« きのたん | トップページ | 桃の節句 »

2005年2月28日 (月)

シュリンプトースト

1、生のエビを粘りが出るまで包丁で叩き続け、すり身にする。包丁を二刀流に構えてやると少し楽。
2、すり身に塩、こしょう、お好みでおろしにんにくを加えてなじむまで良く混ぜる。
3、耳を取り除いた薄切り(8つ切り以上)の食パンを4等分し、すり身を塗りつけていく。
4、最初にすり身の面を下にして油で揚げる。両面をひっくり返して揚げる。油を多めに引いて焼いても○。
5、揚がったシュリンプトーストをすぐに斜めに傾けたお皿にお玉でぎゅっと押して余分な油を取ると○。

粘りが出るまで叩き続けたエビは、ただのエビとは味が大きく違う。
香港、シンガポールなどのレストランでは昔からある料理。スイートチリソースなどとも相性○。

取り除いたパンの耳は卵と牛乳、砂糖を混ぜた汁に漬け込んで中華鍋で豪快に炒めた。

ebi

« きのたん | トップページ | 桃の節句 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54221270

この記事へのトラックバック一覧です: シュリンプトースト:

« きのたん | トップページ | 桃の節句 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ