« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月24日 (金)

占いを上手に使う準備

占いを利用するには準備も大切だ。まず心を落ち着かせ、問題を自分の中で整理する。何故そのことで悩んでいるのか、そのことについて何を知りたいのか、何故それを知りたいのか、占いに何を望んでいるのか。これらのことが整理できるぐらいのリラックスと平常心を持って占いに臨むことが重要。「悩んでいる時に平常心なんて持てるか!」と決め付けず、心が落ち着いてくるのを待ち、しかるのちに問題を整理する。すると、自分が本当はどうしたがっているのか、隠れた本質のようなものがわかってくる。それによっては、何を占いたいのかさえも変わってくるし、自己解決だってありうる。問題を整理する時は、一つ一つ紙に書き出していくこと。これが混乱と欠落を防いでくれる。書いた紙は捨てずにとっておくことも忘れずに。
悩みに耐えかねて精神のバランスを崩し(或いは精神が不安定な状態で悩みを抱え)、只々苦痛や不安から解放されたくて占いに走る人達もいるが、そこには一歩間違うと危険な落とし穴が待っている。心を落ち着かせる代わりに占いを精神安定剤にしてしまい、占いから引き出された情報を吟味することや、その上で自分なりの結論・答えを導き出すだけの余裕が持てない精神状態になっていないかどうか、ということだ。「占いさえすれば占い師が解決してくれる」と思ってしまう落とし穴。さらに、自分の望まない情報が占いから引き出された時。そのことに耐えられず、精神が安定する情報が引き出されるまで同じ占いを繰り返し続けることがある。嫌な鑑定結果を出した占い師を恨むこともある。時には実際に何も行動せず、そのため占いが当たったかどうかも確かめることが出来ないまま、「あそこの占い師にこう言われたけれど、それが本当かどうか占ってください」と別の占い師に答え合わせ(?)を頼む場合もある。鑑定結果を伝える最中に話の腰を折って話題を逸らせたりはぐらかしたり、鑑定結果を意図的に誘導しようとするお客様もいる。電話占いの現場では少しでも都合の悪い流れになると受話器を叩き切る方も多い。結局、核心や根本的な解決に繋がるどころか精神が不安定なまま主体性を失い、俗に言う「占い依存症」になる。これでは占いを自分の為に役立てることが出来ない。むしろ問題を大きくしてしまう。そうなってしまうともはや占い師ではなく、鎮静剤かカウンセラーの出番だ。

自分自身、鑑定結果・・・現実。誤魔化したりはぐらかしたりせずに向き合えるだけの心の準備が、あなたにはできているだろうか? 占いを精神安定剤代わりにしない健康な心を用意できているだろうか?

心を落ち着かせ、余計な邪念を取り除き、内面にある本質と真実を見極める。古来、占いという行為が神聖なものとされたのは、そんな要素があるため。
そして何より、あなた自身の中にあなただけが入ることを許された聖域があるからだ。


占い依存症チェック

2005年6月16日 (木)

「BINGO!」に掲載

カナダ、トロントに在住の日本人向け無料情報誌「BINGO!」Vol.4 No.3に私の星座占いが掲載された。ラッキーカラーも載せといた。いやはや、実際雑誌を手にするまで忘れてた・・・
「BINGO!」のHPはこちら
トロントの日本人って何人いるんだろ・・・

2005年6月13日 (月)

お参りの秘密と願掛けのコツ

願掛け、願い事の本当の意味や仕組みを知っている人は多いようで少ないかもしれない。蓋を空けてみれば「当たり前」の事かもしれないけれど。
受験、恋愛、商売、縁談、健康。色んな願い事を携えて神社・仏閣にお参りしに行く人は今も多い。実は、願掛け願い事にはちょっとしたコツがある。
まずはイメージの持ち方。目的の実現を自分の代わりに神仏へ委託するというより、自分が目的の実現を神仏の前で意図する儀式と考えて。その際、あたかも「これからコンビニ行こう」と意図するのと同じくらい明確で実際的、主体的な意志を持ちながら目的を「意図」する。「願い事」というよりは「これから始めること」という発想だ。願い事がどんなに難しそうな事でも、「コンビに行こう」くらいのリラックスしたイマジネーションが○。
神仏に目的を「外注」「丸投げ」してはいけない。神社・仏閣はあなたの願望を請け負う外注業者ではなく、あなたの意図する方向に沿って運を強めてくれるのみ。「こうしてください」「こうなりますように」よりは自分が願望成就の主体となって「こうします」と意思表示する。
実際に願い(=目的)を叶えるのは自分自身だからだ。その意思表示に「神」が宿る。

もしもあなたが神社へ行き、神様の前でお参りをするとき。ご神体の鏡にはあなた自身が映っているはず。 

※この記事を読んでいる受験生諸君には、占い師からささやかな応援を送ります。

2005年6月 9日 (木)

キャラバン

7日にBS2で映画「キャラバン」を鑑賞。見るのはこれが二度目。一度目はスクリーンで見た。
ヒマラヤの麓、ネパール側にあるチベット系民族の住むドルポ村では、収穫できる農作物が不十分なため、塩の交易をするキャラバンで暮らしが成り立っていた。そのキャラバンを率いる若者カルマとかつてのキャラバンリーダーだった主人公の祖父ティンレの世代交代の話し。
もうもうと上がる砂埃。峻厳な斜面。荷物を積んだ数え切れないヤク(牛の一種)たち。それを率いる赤い頭飾りをつけた男達。それが全部、チベットを旅した私の記憶を突っついていく。
ストーリーは何となく西洋人が作ったものと分かるのだが、映像もキャストも本物。ドルポ村も実在する。キャラバンは現地で本当に今でも行われており、ヒヤヒヤするような高山のがけっぷちを歩く。実際、命がけ。しかし命がけのキャラバンをしなければ、村は飢えてしまう。出演者は一人を除いてみな現地の人々。けれど、皆しゃべり方に素朴で豊かな表現力を持っている。厳しい大自然の中でしっかりと力強く生きている人々は老若男女問わずそれだけで美しく見える。映像はヒマラヤオールロケで、景色が怖いほど美しい。音楽も○。

なお、若いキャラバンリーダーのカルマはイケメンなので女性に人気だ。彼もチベット高原の遊牧民出身。


2005年6月 2日 (木)

「すぴこん」に出ます

以前にも出た事のある、精神世界関係のイベント「すぴこん」に今年も出ます。場所は、横浜のワールドポーターズ6F。すぴこんと会場の案内こちら。当日は登録している電話占い会社「Larimar(ラリマー)」の占い師として出ています。午後2時から6時まで。
一人10分で1500円です。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ