« 呪いについて | トップページ | 一人の女で満足出来ない男 男の愛で自分を認める女  »

2004年10月 4日 (月)

手相から見る健康と金運UPのコツ

いろんな人の手のひらを見てきた。分厚い手、薄い手、指の長い手、短い手、イイ兆候のしわ、マズさの出ているしわ・・・
やがてその人の体調と運勢の関連を知るようになってきたのはいつだろうか。
インド医学では昔から体の状態と運勢が密接に結びついていると考えられてきた。最近誰かの手のひらを見ながらその人と話をしているうちに、それを実感するようになってきた。
手相の世界では一般的に、手のひらをめいっぱい開いたときに指同士の間隔がどれだけ離れているかで金運を見る。「手が広く開く=指同士の感覚が広い」人は、お金を掴みやすく、金運が良い。また、血液の流れが良い状態の人が多い。血行が良いので関節が柔らかく開くのだ。
その人の血の流れはその人のお金の流れ、金運の流れを象徴している。手相で言うと、手のひらが冷たくて薄い人はあまり血行が良くないし、金運がイマイチな人が多い。実際、手もあまり大きく開かない。そんな人達に金運がイマイチのようだと言うと、「ああやっぱり」と残念がるので、金運UPのコツとして血液循環を良くすることをアドバイスする。本人の前で血の流れが良くなる食べ物やハーブを挙げると、かなりの確立でその人の好物がそのなかにある。
インド医学では、血液循環の悪くなるカパのバランスが悪い状態になると、冷え性や循環器系の不調、むくみなどの症状の他に、「ケチになる」と本当に書かれている。自分のカパの状態を知りたい人はここでカパ体質の項目をチェック。

ちなみに「ケチ」にも2通りあって、「お金には困っていないけどいつかはなくなってしまうものだから幾らあっても足りないし、安心できない」という心理がある場合と、「本当にお金が少ないので困っている」場合があるようだ。前者の場合、自分の血流の悪さから無意識にお金の流れの悪さを連想して不安になるのだろうか。

金運に限らず、運は本人が創るもの。本人のコンディションが良ければ運にも良い影響があるのが自然かも。

« 呪いについて | トップページ | 一人の女で満足出来ない男 男の愛で自分を認める女  »

占い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585389/54221338

この記事へのトラックバック一覧です: 手相から見る健康と金運UPのコツ:

« 呪いについて | トップページ | 一人の女で満足出来ない男 男の愛で自分を認める女  »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ