« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月29日 (月)

アイラブテトリス①

テトリスは、電子ゲームの中で最も原始的なパズルゲームの一つ。昔爆発的に流行り、シンプルであるが故に飽きが来ず、今でも親しまれている。さすがにテトリスだけを長くやっていれば飽きるが、時間を置くと思い出したようにまたやりたくなる。
退屈な待ち時間や飛行機などの移動時にちょうどテトリスを持っていたら。「テトリスがあってよかった」と思えるときがある。
「山で遭難して山小屋に閉じ込められたとき。テトリスがどれだけ慰めになったことか」なんてこともあるかも。
「何もない砂漠の前線。緊張した心が空き時間のテトリスにどれだけ救われたか。」これは実話らしい。
最新のゲームは欠かさずやるのに、何故かテトリスも毎日一定時間はやらないと気が済まない人がいる。
新しいゲームを数多く持っている人でも、やはりテトリスは捨てられないと言う人がいる。さすがに最新のかっこいいゲームの興奮はテトリスには望むべくもないが、飽きずに長く付き合っていけるゲーム。それがテトリス。
その様子を「古女房みたい」と言ったのは誰だったか。
これは、そんな所からヒントを得たラブストーリー。 (※「携帯用テトリス」なるゲーム機があると思って読んで下さい)

ここに、ある子供がいる。この子供にとって、現在の人生の大半は「遊び」に占められているとする。いかに遊び(=人生)を有意義で喜びに満ちたものにするか。それが、この子の人生のテーマ。
だからこの子は、人生を豊かにしてくれる「おもちゃ」や「ボール」や「ゲーム」や「テレビ」や「マンガ」や「公園」etcが大好き。これらのツールを上手に使って、素晴らしいお遊びライフを作れる可能性がぱんぱんにつまっている。
けれども、こういったツールは間違った使い方をすると、せっかくの可能性がフイになってしまう。
この子は、新しく訪れるツールを上手にに使いこなすことが出来るだろうか?
ある時この子は、親御さんとうまく交渉して最近流行の携帯用のテトリスを手に入れることが出来た。
テトリス・・・単純なパズルゲーム。マンガやアニメファンタジーの様にかっこいいキャラクターも、かわいいヒロインも出てこない。毎回ただの無骨なブロックが降ってくるだけ。とても単調なゲーム。けれど、携帯できるのでいつでもどこでも遊ぶことが出来る。
テトリスを手に入れた当初、その子はテトリスに夢中で、いつもポケットにテトリスを入れて、少しでも時間があればテトリスに熱中していた。地に足が付いていないため、危なっかしい場面もしばしば。横断歩道の信号が赤になりかかっても気付かない。
「ごはんよ」とお母さんの呼びかけにも上の空。・・・カーリンカカリン カカリン♪(古!)「いつまで遊んでるのよ。早く食べちゃってよー!」
せっかくのハンバーグは冷めてしまって、美味しくなかった。
夜は寝不足だ。目がしょぼしょぼする。ひどいときは目がかすんで周りが良く見えないときがある。
「野球しに行こうよ」という友達の誘いにも「ゴメン。今手が離せないんだ。」外はいい天気だけれど。

やがて子供は、なんだかイライラするようになってきた。テトリスが止められない。離れられない。
長くやってると目も頭も痛くなるし、最近そればっかやっているから飽きて来たのに、気になっていつもやっている。「気になる」ってだけの理由で、また長時間ゲームに捕まっている。
外で遊びたいのに、野球でもしてスカッとしたいのに、気が付くと夕方までテトリスをやっている。テトリスに振り回されている。夜はすごく疲れているのに、眠れない。ベッドに入ってもテトリスが気になってしまう。眠たいのに、夜中までついやってしまう。
もうそろそろ飽きてきたのに。くたくたに疲れた状態でテトリスやったって、ちっとも面白くないのに。
最近友達と遊んでない。さびしい。人生が物足りない。毎日の相棒は、いつの間にかテトリスというたった一種類の遊びだけになってしまった。バラエティーに富んだステキなお遊びライフのめくるめく可能性は、一体どこへ? あんなに楽しかった様々な遊びは、一体どこへ?

つづく

2006年5月24日 (水)

占星術というもの

長いけど簡単に占星術について書いてみる。
占星術は最もポピュラーで歴史の古い占いの一つ。西洋占星術、インド占星術、宿曜占星術など、世界各地に古くから存在する。よく雑誌に載っている「○○座の運勢は~」というのも占星術から来ている。
占星術では、太陽系に存在する各惑星には一つ一つ意味がつけられている。例えば西洋占星術なら、火星は「怒り、情熱、勇気、行動力、戦い」といった具合。それら惑星の意味と、どの意味を持つ惑星同士がどんな角度のに配置されているか、で一つの占いが出来る。
ある人が生まれた瞬間、或いは特定の事件が起きた瞬間、各惑星が地球から見て黄道(地球からの見かけの太陽の通り道)のどの方向に見えているか。それを図に表したものがいわゆる「ホロスコープ」と呼ばれる天体配置図。宇宙に置ける各惑星の見える「方向」といっても、当然東西南北ではない。宇宙の方角は、星座によって
12等分される(ちなみに13星座占いなら13等分)。例えば、ホロスコープにおいて生まれた瞬間に太陽が牡羊座の方向にあった人は、いわゆる「牡羊座生まれの人」。ホロスコープは、出生地、生年月日、出生時間が特定できれば正確なものが作れる。
            ☆       ☆        ☆                
ここからは、ちょっと理論の話なので、興味ない人は読み飛ばしちゃって結構。
ホロスコープから見た各惑星の配置で、ある2つの惑星同士が120°の角度で配置されている場合、それは「トライン」といって、その2つの惑星から運勢に良い影響を貰っていると考えられる。「吉角」とも言う。例えばある人のホロスコープでは、先ほど意味をあげた火星と「美、愛、金銭、理想」という意味のある金星が120°の位置にあれば、「告白する勇気が強い」とか「自分の愛情を素直に表現したり、積極的なアプローチをすることで恋の成功を勝ち取りやすい」「恋人に対して情熱的な愛を惜しまない」といった解釈も出来る。「金銭管理や資産運用に優れている」とも解釈できる。
他方、惑星同士の角度が180°であった場合は「オポジション」といってトラインとは逆に「不調和な角度」ということになっている。「凶角」とも言う。火星と金星が180°なら、「恋人と喧嘩しやすい」とか「情熱的だが強引なアプローチや押し付けがましい愛情表現」、「無謀なことでお金儲けしたがる(ギャンブルやムリのある商売とか)」
といった解釈が可能。他にも、様々な惑星とその角度によっていろんな解釈が出来る。星座と惑星の組み合わせによる解釈も存在する。
            ☆       ☆        ☆              
さて、ここでちょっと疑問に思う人もいるかもしれない。
「生まれた瞬間の星の位置で自分の運命が決められてしまうなんて・・・」
「ホロスコープにたまたま180°の惑星配置が多かったばかりに、生まれた時から人生お先真っ暗?」

大丈夫。そこまで悲観する必要はない。運命が予め何もかも決まっていたら、人は自分の人生にも言動にも責任を持たない。占いも、役には立たない。
ただ、人を含めて地球上の生き物たちが惑星から影響を受けることは科学的にも証明されている。太陽と月が生き物にどれだけ影響を与えていることか。
けれども、太陽と月が生き物たちの人生や運命を支配することがあっただろうか? 人間は太陽と月の影響を見越して、柔軟に対応することができる。日差しの強い日は日焼け止めを塗る。健康な女性の月経周期は月の満ち欠けの周期と同調しているので、時期を計算して準備しておくことが出来る。月がおとめ座の方向にある時期は、髪の毛が素直に言うことをきいてくれやすいので、髪のセットに向いている。有名な話では、月が上弦や下弦の時には月の重力の関係で血行が弱まり、注意力が落ちるために事故が多い。新月や満月のときはその逆。

他の惑星の影響もそれと同じで、自分にどんな風に影響しそうであるかを推測しておけば、注意しておくことも出来るし、逆に影響を有効に利用することも出来る。占星術やホロスコープはそのために使うと考えた方がいい。
注意や対応次第では、凶角を持っていてたって問題を起こさずに済むし、悪い運を予防することも出来る。
頭がよければ、逆手に利用することだって出来るのかもしれない。例えば、「強引さに注意」と出ていたとする。しかし自分に恋している相手が「好きな人に強引なアプローチをされると弱い」人なら、逆手に利用できる。
そんな人をうまく見分けられないと悲惨だけど。強引なアプローチも限度を間違えればばストーカー扱いだけれど(※ストーカーは犯罪です)。

地球は太陽系がなければ存在し得ない。地球上の生き物は、太陽系と地球がなければ存在し得ない。人間も太陽系の全ての惑星が存在することで初めて成り立っている。どこか一つでも欠けてしまえば、もう現在のような姿や性質ではいられない(人体には各惑星や星座にに対応する場所がある)。
だから、人間は惑星の影響を受けて当たり前だ。けれども、人間は惑星の影響に対して対応できる。その目安として使われたのがホロスコープといったところ。

ちなみに、あの911テロが起きた瞬間のホロスコープ。惑星同士が互いに衝突しあう180°の凶角が目立つ。そのほかの凶角もある。
しかも月と火星が180°で、「やぶれかぶれになって破壊的、攻撃的なことをしやすい」「ヒステリック」と解釈可能。さらに、土星と冥王星の180°で「信じられないような恐ろしい災難」「秩序の崩壊」との解釈も一般的だ。
・・・テロの日取りを決めた黒幕の意図やいかに?

※冥王星の惑星降格についての記事は以下の2つです。
冥王星の惑星降格と占星術 冥王星の事件を勝手に解釈

2006年5月 9日 (火)

あかずきん

GW中はほとんどどこへも行かず、イラスト三昧。
この子は今まできのこやらスイカやらピーナッツやらをかぶっていたけれど、何故今まで「あかずきん」をかぶらせなかったのかが不思議なほど。

Akazukin

2006年5月 6日 (土)

夢に出て来た子

なんだか、私の深層から生まれたような子。 Baketuneko

少し前のこと。昼寝をしていたら、SFチックな夢を見た。

ある光速宇宙船が新種のブラックホールの圏内にとらわれてしまい、時空の向こうに飛ばされてしまった。
宇宙船が飛ばされる寸前、乗っていた超天才科学者の博士は、自分の知性の粋を集めた研究データと、ペットとしてかわいがっていた子猫(空き地で赤ん坊のとき拾った)を手近にあったバケツ型ペン入れに入れ、凄まじく揺れる宇宙船内の異次元転送装置から地球に向けて転送した。それを最後に宇宙船の通信は途絶えた。

地球に転送されたバケツと子猫と研究データは、転送装置が激しく揺れていたために、転送の途中で全部一緒になってしまったらしい。
バケツは子猫の胴体にはまり、研究データは何と、子猫の頭脳の中に入ってしまった。
子猫は凡人を超えた超天才子猫になり、人語を話し、二足歩行し始め、地球にある博士の研究所を引継ぎ、文字通り教壇に立って学生たちに講義をし、博士の孫と遊びつつ宿題を見てやるようになった。そして、博士の研究を応用して時空の向こうに飛ばされた博士達を救出する一大プロジェクトを立ち上げた。 
「しょくん。これはひじょうにじゅうようかつふかけつなぷろじぇくとなのだ。」
子猫はちゃんとそのプロジェクトの理論も講義していたのだが、私の記憶があいまい。唯一はっきり覚えているシーンが、

「・・・であるからして理論上、時空のゆがみの特異点では時間と重力は実質上ゼロになるために・・・あ、ちょうちょ!」

窓の外へダイブ。


時々宇宙船の飛び立った方角の夜空を見ては、
「はかせ。まっててね。きっとたすけにいくからね」

・・・と子猫が密かに涙しつつ健気に決意を固めているところで間違い電話にたたき起こされた。

この絵は目が覚めて、夢の記憶を頼りにスケッチしたもの。すごく味のある顔だった。目が覚めたばっかりの時以外、もう二度とそっくりには描けない。「ぶちゃねこ」のモデルになった。
この絵を見て「にくったらしい」と思うか、「かわいい」と思うかは見る人によって大きく別れるようだ。
「かわいい」と思った人は、男女関係なく「母性本能」が活性化していると思われる。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ