の結論は上のようになった。又は自分が持つ「憧れ」が自分の本心が目指しているものではなく、劣等感が「目指させている」場合もあるのだろうか?

           ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

さて、当時の覚え書きにあるようなタイプの恋、学生時代には芸術関係の勉強をしている学生や画家志望の学生、バンドや創作ダンスなどクリエイティブな活動をしている学生達に多く見られていた。当時は「芸術家タイプの人に多い恋愛パターンなのだろうか?」と思っていたが、プロになって学生以外の人達を多く見るようになり、いろいろな恋の相談を聞いているうちに、芸術的な人以外でもこのパターンの恋をする人がかなりいることがわかった。現在の自分の生き方に不満や物足りなさを感じている人、或いは芸術的な分野とは関係なく何かを目指している人にも多い。または、自分自身はマンネリと地味で静かな日々を送ってきたけれども、相手が熱心に何かに打ち込んでいたり、何かを目指してがんばっている場合にもこのパターンのような恋をしている場合があるようだ。よく、部活にいそしんでいる男の子に女の子が惚れ込むパターンの漫画があるが、あんな感じかもしれない。

このタイプの恋の目的を非常に乱暴で平たく還元してしまうと、「自分を発展・発達させたい。進歩させたい」ということなのかもしれない。このタイプの恋をしている占いの相談者の中には、無意識に自分探しを望んでいたり、「変わりたい」という思いを持っている人は多い。けれど何をどう変わりたいかのかよくわからない(或いは忘れてしまっている)場合、自分が目指す方向を持っている人(変わっていくべき方向を知ってる人)を見ると何らかの刺激を受けるのかもしれない。よく、「自分にないものを持っている人に惹かれる」という言葉がある。多分そうなのだろう。
或いは、「自分が目指している方向に、自分より少し先を行っている人に刺激をうけて惹かれてゆく」という場合も、このタイプの恋になりやすいようだ。
そして、自分自身が発展・発達していった時、ある意味「自分が変わっていった」「自分にないものを自分で手に入れた」「自分もその地点に到達した」とき、もしかすると、そのときの自分にはもう、「好きなタイプ」や「好きになるタイプ」さえ変化しているかもしれない。その人が変われば、当然恋の仕方も変わったっておかしくない。
今の恋を分析すると、今の自分が見えてくるかもしれない。

・・・あ、なんかまた小説書きたくなってきた・・・

2006年7月15日 (土)

占い商店会

体調不良のため、本日の登戸の「占い商店会」はお休みさせていただきます。

2006年7月10日 (月)

Tシャツデザインコンテスト

Tシャツデザインコンテスト

某所のコンテストに入選。
どこかは秘密。

2006年7月 5日 (水)

ルパン三世に関する面白い動画

youtubeでルパン三世の動画がないかと探していたら、あるわあるわ。 その中で目に付いた面白いものをご紹介。ルパン好きなら知ってるものかもしれない。

Lupin III - Pilot Film (1971)
声が山田氏よりも前のヤツ。私が生まれるはるか前。

実写版ルパン(日本)
田中邦衛が・・・

海外のルパンマニアの作品(実写)1

海外のルパンマニアの作品(実写)2

海外のルパンマニアの作品3
実写版カリオストロ??

CG作品。次元がカッコイイ。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ