« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

シュリンプトースト

1、生のエビを粘りが出るまで包丁で叩き続け、すり身にする。包丁を二刀流に構えてやると少し楽。
2、すり身に塩、こしょう、お好みでおろしにんにくを加えてなじむまで良く混ぜる。
3、耳を取り除いた薄切り(8つ切り以上)の食パンを4等分し、すり身を塗りつけていく。
4、最初にすり身の面を下にして油で揚げる。両面をひっくり返して揚げる。油を多めに引いて焼いても○。
5、揚がったシュリンプトーストをすぐに斜めに傾けたお皿にお玉でぎゅっと押して余分な油を取ると○。

粘りが出るまで叩き続けたエビは、ただのエビとは味が大きく違う。
香港、シンガポールなどのレストランでは昔からある料理。スイートチリソースなどとも相性○。

取り除いたパンの耳は卵と牛乳、砂糖を混ぜた汁に漬け込んで中華鍋で豪快に炒めた。

ebi

2005年2月22日 (火)

きのたん

kinotan

ただ、何となく。きのこ(の、つもり)。

2005年2月14日 (月)

バレンタインに抹茶ケーキ

cakeお菓子会社の陰謀により、日本はこの日にチョコを送る習慣がある。本来はチョコ以外の何かをあげてもいいし、何もあげなくてもいい。
先日、どっちの料理ショーで抹茶パフェVSチョコパフェをやっていた。負けてしまった抹茶パフェの供養も兼ねてバレンタインの儀式に抹茶ケーキを焼いた。炊飯器で。

抹茶大さじ1杯、ホットケーキミックス1カップ、牛乳150cc、砂糖90g、卵一個。まとめてミキサーで混ぜる。
お釜の内側にバターを塗って、生地を流し込み、ふたを閉めて炊飯スイッチを押せば出来あがり。

ついでに黒砂糖ときな粉入りのクリームもミキサーで作った。生クリームはミキサーで数秒もあれば泡立つ。

問題は、全体の写真を撮る前に食べちゃったことだ。

2005年2月 8日 (火)

台湾アンソロジー

yatai今度は夜になると集まった屋台が開店する夜市の様子を。場所は士林夜市。MRT台北駅から電車一本で行ける。

1:選んだ果物でジュースを作ってくれる屋台。あの臭いことで有名な果物ドリアンもある。私個人としては、ドリアンは都市ガスの味。

2:文房具兼ファンシーショップ。店名が読めない。誰か読める方いますか?

3:青キティなど、バッタモンのキャラクターグッズがいっぱい。「超便宜」=「超安い」。

4:左側はカキの入ったオムレツ。甘辛いタレがかけてある。美味。右はマンゴーミルクかき氷。氷は牛乳を凍らせたもの。それにマンゴーシロップとカットマンゴーのトッピング。味が濃厚で、びっくりするほど美味しい。日本でもやってみたらイイと思う。流行る。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ