« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月29日 (日)

ここ数日・・・

ここ数日、気候の変化のためか、インド医学で言うヴァータのバランスが乱れがちな人が多い様だ。今回のアンバランスを起こした人の特徴は・・・
 考えがまとまらず、何かを決めるのがいつもより難しい
 同じことを何度でも考えてしまう
 行動がまとまらず、落ち着かない
 いつもより目が見えにくい
 背中の右側、或いは右腕の内側手首付近が痛い
 首の後ろとその付け根部分の肩がかたくなり、張っている
 自分でも何がしたいのかわからない
こんな感じだ。とりあえず、背中の右側や首、肩の辺りが痛かったりかたくなっていたらそこだけでも暖めることをお勧めする。また、甘口のカレーなど、ターメリックの入った余り辛くない料理を適度に食べるのもお勧め。
カモミールのハーブティーもヴァータのバランスを整えてくれる。
上に挙げた例はあくまで目安なので、もしも心配ならお医者さんへ。

2005年5月23日 (月)

バラ屋敷

IMG_1308
私の地元には、それは見事なガーデニングをしている家がある。去年は「オープンガーデン」といって道行く人に庭を公開し、自由に見ることができる様にしていたが、あまり人が来ないので今年はやめていたそうだ。そしたら、今年になって人が見に来るようになったと言う。私もその一人だ。「お宅のお庭を撮影させていただけないでしょうか。営利目的ではなく、個人の趣味のサイトに載せたいと考えています」とお願いしたところ、快く許していただいた。
IMG_1305 IMG_1315
庭は、朝早いうちから奥様がよくお手入れされているとのこと。虫がつきやすいのだが、農薬は使わず、木酢液などを虫除けにしているそうだ。そのためかどうかは分からないけれど、非常に香りが良く、前の道にまでバラの香りが広がっている。
IMG_1311 IMG_1312
バラは美しい貴婦人に例えられることが多いが、それもよくわかる。大事に育てられ、少し目を離せば虫が付き、不用意に触れればトゲという手痛いしっぺ返しがつくこともある。何より、寄って来る虫からバラを守る、庭師と言う名の騎士までついているわけだ。
IMG_1316 

2005年5月17日 (火)

愛国心って・・・

なんか堅い話題ネタなりました。昨日、たけしのTVタックル(韮沢さんvs大槻教授の戦いで有名)を見たら、なんか愛国心を教育の中に入れる・入れないで議論しておりました。「愛国心教育」というと、60年ほど前の失敗をイメージしてしまう人もいるみたいです。そもそも、「愛国心」「国を愛する」ってナンだろう? と思いました。
仮に私が外国人で、日本へ観光しに来たとします。キョウト、フジヤマで日本文化の香りや景色の美しさに感動し、スシ、スキヤキを堪能し、ステキな柄の手ぬぐいや風呂敷なんぞをお土産に買って十分満足して帰ったとします。後で日本は好きかと聞かれれば、「好きです」と答えるかもしれません。しかし、もしも、日本の政権は好きかと聞かれたら、「???」でしょう。「愛国心」についての問題が起きるとすれば、ここだと思います。

60年前に子供たちに施した愛国心教育というのは、、「愛」を時の政権が定義していた。「当時の軍事政権を愛するように」教育した、ということでもあります。当時の政権を愛し、政権のやる事を正しい事と思わせたかったわけです。だからその当時、「日本を愛しているけれど、今の政権がやっている事は間違っている。嫌いだ。」とか言うと、愛国心のない人と見なされます。
それこそ、どっかの監禁事件のように「俺を好きになれ。さもなければ殺してしまうぞ」というノリです。
その頃のトラウマからか、日本では愛国心は政権を愛することと同じイメージを持たれているような気もします。政権が変わっても国は無くならない。特定の政治思想が無くなっても、国は無くならない。国を愛するなら、政権とか政治思想に左右されない(定義されない)部分を愛した方がイイですね。子供に日本を愛してもらような教育をするなら、日本文化に触れて親しみを持ってもらうと良いかもしれません。
政治の思惑抜きにしてその国を好きになることは、国境を越えた愛情の一つかも。


この記事書いてから丁度7年を経てこんな発想に至る→共同幻想から自己をとりもどせ
ちょっとした思考の軌跡だ。

2005年5月13日 (金)

血液型占いのURL変更

左のリンク集にある血液型占いのアドレスが変わりました。ブックマークをしている方は変更してください。

今日は13日の金曜日ですね。ということで、悪魔ちゃん召還。
devil

2005年5月 7日 (土)

香港じゃディズニーランドも風水・・・

ある人から聞いた話。香港のディズニーランドが風水による運気向上のため、入り口を12度移動させるとか。さすが香港。

香港はそれ以外にも、銀行のビルにも風水を使う土地柄。香港銀行本社ビルは設計の段階から風水師の助言を参考にしていた。そして同じく中国銀行のビルにも風水が取り入れられている。この2つのビル、地元では「風水戦争」ビルとして有名らしい。2つとも互いに相手のビルに対して悪い「気」を放つ様に出来ており、なおかつ相手からの悪い気を跳ね返す様に出来ているそうだ。風水の理論上は。よって、ビルの間を悪い気が飛び交うことになる。

ビルの設計段階から風水師に鑑定を依頼すると、高名な風水師の場合、報酬は一千万円するとか。

2005年5月 3日 (火)

GW中の運勢

5月4日から7日までの血液型別運勢を書いてみました。
感想下さい。女子高生のフリをした文章に見えますか?(笑)

2005年5月 1日 (日)

うちのサボテン

Img_1275

四歳の頃卒園式で貰ったサボテンが今年も花盛り。一つ花が取れたので水に浮かべて撮影。
あの頃は手のひらサイズだったのに、ぐんぐん大きくなり、何度か鉢を大きくして今じゃ直径50cmはある。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ