« 人間を楽器に例えた恋の話④ | トップページ | 最近描いたアヤシイ絵 »

2006年3月29日 (水)

あとがき

応援いただいたり、感想を頂いたことを励みにしながら何とか書き終えることが出来ました。予想以上に長くなってびっくり。仕事の合間に書くのが精一杯だったため、途中で更新が遅くなりましたね。
竪琴と同じパターンの恋愛運を持っている人が、必ずしも竪琴と同じくあれよという間にとんとん拍子で自分に最適な恋愛運へシフトしてゆくとは限りませんし、楽器と違って紆余曲折はいろいろあると思いますが、基本的には皆竪琴のようになれる可能性を秘めているものと思われます。
コメントを頂いた加地尚武様、ありょ~しゃ様、ありがとうございました。

恋人や結婚相手を選ぶとき、自分が基本的にはどんな生き方をしたいのか、自分がどんな人間なのかがある程度分かっていれば、人生を相手に委ねる前提で選ぶという発想ではなく、自分の人生を含めて「自分にふさわしい相手」としてある程度自分の中に目安を作れるかもしれません。自分を100%完全に知るということは、悟りを開きでもしなければ不可能だと思いますが、ある程度自分のことを知って初めて、どんな相手が「自分にふさわしい」かが分かるのかもしれません。そんな「自分を知る力」が「相手を知る力」につながるのでしょうか。

逆に、自分のことが分からなくて不安を抱えている場合や、ふさわしい相手がわからなくて不安を抱えている場合、相手に求める理想が高くなってゆくことがあります。完璧に近いほど、どういうタイプの異性ともうまくやっていけるだろうと感じるのでしょう。こういうケースは、竪琴タイプの恋愛相談にもありがちです。自分のことを知ったり考えたりしなくても、それ以上に自分の人生を幸せなものにできて、かつそれを保証してくれる相手。全てを委ねておけば安心な相手。それが出来る相手となると・・・

楽器に例えれば、「私が自分の音を知らなくても、自分の楽器を演奏しなくても、私のパートの分は私の音で演奏して、私の思い通りにセッションを成功させてくれる楽器とパートナーになりたい」という望みを持つのに似ているのでしょうか。他の楽器の音を出せる楽器といえば、デジタル楽器(人間で言えばロボット?)。しかしデジタル楽器といえども、一度自分の音を奏でてそれを録音しなければ、同じ音は出せません。やはり、当の楽器が自分の音を知って演奏する必要があります。

セッションの相手がいても、いなくても、結局は自分が演奏する必要があるということみたいです。楽器も人も。

自分の個性、自分がどんな生き方をしたいかということ。見落としがちですが、自分自身がそれを見つけることは、想像するほど難しくはないようです。正解はたった一つの具体的な答えではないかもしれませんが、正解が複数ある分、そして抽象的である分、的のどこかには当たる確率が高いです。
自分の女性としての個性も、当たった的のすぐそばにあるのでしょう。的に当たった矢の影のように。
そんなことを通して、「心の第2次成長」がなされていくのかもしれません。

・・・・・・・とまあ偉そうなことを書きましたが、どんなにエラそうな態度をとっていても、これは100%私自身が思いついたことではありません。お客様を占っていくにつれ、カードが少しずつ教えてくれたものをまとめて書いたという感じです。私自身、これからも自分について知らなければならないことがいっぱいです。恋人が居てもいなくても、自己探求はこれからも付いて回るでしょう。
今のところ私が自分についてわかっていることで、ここに書けることといえば・・・私は多分、

ピチカートだけが妙に上手いバイオリン


Love_mandala


True Colors

« 人間を楽器に例えた恋の話④ | トップページ | 最近描いたアヤシイ絵 »

占い」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54221116

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき:

« 人間を楽器に例えた恋の話④ | トップページ | 最近描いたアヤシイ絵 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ